この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

宇多田ヒカルさんのツイートへの答えは本当に「ストローマン論法」で正しかったのだろうか?


これ読んでてすっきりしないなー。
宇多田ヒカルさんのツイートの質問には3つの要素があって、どれが彼女の主眼であるかによって答えが変わる。
ただ、どれを優先するにしても「ストローマン論法」が最適になることはないと私は思うんですよね。

有名無名問わず、
①誰かがメディアでした話から別の誰かが一言だけ抜き取って、文脈から切り離してネットで持ち出して、
②そこから少数派を除いた多くの人がソースの文脈を参照しようとしないまま
③自己投影に基づいた批判や擁護(つまり妄想)のたたき台にして
論争が繰り広げられる現象にまだ名前ないのかな

①はメインならチェリーピッキングとかクオートマイニングのほうが適切だろう。一応広義ではストローマン論法に該当するが、これが主眼ならストローマン論法という言葉は私は使わない。
②だということであればそれは「ただの無能」=「ハンロンの剃刀」とか群衆心理の話です。
③がメインならストローマン論法と呼べなくも無い。とはいえ、これについても、明らかにストローマンよりも「忖度」のほうが適切だと思う。宇多田ヒカルさんが「忖度」という言葉を知らなかったとは思えないし③が主眼ではないと思うんだよね・・・。

①と③だけならまぁストローマン論法といっても良いと思う。しかしストローマン論法を指摘する場合「故意」であることが構成要件であると思う。そうでない相手に使うのは筋が悪い。②を含むのは筋が悪い。


そもそも、①と②③では守護が違うはずです。
①は扇動する人たち(たとえば左ならリテラ、右ならnetgeekや保守速報みたいな存在)であり、②③は煽られて何も考えずに、自分で調べずに流される群集のはずです。

さらに言えば、宇多田ヒカルさんが問題にしてたのは①~③によって引き起こされる現象であって、ストローマン論法そのものなんだろうか?という疑問を持ってしまいます。

本人が納得してるからいいのかもしれないけど、「現象に名前をつけるという」趣旨だったはずなのに、これで納得していいのかな、と。ストローマン論法は、現象の「原因の一つ」に過ぎないと思うので、これ国語の問題なら普通にアウトじゃないだろうか。*1

本人が納得してるみたいだから別にいいといえばいいんだけど、今から思うとかなり微妙な出題だったんじゃないかなと思うんですよね。なんでみんなこのやりとり見てすんなり納得できるんだろう?ってのがどうもすっきりしないというお話でした。*2


まあ良いや。「ストローマン(藁人形)論法」ってのは使いどころかなり難しいため、少なくとも他人に向けて使うのはかなり慎重であった方が良いと思う。なんだか、はてブコメントを見ると、さっそく使う気満々の人が多いみたいだけど、やめとけほんとに。
そういいながら私も何度かは使ってるけど、「明らかにひどすぎる例」を除いてはあんまり使わないようにしてるつもり。指摘するのは簡単なんだけど、これ諸刃の剣なので。

基本的に、よほど悪意を持って印象操作をしようとしたり、嫌がらせのような形で絡んで来る人以外に対して、「藁人形論法」を指摘する機会はないですよ。

ちょっと話が通じないくらいで「藁人形論法だ!」と指摘する人にはこの言葉を進呈したい。

金槌の法則
クリスマスプレゼントに金槌をもらった子どもは、何でも叩きたがる。

tyoshiki.hatenadiary.com


というか、本当に不思議なんだけど。
ネット暦が短い人ならともかく、今までネットやってて、なんでストローマン論法って言葉知らない人がこんなに多いの?
「藁人形論法」って5年前のはてなでアンケートとったら99%の人が知ってるんじゃないかくらいに思ってたんだけど。

今のネット、私が知ってるネットと違いすぎてやばい。これが老害ってヤツか・・・うわああああああああ



おまけ 太字部分呼んでね

15 Logical Fallacies You Should Know Before Getting Into a Debate | The Best Schools

2. Straw Man(かかし。のろいの藁人形はまったく関係ない)
It’s much easier
to defeat your opponent’s argument
when it’s made of straw.

The Strawman fallacy is aptly named after a harmless, lifeless, scarecrow.

In the straw man fallacy,
someone attacks a position
the opponent doesn’t really hold.

Instead of contending with the actual argument,
he or she instead attacks the equivalent of a lifeless bundle of straw,
an easily defeated effigy,
which the opponent never intended upon defending anyway.

Straw man fallacies are a cheap and easy way
to make one’s position look stronger than it is.
Using this fallacy,
opposing views are characterized as “non-starters,” lifeless, truthless, and wholly unreliable.
By comparison, one’s own position will look better for it.

You can imagine
how straw man fallacies and ad hominems(人身攻撃) can occur together,
demonizing opponents and discrediting their views.

This fallacy can be unethical
if it’s done on purpose,
deliberately mischaracterizing the opponent’s position
for the sake of deceiving others
.

But often the straw man fallacy is accidental,
because one doesn’t realize he or she is oversimplifying a nuanced position,
or misrepresenting a narrow, cautious claim as if it were broad and foolhardy.

See if you can detect
how both of the following statements could qualify as a strawman fallacy.

Example 1: “The Senator thinks we can solve all our ecological problems by driving a Prius.”

Example 2: “Quite the contrary, the Senator thinks the environment is such a wreck that no one’s car choice or driving habits would make the slightest difference.”

*1:というかブコメで賛同してた人、ちゃんと自分でストローマン論法について、せめてWikipediaでもいいから調べたの? そうじゃないなら①と③だけ見て②をスルーしてるよね。それは怠慢だし、にも関わらず自分が②に当てはまらないと思っているなら自己奉仕バイアスじゃないかな

*2:コレについて、「細かいことはいいんだよ」っていってあなたが気にしないのは勝手だけど、私にとってはたしかに細かい話ではあるけれど、そこそこ大事なので、勝手に自分の価値観で人の疑問を矮小化しないようにお願いいたします。

「青野くんに触りたいから死にたい」 H×Hのアルカ編が好きな人は必読!

おすすめ度★★★(個人的評価★★★★)

人間と幽霊の一途な恋。だが、その恋は、他人を巻き添えにしていく。
君を悪霊にしたくない。ゆりの決断は?

はてなブックマークで何度か絶賛されてるのを見て、最初絵柄に抵抗あったけど読んでみたらとても面白かった。
確かに、他の人にもぜひ読んでもらいたいという気持ちになる作品です。

最初は人と幽霊のほんわかラブストーリーかと思いきや……

主人公の「ゆり」は、作品が始まった時点では無個性な女の子に見える。しかし、それはとんでもない勘違いだった。ゆりは勇気を出して青野くんに告白し、受け入れられて付き合うぞ・・・・・・と思ったらその青野くんは事故で死んでしまう。そうすると、このゆりちゃん、ためらわずに自分も青野くんを追って死のうとする。え、なにそれこわい・・・・・・。そう、ゆりちゃんは好きな人のために自分の100%をささげることができちゃうような、かなりぶっ飛んだ子だったのです。(「間宮さんといっしょ」にもそういうキャラ居たなぁ・・・)

この作品では、そのゆりのもとに、死んだ青野くんが幽霊として現れてゆりを止める。そして、触ることはできないけれど、青野くんとゆりは恋人として会話することができるようになるのです。

こういう導入の作品は結構ありますよね。この系統の作品としては「夢かもしんない」という作品がめちゃくちゃ好きですのでぜひ読んでみてほしいです。


青野くんは、自分の意思によらず「悪霊」のようになってしまう

ここまでで終わってたらいい話だなーなんだけれど、この作品はここからホラー要素が入ります。

青野くんは人ではない幽霊です。なんで青野くんだけはこの世界にとどまっていられて、しかも、なぜゆりにだけ見えるのか。たいていの作品はそのあたり考えずに「満足したら成仏する」「ほったらかしにしてたら悪霊になる」みたいな都合の良い設定になっていることが多いですが、この作品はこの部分にちゃんと理由がある。

この作品の場合、幽霊は人間とは違ったルールでできており、とある条件を満たすと、青野くんは人を傷つける恐ろしい悪霊になってしまう。

このあたりの「人と同じに見えるけど、人とは違う存在」「取り扱いを間違えると悲惨な結末をもたらす」「しかし明確なルールがあるし、それを理解すれば付き合えるはずという希望を与える」という存在についてはH×H編のアルカとナニカを思い出しますね。アルカの場合、さらに「能力」が合わさっていて複雑ですが。

f:id:tyoshiki:20180714130504j:plainf:id:tyoshiki:20180714130524j:plain
アルカは女の子

とにかく、このルールは絶対のもので、心が通じ合ってたらいいとかそういうものではない絶対的な壁になっている。

このルールが明らかになっていく過程がまず独特ですごく面白いです。詳しく語るともったいないのでぜひ読んでみてください。


「青野くんを悪霊化させないためのルール」はゆりにとっては非常に残酷

藤本くんが正しいと思うから絶対に藤本くんの手をとりたくない。
人を大事にするのはどうしてこんなに難しいのだろう

さて、ゆりは青野くんのためならためらいなく死ぬことができてしまうような女の子です。
青野くんに依存しているというか、青野くんが自分の全てといっても良い。
彼が喜ぶことなら何でもするし、むしろ自分の全てをささげることこそが彼女の本願。

しかし、この彼女の思いや行動こそが、「悪霊化のルール」にひっかかってしまう。

彼女は青野くんのことが好きで好きでしょうがない。もっと近づきたい。自分ならいくら傷ついてもいい、犠牲になってもいいから、青野くんと一緒にいたい。青野くんとひとつになりたい。傷だらけになりながら青野くんに迫ろうとする。

だけど、そうすると青野くんは悪霊化してしまってゆりや周りの人を傷つけてしまう。自分に自信が無いゆりはなかなか受け入れることができなかったのだけれど、青野くんだって、ゆりのことが大事だし、傷つけたくないのだ。だから、青野くんは、できるだけゆりから遠ざかろうとする。

この二人のお互いを大事に思いやるが故のすれ違いは、「人と幽霊の壁」がある限り、どちらかが自分の思いを捨てない限り絶対に乗り越えられない

ここが読んでて切ない。

一度はゆりが「人と幽霊の壁」を受け入れて立ち直ろうとするが・・・・・・(ネタバレ成分多いため注意)

いろいろあって、ゆりは自分の気持ちよりも、青野くんの気持ちを大事にしようと決める。
全てを青野くんにささげて何も無い自分でいるのではなく、ちゃんと一人の人間として自立しようとする。

f:id:possesioncdp:20180712050444j:plain
このあたりのシーン、とてもぐっと来る。



しかし、話はここで終わらない。たいていの作品はここで終わるが、ここから先があることが、この作品のすごみだと思う。
実は、すでにゆりと青野くんは、「月姫」の○○ルートにおける○○と○○のような関係になっている。ゆりが青野くんをあきらめて手放せば良いというではなかった。そういう意味では手遅れなのだ。

二人は、人と幽霊の壁にさえぎられながらも、思いを抑えてルールに従って付き合っていかなければいけない。しかも、そもそもゆりが「空っぽな人間になってしまった」元凶である存在が登場してくる。


ゆりと青野はいくつもの壁を乗り越えて、本来あるべき関係に立ち返れるか、それともやはり気持ちをおさえきれなくて、タイトルのような行為に及んでしまうのか。まだ連載途中だけど、目が離せない。


私には、いろんな要素がキルアとアルカの関係にかぶって見えて、本当にたまらないですが、他の方は二人の関係性がどんな風に見えるのか、わたし、気になります