この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

自分が好きなマンガ作品リスト(2009~2014)

私の人生トップ3はこの3作品です。

この3つを自分の中で超える作品と出会いたいなと思っていろいろなマンガ読んでます。

1位 星の時計のRiddle

2位 いいひと。

3位 PAPA TOLD ME

いいひと。(13) (ビッグコミックス)[Kindle版]

高橋しん 小学館 2016-10-07
売り上げランキング : 149230
by ヨメレバ

Papa told me Cocohana ver.4 ~小さな愛の歌~ Papa told me Cocohana version (マーガレットコミックスDIGITAL)[Kindle版]

榛野なな恵 集英社 2016-07-25
売り上げランキング : 8627
by ヨメレバ

他にも好きな作品はたくさんあって、いつかこれらの作品の感想を書いてみたいなと思います。

続きを読む

もうやだ日本の株式市場

ライザップとか串カツ田中もたいがいだったけどこれはまだ許せるとして、

コシダカみたいに企業内部に問題ありまくるところとか、グッドコムアセットみたいなクソギャンブル企業を買うなよ、、、ひふみが買ってるからって大塚家具やコシダカがこの後まともな成長をするシナリオなんてどこにあるんだよ、、、

ひふみもでかくなりすぎて最近グレー化してきてるし市場のモラル崩壊しすぎにもほどがあってさすがに嫌気がさしてきた。



なんかアメリカ株投資に向かう人が増える気持ちわかるような気がしてきた。

はてなブログでアメリカ株投資の話ししてる人はよくわかってなさそうなクズアフィカスばっかりであてにならないのが多いけど、ちゃんと長期的に成長期待が持てる企業に投資したい人間はやはりそっちに向いちゃうのかもしれない。

とはいえ、今はアメリカの方が日本よりやばいので、今アメリカ株投資を積極的に煽ってるやつは絶対に信用しない方がいいけどね。

次に暴落きた時に備えてアメリカ株投資できる準備はしておこう。情報源を発掘しておかねば。

フルマラソン初挑戦なんとか完走できました

奈良マラソン、フルマラソン初挑戦でしたが、なんとか完走しました!

ダイエットを行うに当たってそれだけではつまらないということで目標に掲げたマラソン完走でしたが、とりあえず三ヶ月の練習の結果、完走という目標は達成することができました。

完走した感想ですが、反省点は多いです。目標タイムについて、最低限のタイム目標は達成しましたがターゲット目標は達成できませんでしたし。それでも無事やり切れた時の達成感は素晴らしいものでした。走ってる間の99%は本当に誇張なくただツライだけだし、なんでこんなことやってるんだろうと自分の判断を呪いながら走っていたのですが、完走した時の喜びはこの苦しみをチャラにして余りある、なかなか他で味わうことが難しいものです。途中感極まって涙が出るシーンもありました。本当に久しぶりに自分で自分をほめてあげたいきもち。

ダイエット目標はまだ未達なので、そちらが完遂するまでにまた挑戦するかもしれません。


とりあえず今日は報告だけ。やったぜ

12月11日までお休みです

10日が勝負です。 はたして何割生き残れるかな。

「金田一少年の事件簿」全話まとめて振り返り シーズン4(EP35~EP37)

エピソード名 犯人 動機 生死 予定外殺人
EP35 人喰い研究所 中神深志 復讐の代行 生存
EP36 香港九龍財宝 楊蘭(19) 母の復讐 生存
短編 暗黒城 桐森蘭(13) 母の復讐 生存
EP37 薔薇十字館 美咲ジゼル(20) 母の復讐 生存

「20周年復刻」シリーズは、事件そのものよりもテーマ性を重視した話ですね。

オーランチオキトリウム、九龍城、ダイアローグ・イン・ザ・ダーク、薔薇十字団・・・どれも面白いテーマです。もっとも、一番好きなダイアローグ・イン・ザ・ダークは、サザエさんBOTとかいうクソ人間のせいで別の形で有名になってしまいましたけどね。
[「ブラックボックス展」なるイベントが痴漢多発で炎上中?主催者は逃亡?!「サザエbot」・「なかのひとよ」とは一体何者? – TOPIC}

こういう「テーマや舞台背景」はすごい面白かったんですが、そっちを描くことに力を入れすぎてエピソード自体はどれも微妙かなー……。あと、とにかくキャラクターのロリ化が激しい。シーズン3よりさらに幼くなっていてなんじゃこりゃって気持ちになります。


人喰い研究所 ★殺害計画を他人が見れるブログに書いてはいけない(戒め)

トリックは面白かったけど動機がなぁ……。

「EP30 黒魔術殺人事件」において、Aは自分で憎い人間を呪い殺しているつもりで実際は囮役になっており、その間に実際はBが殺人を実行していた、というケースがあった。これは面白かった。しかしこのEPはその形をさらに捻った結果、殺害計画を立てたのはAだが、Aはそれを実行せず、しかしなぜかその計画を使って誰かが実行している。なぜ……という展開になる。

この発想自体は面白いです。動機面から犯人を推測しやすく、それにミスリードを仕掛けるというのは大いに結構。しかし、謎の殺人者がAの計画を知った理由、というのが「匿名ブログで書いてるのを見た」というのはちょっとアカンでしょ……。まぁそれを差し引いても、なんとなく華がなくて記憶に残りにくいEPだったと思います。
ところでオーランチオキトリウムってユーグレナみたいなやつ?

香港九龍財宝 ★これがやりたかっただけだろw

f:id:tyoshiki:20171206233834j:plain

はい、美雪が九龍にいって試着室でさらわれ、とりかえごっこやります。以上。というわけで、七瀬美雪がひどい目にあう(今回はそうでもない)シリーズですが、とにかく導入が強引すぎる気がする。美雪のキャラおかしい、、、おかしくない?(原作者にキャラの文句を言うファンの屑) なんかいろんなものに違和感が有りすぎて素直に楽しめなかったエピソードでした。犯人のこともいまいちインパクトが薄いし、トリックもみたことあるやつばかりで微妙……。短編集5巻でも出てきたけどワイヤートリック嫌いなんですよね私。

とにかく「美雪と別の女の子が取り替えっこ」という部分と、「実はこいつらみんな兄妹でした」って感じで尺を使い切ってしまっており、登場人物の関係が窮屈すぎる。金田一の身内と、被害者と兄妹しか登場人物がいないってのはいくらなんでも。「香港九龍城とそれに眠る財宝」という歴史ある舞台装置を使って盛り上げようとした気持ちはすごくよくわかるし、雰囲気はよかったのだけれど、そっちに一生懸命になりすぎて肝心のミステリー部分が微妙になっては本末転倒だと思う。でもこれ、実写ドラマにして登場人物もうちょっと増やしてやったら多分面白いお話になるので、ドラマでやってたならすごく好評だったんじゃないかなーと思います。


暗黒城 ★★

事件の方はシンプルなお話だけど
ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」を上手に描写してくれているのでポイント高いです。



薔薇十字館 ★★★金田一少年と高遠のコンビ再び

作者は「EP6 悲恋湖殺人事件」のパターンがよほど好きなのか、また類似パターンを持ち出してきている。

青薔薇:不可能
黒薔薇:花言葉は、永遠の秘密、あるいは死ぬまで憎む、復讐の亡霊
白薔薇花言葉は、潔白を失い、死を望む。
赤薔薇:花言葉は、私を射止めて
エンバーミング:防腐処理

「高遠の異母妹」よりも「高遠の父」が何者かが気になる、そんなEP。

というわけで、この事件の犯人は高遠の妹なのだけれど、初手でバラバラ死体を見せるなかなかの滑り出し。そう言えば高遠の初登場時も、団長をバラバラ死体にしてたね。。。こういう所が血のなせる業なのか。二件目からの殺害も結構エグイ殺し方をしており、才能を感じさせる。ただ、高遠は最小の手間で効果を発揮しているのに対して、妹はやたらと大掛かりなトリックを使い、それでいて見た目は非常に地味、というギャップで攻めてきておりこのあたりは対照的。

高遠の妹は、手間とリスクをかけてきっちり復讐すべきターゲットを確認した上で殺しており、また殺害のトリックも、やり口はえげつないけれど、こだわりを感じさせる。何度も言ってるけど、やっぱりこのあたりの手間をかけず無関係の人まで殺しまくったEP6の遠野先輩は、金田一シリーズの中でも一人だけずば抜けて屑だよね……。

そんなわけで評価すべき点も有るけれど、この犯人はとにかく脇が甘い。これは作者の意図的なものなんだろうけれど、二点あからさまなガバ行為をやらかしてる。はっきり言ってすぐバレる。(名前の件とお風呂の件)このあたりからみても「本当は殺人には向いてない(向いてるやつなんてほとんどいないだろうけど)」んですよね。そんな女の子が必死に頑張って復讐を成し遂げようとする姿は、見た目も相まってとてもよかった。この子見た目もすごい好み(なにげに作者が意識しておっぱい大きいキャラとして描いてるよね)
f:id:tyoshiki:20171206234556j:plain



おまけ 各テーマについて

https://ja.wikipedia.org/wiki/オーランチオキトリウム
https://ja.wikipedia.org/wiki/九龍城砦

https://ja.wikipedia.org/wiki/薔薇十字団

私はちゃんとしたダイアローグ・イン・ザ・ダークのイベント参加してきましたが人生観変わるほどではないにしても、他では味わえない体験が出来てとても良かったです。普段からボッチの人間にはあまりインパクト無いと思うけれど、普段から常に人付き合いしていて一人の時間が無い人や、SNS漬けの人が参加したら本当に人生観変わると思うし、恋人がいる人は是非いっしょに行って体験スべきだと思うわ……。

「金田一少年の事件簿」全話まとめて振り返り シーズン3(EP32~EP34)

EP32 剣持警部の殺人 毒島陸(20) 片思い相手の復讐 生存
短編 中学生編1 潮美波留(14) いじめの仕返し 生存
短編 中学背編2 金田一一(14) リビドーの暴走 ネタ ネタ
EP33 錬金術殺人事件 神丘風馬 妹の復讐 生存
短編 高度1万Mの殺人 小金井守&加賀屋唯 事件の隠蔽&メンヘラ 生存
EP34 ゲームの館 菊川早苗(46) 娘に遺産相続させるため 生存

剣持警部の殺人 ★★★パラダイムシフト

「女子高生コンクリート詰め殺人」に似た事件の犯人が三年で少年院から出所して、しかも反省もしていないとわかった時どうするか。ただでさえ現実の日本より警察や司法への信頼が低く、身内を殺された時に警察や司法に委ねるのではなく私刑を持って報いようとする倫理観が一般的な金田一ワールドで、何事も起きないはずがなく……。

という話なのだけれど、私達が現実の「コンクリ詰め殺人」の事件の犯人に持っているイメージを逆手に取った仕掛けお見事でした。トリックはシンプルなものにしてこの一つの仕掛けに絞っているのがまた心憎い。お見事でしたがなんかむかつく。

ちなみに今回も高遠登場シナリオです。動機はあってもトリック浮かばなさそうな人をつなぐという意味で高遠はとても便利ですね。しかしこの事件についても、高遠だけが偏見を持たずに金田一よりもはるか先に真実を突き止めている。やはり高遠は金田一とくらべても明らかに優秀だなあと感じます。この差をどうやって埋めていくんでしょうね…。そしてこの事件でも犯人は高遠に殺されてない。不評だったからやめたのかな?

余談ですが、七瀬美雪は「ミス研部長」だけでなく「生徒会長」になったんですね。魑魅魍魎の住む不動高校の生徒会長つとめて無事最後まで生き延びられるのか……っ!

中学生編1 飛び込みプールの悪霊

思ってる以上に殺意高い仕掛けだった。

中学生編2 キャンプ場の怪事件

今までのトリックのおさらいみたいな感じ。

錬金(恋琴)術殺人事件 ★

速水玲香登場回。そしてやっぱりマネージャー運に恵まれない速水玲香。。。

◯◯が金の亡者たちの錬金術によって作られたニセモノの金だとしたら
玲香ちゃんの輝きは本物の黄金。
この世に輝くことを許されるのは、真実の価値を持つものだけなんだ

なんだこの締めくくり方は……。ヤクザマネーどうするんの。犯人が久々に予定外の殺人をやらかしたり、谷川さんのツボの謎放置だったり終わり方としてスッキリ行かない中、「怪盗紳士」を出してネタ的に流してしまったのでモヤモヤする……
高遠がしくじった実行犯に制裁を加える設定や、怪盗紳士が予告状を出してモチーフも一緒に盗む、みたいな設定をおざなりにしてご都合主義的に使うのは良くないと思います


高度1万メートルの殺人

最初から明智に操縦させるためのシナリオだと分かってました(マジで)。さすがにネタ過ぎるわ。


ゲームの館殺人事件 ★★★シーズン3の集大成

奇抜な発想かもしれないけれど、これシーズン3の集大成みたいなお話ですよね。

一つ一つの罠は、どれも100%の確率でターゲットを殺すものではなかったかもしれない。だが犯人はその罠をゲームと称して何度も繰り返ししかけることで、限りなく100%に近い結果を出そうとしたのさ。

シーズン2までは「一撃必殺」なことが多かったけれど、シーズン3に入ってからは高遠が絡むケースが多かったせいか、犯行に「バッファ(あまりの手札)」や「条件を満たした場合だけ実行する手口」が用意されているケースが多かったです。これによって、犯行の精度が高まっている。

とにかくシーズン1の時はかなりギリギリの手口が多く、そのためか「順番の乱れ」「無理をして実行したことによる失敗」「予定外の殺人」などが多かった。それは犯人にボロを出させて読者が推理できるようにするためでもあったけれど、読者のレベルアップに合わせて作品もレベルアップしているなと感じる。まぁ完成度が高すぎるとそれはそれで読みやすくなってしまうわけだけれど。余談だけどこの作品に出てくる「菊川梢」ちゃんがめちゃくちゃ可愛い

f:id:tyoshiki:20171204021628j:plain

「金田一少年の事件簿」全話まとめて振り返り シーズン3(EP30~EP31)

EP名 犯人 動機 生死 予定外の殺人
EP30 雪霊伝説 堂崎次生&黒沼繁樹 命の恩人の復讐 生存
短編 速水玲香と招かれざる客 朽沼末吉 脱獄犯 生存
EP31 黒魔術 井沢研太郎(17) 家族の復讐 死亡・生存
短編 血溜の間 海峰学(16) 裏切りへの制裁 生存
短編 不動高校学園祭 津雲成人(48) 恋人の復讐 生存

Amazonの評価を見るとシーズン3に入ってからの評価はそれほど高くないのですが、私としてはシーズン3に入ってからはハズレがほとんどなく、かなり満足度が高いと思ってます。

雪霊伝説  ★★★✩

「EP6 非恋湖伝説」殺人事件のグレードアップバージョン。あのエピソードに私が感じた不満を、明確に解消してくれています。終わり方も含めてかなり好きです。

雪霊タカハシはたしかにいた。だがそれは人を呪う悪霊ではなく、山を愛する一人の優しい男の魂だったんだ

何度も繰り返して言ってるように金田一少年シリーズは回数が増えてきたせいか、トリックが大掛かりになってきており、そのために舞台設計も凝ったものになってきている。そして舞台が大掛かりになればなるほど、それを用意した人間が疑わしくなってきます。その裏をかくには、舞台を設計した人間と共犯になるしかない。その結果どうなるかというと、単独犯はどんどん減っていき共犯が増えてくる。そしてトリックも複雑化していき困難になる一方で、動機の面での推測が簡単になってくる。そうなると次には動機がヒントにならないよう、動機は物語内だけでは推測できないようになっていき、だんだんと「ホワイダニット」は論じにくくなり、「ハウダニット」偏重の話になっていく。また「ハウダニット」に特化していくと、段々とトリックのためのトリックが考えられ、まともな人間じゃとても実行不可能な話になってくる。そのあたりを批判し、フーダニット、ホワイダニット復権、犯人の物語の理解に重点を置こうとしたのが「うみねこのなく頃に」だったと思うのだけれど、あれはあれで反則みたいなものであり、むしろ「ハウダニット」追求の延長線のようにすら感じました。

さて、この事件は、そうした「ハウダニット追求」に走っているのではないかという予兆を感じさせます。一言で言うと、トリックがエグイ。まともな神経ではなかなか実行出来ないものだと思います。しかし、その分犯人のゲスさ、とくに「堂崎兄」のクズっぷりは今までの被害者の中でも群を抜いており、今回のえげつないトリックについてもかろうじてバランスは取れているなと思う。
金田一少年はトリックの見事さもさることながら人間重視のシナリオが魅力だと思うので、これからもホワイダニットを大事にしていってほしいなと感じます。

速水玲香と招かれざる客(短編)

短編集5巻にあったレストランネタと同じでマヌケな犯人がジタバタしているのをニヤニヤしながら眺めるシナリオ。しかし、美雪はようやく慣れてきたけれど、速水玲香がまた雰囲気だいぶ変わっちゃったなぁ……。個人的にはEP3で登場した時の速水玲香が一番好きですわ……。

黒魔術(蒲萄)の館  ★★トポロジーマジック

高遠出現シナリオ。思うんですが、探偵としては金田一より高遠さんのほうが探偵として優秀じゃないですかね。しかも次元が一つ違うレベルで。確かに金田一は目の前で起きた事件はきっちり解決するが、高遠は犯人が隠したがっていた数年前の事件を謎の嗅覚で嗅ぎつけ、犯人も突き止めて遺族たちにその事実を届けている。これ金田一には出来ないよね。どうやって見つけてくるんだ。。。

f:id:tyoshiki:20171204021740j:plain
なんでこいつドヤ顔してるの?

事件に関しては「共犯かと思いきや単独犯」というミスリーディングがとても楽しかったです。まだまだ見立て殺人には可能性ありますね。トリックについては正確ではないものの想像可能なものでありあまりひねりはなかったかな、と。説明もあっさりしてるしそんなに盛り上がらなかったですね。

ところで、高遠さんは犯行に失敗したやつはいままで殺してますよね。この事件の犯人もこのあと殺されるんじゃないでしょうかね。ちゃんと守護らねば……。


血溜之間 評価(なし)

4話で終わるお手軽シナリオ。トリックも一つだけ。長編ばかりだとしんどいので息抜きとしては良かったです。しかし、子供が開成とか筑駒に合格していて何かの間違いで入学辞退したからって、母親が自殺するってなんじゃそりゃ……。そして、それを恨んで首切り殺人までするって何じゃそりゃ……。「首吊り学園」や「獄門塾」エピソードの時も思ったんですが、作者さんはなんか受験勉強に恨みでも有るんだろうか……

不動高校学園祭 評価(なし)

トリックのためとはいえ殺された後服を脱がされてメイド姿に着替えさせられるとか嫌すぎる……。脱がせる犯人もどんな顔をしてやってたんだこれ……

不動高校って映画監督の蔵沢といい写真部といい天才が所属してるし囲碁部も10年前までプロ輩出していたと言うし女優になれるレベルの美人がたくさんいるし、殺人犯が二人もいるし自殺者もいるしで人材豊富すぎやしませんか。。。でもやっぱり美雪がいいよね。ラストシーンの写真にはグッときた!