この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

みなさんお気に入りのマンガ作品、教えてください

このブログは雑記ブログですが、メインは筆者が読んで気に入ったマンガ作品などを紹介することです。

で、たまに感想もらったり、自分が紹介した作品感想について「それならこの作品も読んでみて」みたいに言ってもらえるとすごく嬉しくなります。


さて、最近「マシュマロを投げ合おう」というサービスのことを知りまして。

ログインすら不要で、完全に匿名で投稿できますので、気が向いたときに気軽に作品名など投げていただけると、嬉しいです。作品名だけ投稿していただいてももちろんうれしいですし、1000字まで書けるので、お気に入りのポイントや希望などを簡単に記述していただけると優先して読んだりしたいと思います。

良いと思った作品はブログでも自分なりの感想を添えて紹介させていただくつもりですし、ブログで紹介し切れなかったり、自分にあわないと思った作品でも、twitterでは必ず感想を書きます。

ブログで紹介する場合「紹介してもらった作品」タグをつけて、紹介していただいたことを明記します。作品紹介第一弾は「青野くんに触りたいから死にたい」です。 
http://tyoshiki.hatenadiary.com/entry/2018/07/14/133009

現時点で紹介していただいていて、まだ感想を書いていない作品は以下のとおりです。
順次紹介していきます。

・いそあそび
・ペリリュー、ザ・パシフィック(映画)
最果てのパラディン
とある飛空士の追憶
・河よりも長くゆるやかに
・ひゃくはち(小説)
・君に愛されて痛かった
・少年は荒野をめざす
・ジュリエットの卵
・月曜日のライバル
第七女子会彷徨
・ある阿呆の一生
・「ギフテッド」「届けたいメロディ」(映画)
サンクチュアリ
・本田鹿の子の本棚
・魔法はつづく
・少女終末紀行
境界線上のホライゾン
エイリアン通り/CIPHER/ALEXANDRITE
・女子は余裕!/荒野の天使ども/時間をとめて待っていて/それなりにロマンチック
えんじぇる(岩館真理子
少年魔法士なるしまゆり
騎崎サブゼロ作品集「世縒りゆび」
・アクタージュ
永野のりこ「GOD SAVE THE すげこまくん!」「電波オデッセイ」
EAT-MAN

今までいろんな作品を紹介しているので、なんとなく私の好みはお分かりいただけるかと思いますが、そうじゃない作品でも大歓迎というか、むしろそうじゃない作品がたまにあったらいいなと思ってます。「青野くんに触りたいから死にたい」なんかは、たぶん他人からの紹介がなければ絶対に読まなかったと思います。解釈は自分が好きなH×Hに寄せてますが、違った読み方もあると思います。 そういう意味で「自分と違った感想を読んでみたい」というつもりで紹介していただくのもありかなと思います。



もちろん作品紹介以外でも何かありましたらお気軽に投稿ください。

注意点として、このサービスにはネガティブなワードに対するフィルタ機能があり、私はその機能をONにしてるので、私への罵倒などを書かれても、そもそも投稿が私のところに届かなくなってしまいます。基本的に投稿いただいたものには何かしら反応をするつもりですので、反応が無い場合はそういうことだと思ってください。


妙に心がザワザワしてしまった

chikirin.hatenablog.com

発達障害のワイ、文章の前半読んで頭の血管キレそうになったけれど、別にこの文章は決して発達障害者がダメっていう文章ではない…と思います。

自分が自意識過剰すぎて、他人の話なのに自分ごとのように受け止めてモヤモヤしてしまった。。。


前半キレそうになった理由

自分ができて、友達ができないことを「できて当たり前」という立場から彼女を「~できない」「~が分からない」という表現が続くから。


感じ方の違いのはずなのだけれど、明らかに「健常者」から「友達」を「できない人間」という見下ろす目線の表現が続くと声のトーンがわからないから頭に血が上ります。 

正直言って、大人が大人にするアドバイスではありません。

常に「~できない」人間という扱いを受け続けられると自分を信じことはとても「しんどい」と感じ、むしろ「疑う」ほうが楽だと思うようになる

そうですね。常にそうやって「出来て当たり前のことが出来ない人間」として扱われるので私はこの彼女のような強さを持つことはできなかったです。

①つねに「自分の考えや行動は間違っているかもしれない」ということを疑うし

②つねに「私の行動や言動は他人をイラつかせたり迷惑をかけたりしていないか」を気にします。

③なにかしら批判や衝突が発生したら「とりあえず謝るしいったん身を引く」習性がこびりついています。(だから批判されたときに、「明らかに間違っている部分があるのに」それを認めずに勝ち負けにこだわったりごり押しする人間を見るとめちゃくちゃ腹が立ちます。自分からしたら考えられないことだからです)

④「謝り方」についてはガチガチに理屈で固めています。
tyoshiki.hatenadiary.com


⑤常に自分はどこかしら間違っているという前提なので「批判」は受けるのは当然と思っていて、いわれたことは一つ一つ真面目に受け止めているつもりです。どれが重要でどれが重要ではないのか、どれが冗談でどれが本気の発言なのかが今一つよくわからないからです。そして、言っていることが納得できるかどうかはすごく重視します。適当に言われたことでもマジレスを返すことは多いです。
*1


⑥そして、だからこそ今までの繰り返しの中から「自分が間違いではない」ことが確認できたことに関して、感情論などで「間違っていると思わせよう」としてくる人間については全力で反撃します。*2


⑦自分は「おかしなことを言ってたら批判されるのが当たり前」だとおもっているせいで、他人に対してもおかしいなと思ったらずけずけといってしまう癖がありましたが、これはトラブルになることが多かったので、最近は控え気味にしています。*3



私は「自分が思ったことは正しいとは全く思わない」前提で、「こういうこと考えてる人間がいますよ」って感じでブログを書いているわけですが、最近はいちいちそのあたりも記事ごとに説明しないといけないので非常に面倒くさいなあと思っています。


自分でも卑屈だとは思いますが、まぁそういう卑屈さを作り上げた要因の一つとして上でのべたちきりんさん記事の前半のような、哀れむような上からの目線みたいなのがあると思っています。


なので、ちきりんさんの記事を読みながら(#^ω^)ピキピキ 来ていたわけですが。



そうはいってもこの人はその人と「友だち」なんだよなぁという記述があってちょっと落ち着いた。

正直言って、大人が大人にするアドバイスではありません。
でも、こういうことを一つ一つ言葉にして伝えていかないと彼女との良好な関係は維持できません

別にこの記述だけではちきりんさんの「上から」が否定されるわけじゃないですが、別に上からであってもちゃんと付き合ってくれるのだから、他の人よりはずいぶんましです。

tyoshiki.hatenadiary.com

「患者は医者に自分と同じ病気にかかってほしいと思うでしょうか。
彼らは痛みや苦しみをわかってほしいわけじゃない。仲良しこよしになりたいわけじゃない。
望むことはただ一つ。救ってほしい、それだけです!ちょっと……寂しい考えですけど。」

実際自分が「できない」ところが多い人間であることは事実なのでそれを理解した上で、それでも付き合ってくれるということは、変に平等とか対等みたいなのを意識して、その人の中の平等や対等をおしつけてきた挙句、思い通りにならなくて投げ捨てる人よりはずっといいです。
(そう言いながら、私は迫害されるのが嫌だからSSTそれなりに頑張ったりして、初対面では普通の人っぽいふるまいをするように頑張ったりもしたんですけど、正直めっちゃくちゃしんどいんです。ちきりんさんみたいな態度の人がそばにいてくれる方が絶対にありがたかったと思う)

tyoshiki.hatenadiary.com
私は他人の助けがなければコミュニケーションをまともに成立させられない - この夜が明けるまであと百万の祈り


それに、これはあくまで形式上のフォローなのか、本当に友人を尊敬しているのかは私には判断が難しいけれど、ちゃんと友達のいいところを認めてくれているのもちょっと心が救われます。



ああ、でもね、でも。

f:id:tyoshiki:20190319145654j:plain
TU・RA・I


f:id:tyoshiki:20190319145830j:plain


ごめん!

がんばったけどやっぱりこの文章読んでてきつい! 

他人のことなのにまじでつらい!

他人のことなのにそんなん無理に決まってるやろって言いたい気持ちを抑えられない。

*1:自分の感覚はあまり信用できないので多くの人間の反応をみられるはてブは重宝していますが、最近信用できなくなっています。自分にとっては参照する「みんなの感覚」が狂うと自分までくるってしまうので「組織票」や「偏った思想」で場をゆがめようとする人間を極端に嫌悪しています。 互助会によるはてブ汚染やはてなフェミ集団のはてなスター連打が嫌いなのはそういう理由です。

*2:はてなでフェミっぽいことを言う人への嫌悪感が強いのはそういう理由です。 アイデンティティポリティクスの一つにすぎず、かつスローガンレベルの貧弱な論理しか持たないのに、自分を絶対的に正しいと思い込んでいる人間は私の天敵だと思っています。 (逆に私が女性だったら死ぬほど男尊女卑主義者を憎んでいたと思います)。フェミニズムに限らず、この前の「せこっ!」の記事で書いたように理不尽な難癖をつけてくる人も嫌いです

*3:今のネット、本当に批判されること自体に耐えられないというか、すぐ自分のメンツの問題にしちゃう人多いですね。正直全く理解できませんし、どんだけぬるい世界に生きてきたんだろうと想像すらできない