この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。当ブログでは記事を読まずにはてなスター頻繁につけに来る人はお断りです

【スポンサーリンク】

自分が好きなマンガ作品リスト(2009~2014)

私の人生トップ3はこの3作品です。

この3つを自分の中で超える作品と出会いたいなと思っていろいろなマンガ読んでます。

1位 星の時計のRiddle

2位 いいひと。

3位 PAPA TOLD ME

いいひと。(13) (ビッグコミックス)[Kindle版]

高橋しん 小学館 2016-10-07
売り上げランキング : 149230
by ヨメレバ

Papa told me Cocohana ver.4 ~小さな愛の歌~ Papa told me Cocohana version (マーガレットコミックスDIGITAL)[Kindle版]

榛野なな恵 集英社 2016-07-25
売り上げランキング : 8627
by ヨメレバ

他にも好きな作品はたくさんあって、いつかこれらの作品の感想を書いてみたいなと思います。

続きを読む

meshigakuitaiさんへ

ようやく認識してくださったようですね。プログラムであるといえば出てくると思ってました。

さて、ノコノコ顔を出したあなたに対し、明確にスター拒否の意を表明します。

わたしのブログにスターするのやめてください。具体的にいうとtyoshiki及びpossesioncdpがIDのブログです。

拒否をしているのにそれでもやめない場合は嫌がらせにあたり、これははてなブログ利用規約2条に抵触します。

わたしはあなたがこのブログを読んでいるという確認をしました。もはや知らんぷりはできません。これでもスターをつける行為をやめないようならはてな規約に基づいて運営に通報します。


※通報の際、わたしだけではなく他の人からもこの人がスパムスターをしたという証言をいただきたいと思います。もしこの人から明らかにスパムぽいスターをもらったことがあるという方は、ブックマークコメントまたはコメントでお知らせくださると嬉しいです。

meshigakuitaiのスタースパムを避ける方法

一度「下書き」にした後公開する。

これで避けられるはず。

これにスターが付いていなければmeshigakuitaiはプログラムスパムであることが確定。



・・・ってなんでスパム野郎を回避するためにこんな手間かけにゃならんのだいい加減にしろw

この記事にmeshigakuitaiのスターがついたらプログラムによるスパム

はてな運営さん

さすがに手動はともかく「プログラムによるスパム」は

即時対応してください。

あわせて読みたいその2 「とら婚」と「Fラン就職シリーズ」

※手抜きシリーズその2です。

僕は君を助けない。君が勝手に助かるだけさ

人は一人で勝手に助かるだけ。誰かが誰かを助けることなどできない。

さて「オタクの婚活」と「Fラン大の就活」についてなんか相似形みたいな話が描かれてますね。

はっきりいって、どちらも「忍野メメ」の名言が通じない世界だと思います。

とら婚

ちなみに今日ギャーギャー騒いでる人いたけど、とら婚のサービス確認してみたら、とら婚が「1」じゃなく「2」や「3」をメインターゲットにしてるし、それによって成婚率95%を達成していることなんてすぐわかるのに、なにも考えずに「2や3の人はとら婚なんて使わないだろ」って喚いてるはてブやtogetterの人は、マジでもうちょっと考えてから発言するくせを付けたほうがいいと思うなぁ……。



Fラン大の就職課シリーズ

んで、はてなの人は、なんか「結婚」に関しては努力をしないオタクというか男が悪いって考え方をして

大学とかに関しては「出来ない人の事情を考えろよ」って考え方をするみたいで面白いですね。


就職課の人の本音はこのあたりかな。



就職課の人も、最初はみんな救おうとしてたんだけど、やる気がある人ほど闇堕ちしてしまったようです。

とら婚の人もたぶんそうなんだろうけれど、企業アカウントでその闇堕ち具合を表に出しすぎなので、マジで中の人配置変えたほうがいいと思うよ。



ちなみに、Fラン大の人間が就職に成功するストーリーも何話かはある

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29339145
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29345443



不完全であったり、見下したりしているとしてもFラン大の人間に他に役立つ助言やアドバイスをしてる人いるのかというと、なかなかいないってのがポイント

とら婚にしてもFラン大の就職課シリーズについても、まぁ私は嫌いですし、批判もされてますね。

ただ、ここで考えないといけないのは「とら婚」に関しても、オタクにとって他にもっと良いサービス提供してくれてるところがあると思う?って話ね。

「とら婚」に文句を言ってるオタクは、Fラン大就職課に対して文句を言ってるFラン大学生に似てるし、その逆もまた然り。

とら婚もFラン大も、もっといえば、ニコニコ動画もそういうコンセプトだ。

「救えるやつだけ救えるサービス」を提供するのがやっとこさ。

※川上さんが「すくえるやつだけ救う」みたいな発言してた記事を探してるので見つかりませんでした。ご存じの方いたら教えてください。

極論すれば、「助かりたいやつは自分が努力をして助かるだけ。サービスができるのはその手助けをするところまで」なんですよ。



Fラン大だから悪いのではなく、Fラン大であることを理由にして諦めた人はどうしようもない。


もうね、このあたりの話ってヤリだすとキリがない。




とら婚やら、Fラン大は、正直いろいろ問題有ると思うけど、できることやってると思うしそれで助かる人いるわけで価値は有ると思うんよ。

気に入らないなら、客目線なら使わない。以上。

もっと社会的に考えるなら、自分がそれより良いサービス作って潰してやったらいいと思う。




とはいえ、二度目になるけど、とら婚のアイコンの人は、企業アカウントとしてはクソすぎるから変えた方がいいと思う。あの中の人間を広報として良しとしてるなら、客をバカにしてるとしか思わないので、私ならサービスは使わない。あれを誠実と思う人は、対等な人間同士の話と、仕事の話を混同して考えてるんじゃないですかね。

あわせて読みたい その1 「ヨッピーのブログ」と「金と銀」

あわせて読みたい

ヨッピーさんの言葉はとても素晴らしいと思うが、多分「わかっている人」には通じるが「分かってない人」「わかりたくない人」には通じないのではないかと思う。

あと私はヨッピーさんの言葉は9割賛成だが1割は反対だ。
ちきりんさんだってヨッピーさんだってヒカキンだって、タイミングが合わなければあそこまでヒットはしてない。流れが来ているときは
準備が不完全でも、一定レベルの条件を満たしていれば乗らなければ行けないときはあるはずで、
そこもちゃんとフォローしてないと、分かってないひとほど、この1割を信じてイケダハヤトにくっついて紐なしバンジージャンプをすることになるだろう。



ネットにいる石田くんたちは、大学を辞める前にせめてヨッピーさんの記事と「金と銀」をあわせて読んでいたら自分がいまどの立ち位置にいるかわかったかもしれないと思う。


「オタク婚活を支援している女性」からオタク婚活へのアドバイスがイラッとする(笑)

誤解のないように言っておくと、怒ってるわけでも、批判したいわけじゃくて、後で書いてるけど「もうちょっとうまいいいかたあるだろwww」と、ちょっと笑いながらツッコみをいれるテンションです。

文章だと自分のテンションって伝えにくいけれど、勘違いしないでくださいね。

お前が俺の(婚活市場における)価値を見出してやるよ、というはなし。

たしかに「相手に買ってもらう」という観点であればそれは必要だと思います。値がつかないくらい自分の価値が低いならそうでしょう。

でもなー、うーん。善意で言ってるのかもしれないけれど、私はこういうの、ちょっとイラッとするw





わたし、やっぱり、こういうコンプレックスに訴えかける売り方はあんまり好きじゃないかな。

私はあんまりこの概念好きじゃないんだけど、まぁちょっと「マイクロアグレッション」って言葉が頭を過るよね。

自覚・悪意無き見えない差別、マイクロアグレッション - Togetterまとめ

差別や攻撃の理由はそれだけではなく、例えば、性別や正規非正規、出身グループもある。コミュ障や精神疾患に対するのもあるし。あと、儂が不安神経症なのもあるが、元上司、元同僚らはこれを駆使して襲ってきた。
やっている方はいいんだよな。相手が気にしすぎの烙印を押せば、自分は無罪だし。やられる方はたまんないよ。気力を削がれて、実力も出せず、ただ、死にたくなる。

婚活を支援している人からしたら、絶対にそういう観点を持ったほうが得だよと思うからそれをすすめるのはわかるし、そうしないやつは「甘えだ」みたいに思うんでしょうね。 

「自分の理屈」と違う理屈で思考する人の事を考えられる人ってかなり割合的に少ないと思ってるからそれは仕方ない。

仕事でやってたら、なおさらそういう「人材会社の人間」と似たような、「効率重視」の思考になっていくと思う。 別にそれはそれでいいんですけども。




とにかく、わたしはそういうの嫌なのね。まずそれより先に話すること有るだろうがよこら、っていいたくなる。

以前にこういう記事を書いたのだけれど、まぁとら婚の人の言ってるのは典型的な「良かれと思って」系であって、私はそういう人の言うことは聞きたくない。

「外向的な人たち」はとてもとてもせっかちなのですぐに自分たちのやり方を押し付けてきます。内向的な人はそういうプレッシャーにさらされやすい。上のような記事を書いた人も、ずっとそういうプレッシャーにさらされていて、ようやくそこから解放された喜びで気が抜けてしまったのではないでしょうか。「やっぱりこれが社会の常識だよね」「僕もようやく普通の人になれたよ」くらいの感覚で、すごい無神経な記事を書いてしまうわけですね。 そしてついには「なんでやらないの?要は○○なんでしょ?」と言い出すわけです。○ねばいいのに。

……と、まぁ彼らの文句ばかり言っても仕方ないです。大事なのは、内向的な人がどうやって成果を上げるかです。





ただ、否定するだけでは本当に意味が無いので、だったら自分でどうしたいのか、それにむけて自分はどういう行動を取るのか、は考えないと駄目だよね。

少なくとも「自分がどういうものを求めているのか」という目的みたいなものは見つけないといけない。

とにかくまず「こういう人と結婚したいな」「結婚することでどうなりたいか」って思わないと続けられないじゃん。

上のとら婚の人の言い分に自分が抵抗を感じたのは、この根本部分を重視してるように感じられなかったからかも。

たとえ便宜的に自分を「商品」と考えて、その視点で戦略を立てることが有利であっても、本人の意思やら考えを大事にする前に、その「効率」や「戦略的優位」だけを前面に押し出されるとイラッとするのね。

まぁそう思うのは、いまのところ、私があんまり結婚に興味がないからかもしれませんね。



その部分を、自分でちゃんと考えて決めた上でなら、上の人たちはきっと役に立つと思う。

だから上の人達は否定したいわけじゃないんだけど、お前ら商売でやってるんだから、そういうコスい言い方するんじゃなくて、もっと人をやる気にさせるような言い方を考えろよwwwと、そういうきもちにはなりました。







しかし、そう考えると、よくテレビとかでさ。結婚相談書にきた女の人が高望みしてるのを映して笑いものにする番組あるじゃん。

ああいう映像を作るテレビとかはひどいと思うし、あれを見て「これだから女は」って言う人に対しては、誰よりもテレビに踊らされてるバカはお前だよ。お前がバカにしてる女性よりバカなのがお前だよっていいたいですわ。

いいじゃん相談するときくらい。実際にそんなのが無理なことくらいほとんどの女性はわかってるでしょ。 それでも、最初に妥協のない、本来の願望がどういう形かって夢みたいな話がしたっていいじゃん。

その上で、そこから自分の持ってる武器や価値と突き合わせながら取捨選択していくんでしょ。 それの何が悪いっての。

そういうことで女の人をバカにするなら、一定基準以下の人間は女にもてたいとか結婚したいって願望を抱くこと自体間違いってことに成るでしょ。

そういう風に考える事自体は否定しないけど、勇気を出して結婚したいって思ってる人に、自分の恨みとか絶望をぶつけるのはやめとけって。それ最高にダサイから。






というわけで

秋葉原の店舗ということで、私は行こうにも行けないけど、誰かオタクブロガーさん突撃レポートやってくれないかな。読んでみたい。