この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

自分が好きなマンガ作品リスト(2009~2014)

私の人生トップ3はこの3作品です。

この3つを自分の中で超える作品と出会いたいなと思っていろいろなマンガ読んでます。

1位 星の時計のRiddle

2位 いいひと。

3位 PAPA TOLD ME

いいひと。(13) (ビッグコミックス)[Kindle版]

高橋しん 小学館 2016-10-07
売り上げランキング : 149230
by ヨメレバ

Papa told me Cocohana ver.4 ~小さな愛の歌~ Papa told me Cocohana version (マーガレットコミックスDIGITAL)[Kindle版]

榛野なな恵 集英社 2016-07-25
売り上げランキング : 8627
by ヨメレバ

他にも好きな作品はたくさんあって、いつかこれらの作品の感想を書いてみたいなと思います。

続きを読む

CoinCheckについて、不正アクセスの危険性や二段階認証の説明をちゃんとせずアフィしてる人のブログは信用しない方が良いという話

※一応言っておくと、この記事には一切アフィリエイト広告は含まれておりません。

bitflyerはアフィ報酬が最大5000円。
f:id:tyoshiki:20170627012105j:plain

CoinCheckは、アフィ報酬が1万円。
f:id:tyoshiki:20170627012131j:plain

こういうアイテムは、カネ目当てでろくにわかってない素人が適当な説明で紹介しまくって検索が汚染されるケースが多いです。実際仮想通貨(暗号通貨)の話題は、アフィカスによるgoogle汚染がひどいことになっており、だいたいイケ○ハヤトさんが検索結果のトップに来ます。その時点であっ(察し)となると思わない人がどうなろうが知ったこっちゃないけど。

これだけのアフィ報酬があるのにもかかわらず丁寧に説明する労を惜しみ、適当な説明と煽り文句でとにかく金稼ごうとするサイトは、ブロックソフトを使って二度と表示させないようにしたほうが良いと思います。というか基本的に実際に取引していて、かつ紹介だけでなく相談に乗ってくれる人を利用したほうが良いですね……。

続きを読む

「うみねこのなく頃に」アニメェ……

マンガ版をきっかけに原作を読み直し、作品の価値はある程度理解できる状態になり、さらにニコニコ一挙無料放送で「ひぐらしのなく頃に」を見て(アニメカット部分が多いのは残念ながら)ちゃんと楽しめたので、「うみねこのなく頃に」アニメも見てみたのですが……。

うー。これはひどい。うー。

一応頑張って全部見ましたが、これは他の人にはオススメ全く出来ない。素直にマンガを読みましょう。

※このあとひたすら愚痴が続きますので、そっ閉じ推奨

続きを読む

私にとって「サクラクエスト」が「SHIROBAKO」ほど面白いと感じない理由

2017年4月からのアニメについて、1話感想と現時点でのオススメ5作品 - この夜が明けるまであと百万の祈り
1話の時点では

シロバコというよりは花咲くいろは寄り。丁寧だけど物語始動が明らかに遅い。シロバコのようなスター選手の名言などの武器は使えないので、作り手にとっては難易度かなり高いと思います。PAWORKSの本当の力がためされそう。期待してます

って感じでなぜか上から目線でコメントしてた作品ですが、結局地力の高さは感じたけど面白かったかと言うと微妙……かもしれません。



多分こういうことなんだろうなと思います。

続きを読む

永田町ウォッチャーから見た豊田真由子さんは「典型的な日本のブラック上司」だったという話



この人が本当のことを言っているかどうかは要確認ですが、私としては納得の行く話だと思います。

プレイヤーとして優秀な人間が、管理職としてはマネージャーとして優秀でないどころか、そういう人は「出来ない人がなぜ出来ないのかわからない」からちゃんと指導できないしすぐパワハラをするようになる、という話は誰でも聞いたことがあるでしょう。

そして官僚出身の人達はゼネラリストではなく、特定の能力に特化して超優秀な人達です。こういう人が政治家になったらどうなるか、という話はものすごく説得力があると思いませんか?

続きを読む

「私がなんでこんなに怒ってるかわかる?」クイズはモラル・ハラスメントだという話

これがすごい話題になってますね。

だいぶ前ですが

①「なぜ」という言葉を発する事自体暴力的であり危険をはらむものであり安易に使うべきじゃないことでありまして大上段から振りかざすなど論外である。使い方の作法や礼儀をちゃんと理解しないなら使ってほしくない。

②「なぜ」は誰かのせいにするためじゃなくて、プロセスや構造を考えるためにあるものだーみたいな基本を確認したい。

③多くの人が「なぜなぜ」を「犯人探し」に使っちゃうのは「なぜ」なのか? どういうシステムが動いているのか?あたりを考えたい

みたいなことを書いたこともありますし、この話題は興味深いです。これ多分今後同じネタで何回もループすると思う(というかすでに何回もループしていると思う)ので、とりあえず色んな意見を把握しておいて何回も無駄なループを繰り返さないようにしたいっす。

続きを読む

うみねこのなく頃にEpisode4 事件振り返り

うみねこのなく頃にEpisode1 事件振り返り - この夜が明けるまであと百万の祈り
うみねこのなく頃にEpisode2 事件振り返り - この夜が明けるまであと百万の祈り
うみねこのなく頃にEpisode3 事件振り返り - この夜が明けるまであと百万の祈り
の続き。ようやく出題編までの事件はすべて整理できた…… 自分がいかに「うみねこ」という作品をわからないままほったらかしにしてたのかがわかってツライ……。

EPISODE4 概観

「金蔵」が明確に生きて登場する回……なわけはない。金蔵はゲーム開始時には死んでいる。つまり「金蔵が生きている」と主張するグループは嘘つき。

それはいいとして「金蔵が生きている」と主張するグループが全員殺人犯かというと、今回は「被害者」が積極的に嘘をついた後に殺されるケースがあるので、何が正しい情報かわからなくなる。今までの仕組みで「共犯者の口裏合わせ」という図式理解している人のほうが逆にトラップにはまる仕組みになっている。人狼」でいえば、今までは「狼」「狂信者」だけだったのに、このエピソードでは「狐」が混じっているような状態。少なくとも「狼」については前エピソードまでに理解していないと厳しい。



ところで、EP4は「難しい」とは別になんかずるいと思うところが結構ある。TIPSを見て被害者の真の死因が把握できない&作中の描写だけではどの殺人がどの人物による犯行かが判別できない。さらに「実際に死者が出てから、第十の晩まで、わずか2時間で終わっている」ため、エピローグにおける死亡報告で「第一の晩~第十の晩」で時間が前後しているためここで騙される。ヤスの多重人格である(紗音・嘉音・ベアト)以外に「第一の晩で死亡」とされた人間が生きていてそれ以降の晩の被害者を殺害してなどなど、まともに推理する以前にシステム的に騙されてる感じがする。

ただ、ラストシーンにより「人間としてカウントしていないが島の中に存在する人格」としてヤス(ベアト)の実在を保証する、というかルールのネタ晴らしがあり、この大ヒントがわかれば、EP4はともかくEP3はクリアできることになる。

<主犯>
ヤス

<共犯>
源次

狂言
戦人を除くすべての人物が買収されている

続きを読む