この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです。 ※記事を読まずにはてなスターを押して回る行為はお断りしております。

【スポンサーリンク】

自分が好きなマンガ作品リスト(2009~2014)

私の人生トップ3はこの3作品です。

この3つを自分の中で超える作品と出会いたいなと思っていろいろなマンガ読んでます。

1位 星の時計のRiddle

2位 いいひと。

3位 PAPA TOLD ME

いいひと。(13) (ビッグコミックス)[Kindle版]

高橋しん 小学館 2016-10-07
売り上げランキング : 149230
by ヨメレバ

Papa told me Cocohana ver.4 ~小さな愛の歌~ Papa told me Cocohana version (マーガレットコミックスDIGITAL)[Kindle版]

榛野なな恵 集英社 2016-07-25
売り上げランキング : 8627
by ヨメレバ

他にも好きな作品はたくさんあって、いつかこれらの作品の感想を書いてみたいなと思います。

続きを読む

クジラックス先生ごめんなさい

誤字直しました。すみません。


ちなみに、グーグルアドセンスのIDを確認する方法ですが

ソースを表示(Chromeを利用してる時はCtrl+U)

ソースをcap-で検索

すればすぐに見つかります。


IDがわかったら、

Same-ID

というサイトにそのIDを入れると、同じアドセンスコードを使ってるサイトが発見できます。


ご参考までに。

しっきーの謝罪?記事を読んで思ったこと

この件に関する個人的な主張は5つあった。

  • 「クラシックスの情報はゴミである」
  • 「クラシックスの存在は迷惑である」
  • 「クラシックスは閉鎖すべきである」
  • 「互助会(ブクマスパム)をするような人間はブログを書く資格がない」
  • 「クラシックスを運営していたしっきーはどう言う考えだったのか知りたい」

謝罪ってわけじゃないけど - しっきーのブログ

このうち謝罪記事によって、「クラシックスの情報はゴミである」「クラシックスは閉鎖すべきである」の2点は早々に解決している。

(1)クラシックスは閉鎖すべきである=解決

サイトと記事消すから許してください、ってことではない。誰にも謝る気はないし、今回の件に粘着してるやつらは死ねばいいのにって思ってる。

うん。それで全く問題ない。とにかくしっきーが謝っても私は一円も得しないし、許す許さないを決めるのは私や他のはてなユーザーでは断じて無い。はてな運営である。他の人はどうか知らないが、私はクラシックスというネットのゴミが消えてほしいだけで、しっきーが謝る必要はまったくないしこちらも要求しない。せっかくなので、ゴミサイトを運営して小金儲けしてた人間は他にもいるので、そういう人への見せしめとなってくれればいいなと思うだけだ。

むしろしっきーは長々と格好つけながら削除の意図を語っているがそこらの葛藤などはぶっちゃけしっきー本人以外にはどうでもいい。その文章書いたところでこちらには何の意味もない。今まで読者のことを無視して書いてたんだからそのことくらいしっきーにだってわかってるよな。単にしっきーが自分で納得するためだけの記述だ。私がこの無意味な記事を書くことで、しっきーに対して矛を収められることと同じだ。好きにすればよいと思う。


とにかく、私にとって大事なのは「クラシックスは閉鎖すべきである(はてなホッテントリに上がらないなら別に構わない)」の一点だけであり、これが満たされるならその理由がなんであろうが何の問題もない。逆に、しっきーがたとえどれだけ謝ろうが、クラシックスを残すという判断をしていたり、そのために事実関係をごまかすようなしょうもない記事を書いてたら、いよいよスパムブクマについて運営に報告して最低でもブクマ活動が出来ないようにはするつもりだった。それだけの話だ。 



(2)クラシックスの情報はゴミである=解決
しっきーが書いていた「クラシックス」というブログの記事が以下にゴミであったかはすでにブログで書いてあるので取り上げない。

本人もゴミと認めているわけで、クラシックスはゴミ、は両者の意見が一致するところでありこれも話は終わりだ。

自分が書いていたものがゴミであることは間違いない。ゴミではあるけど金になるゴミだし、曲がりなりにも自分の能力のわかりやすい成果になりそうだったものでもある

ブコメではそんなに悪いことしてないよね、という反応が多いが、自分がゴミと認識しているものを検索上位にあげようとしてた行為を擁護してる人間の気持ちが私にはわからない。「まだ」それほど迷惑でなかっただけで、これ放置してたらすごい迷惑になってたと本人が認めているのに、なぜ悪くないと言えるのだ。

多くの人が、実際に害が出るまでは気にしないということだとしたら、改めてジャンプの、つまらない連載はヘイト値溜まる前に打ち切って再起をかけるシステムは作家のために素晴らしいシステムだと思う。

多分しっきーにとって、やめるにはギリギリのタイミングだったと思う。しっきー本人はそれを望んでいたかどうかはわからないが、しっきーというネット人格は致命傷は避けられたね、という印象だ。




(3)クラシックスの存在は迷惑である →否認
(4)「互助会(ブクマスパム)をするような人間はブログを書く資格がない」→否認

別に悪いことしてない。
別アカでブログやるなんて個人の自由だし、わざわざそれを誰かに言う筋合いもないし。それをやってる期間中にこのアカウントでその手の行為を批判してたわけでもないし。能力を小銭に変えるくらい別にいいだろって思うし。Amazonアソシエイトベースはアフィリエイトとしては良心的な類のものだし、企業の席を奪いに行く正々堂々としたやり方だと言えなくもないし。はてブ営業が叩かれるのはわかるけど、かけた労力と得た効果を見ても普通にルールの範囲内だと思うし。一部の粘着質なユーザー以外はこの件について特に何も気にしてないだろう

しっきーはこういう文章を書いている。

開き直るならそれはそれでいいんだが、この点は開き直り方が中途半端だ。全てにおいて「悪いことやってるけどそこまで悪くないだろ」って開き直り方になっている。「全然悪くない」とは思ってないようだ。中途半端に真面目で中途半端に不良。 青●才さんのようにたとえアホなことを書いていてもそれを本心で書いてる人間であれば私はそんなに嫌な気分にならないけれど、しっきーのように本心からそうだと思いきれてない文章を書いてるのを見るととてもイライラする。本当のクズと比べたら圧倒的にしっきーの方が誠実なんだけど、なぜか私はしっきーのほうがイラっとした。人間の心って不思議だ。


あのね。本当に悪いと思ってない人間はこういうこと書かないんだよ。「たい●き親子」やら「●を揺さぶる」を見ればいい。あの人たちは本当に自分たちがやってることは何も問題ないと思っている。なぜ彼らが自分がやってること問題がないと思ってるかというお、前者は「目的自体に金銭的な欲がそれほどなかった(今はある)」からだし、後者は「儲けられるかどうか確信を持ってない」からだろう。 因果関係が正確につかめてるわけじゃないし、「ここまでやっても儲からないかもしれない」と思ってたら自分のやってる方法が「ずるい」とはあんまり思わないものだ。

でもしっきーは賢いから最初から「この方法で儲けられる」「この方法は絶対に有利だ」って分かってたよね。明らかにこれが「有利で」「ずるい」方法だとよく理解してた。しかも、他の人がこれを嫌う理由まで分かってた。そういうの分かっちゃってたから「ネカマプレイ」じゃないと耐えられなかったんでしょ。ダメだよ、こういうのやるならもっと頭悪くならないと。



そこまでわかってる人間が、こういう行為に手を染めておいて、しかもそれを他から暴かれたタイミングで「自分はそういうのわかっててやったんだ。他の馬鹿と一緒にするな」っていいたがるのはさすがに見苦しい。プライドが邪魔して墓穴ほってるなと思う。しっきーの中ではとにかく「儲からなくなること」より「プライド」のほうが大事なのはよく伝わってちょっと好感度は上がりましたけれども。



(5)「クラシックスを運営していたしっきーは何を考えていたのか」→ 「小賢しさ」と「純粋さ」と「コミュ障」ぽさにすごい親近感を感じる

まず、しっきーは"無駄に"はてなリテラシーが高い。先に11月12日に投稿しておき、11月15日にその書き直しと言うかたちにすることによって新着ホッテントリしないようにするという"小手先の技術"をよく理解してる。 まさに「小賢しい」という印象を受ける。

また、妙に「いかに自分がはてなというものをよく理解してるか、そしていかにそれを上手く利用できたか、を語りたくで仕方ない」という印象だ。その際に、利用しまくった他人のことは全く考慮していないのも気になる。他人には全くといってよいほど興味が無いが、一方で自分がすごい人間であることを認められたくて仕方がないかのようにみえる。

そういうことに興味ないような素振りも見せてはいるものの、本当にそうならしっきーの今回の記事の大半の記述は必要ないだろう。これを書かずにはおられなかったのであれば、まあそういうことだと解釈しても許されるのではないか。しっきーはフミコフミコの時に解釈の自由を主張していたし、あのときのしっきーよりは妥当な解釈をしている自信はある。

なんとなく察していただいていると思うけど、ここ1年くらい僕はわりとツラい状況が続いていて、「やっと……!」みたいな成功の兆候が見え始めた矢先に今回の件。まさかこういう躓き方をするとは思わなかったけど、奇妙に納得感のある絶望というか、「ああやっぱりなあ」みたいなのがある。なんか世の中って絶妙に生きづらくできてるって感じることない?「こんなゴミみたいなサイト作って楽しいのか?」と言われるかもしれないし、自分で自分にそう問いかけるべきなのかもしれないけど、でも失敗するより成功したほうがずっと楽しいんだよ。たぶん

以上の記述から、私が今回のしっきーの文章から感じたのは初代ガンダムの頃のアムロだ。 "僕がいちばんはてなを操れるんだ!こんなにすごいやつなんだ!(だから俺をもっと大事に扱え)"という叫びである。


しっきー個人の事情などこれまた私には全く関係ない話であって、自己正当化の理由には全くならないことなどしっきー自身百も承知であろうが、自分がつらいからといって、かつて夢を持っていたはずであろうインターネットに対して砂をかける行為を継続的に行い、それによって得た収益を自分の実力だと何度も何度も何度も何度もしつこく語ってる様子は、アフィリエイターに転換したころのイケダハヤトの姿に非常に重なる。完全に今私の中ではしっきーという人間は「文章はとてもうまいがメンタルが弱いイケダハヤト」という評価になっている。

もっとしっきーが文章が下手で、今のチャチな方向を捨てて違法スレスレの金融商品アフィをやっても平気なら、いますぐにでもイケダハヤトになれるだろうと思う。ヒトデの人はもうそっちの方に進んでいる。これが前の記事で書かなかった第三の手法である。あまりそっちの方には行って欲しくないが。



個人的には、あのクラシックスの、ゴミ以外の何者でもない記事を一人でモクモクと書いたり、かつて過去記事で「苦行」と言ってたのにもかかわらずブクマを自分で淡々と付けていたことには本当に驚いた。
「しっきーがこういうことするなんて」という驚きではない。私はむしろクラシックスのやり方はしっきーが元祖であると発覚する前から書いていたくらいだから、しっきーならやりかねないし、しっきーがサロンでもやってるのかなと思ってたくらいだ。 逆に驚いたのは「しっきーくらい賢いなら、自分が無駄と思う作業を人にやらせることくらいできるだろ」と思っていたのに一人でやっていたことだ。非効率なやり方が嫌いなはずなのにこういう努力は平気、というのはよくわからない。それより人と接するのが嫌だったのだとしたら、なんかぼっちとしてものすごい親近感を感じる。

しっきー自身は、自分の能力をどう捕らえているのだろう。私は「システマチックに物事を考える」才能に優れている人だと思っていた。しかししっきーはこの四ヶ月は「心を殺して心にもない文章を書き続けられる方」ばかり一生懸命やっていたことになる。それはあまりにも才能の無駄遣いだと思う。しっきーほど賢い人間がこれしか思いつかなかったなら、メンタルが相当やられていたのか、本当に他人を信じられない人間不信モードになっていたんだろうなと思われる。

はやくメンタル治してもっと違った方向で活躍して欲しいが、これは他人の勝手な要望であり、本人は心がしんどいからこういうことやってたとはっきり言ってるんだし、あまり口出しして良いところではないのかもしれない。



まとめ

しっきーは私の事「死ね」くらいに思ってるだろう。

それはしゃあない。 私は私で互助会的な行為が大嫌いなので、その手の行為をやってたことはやっぱり好きになれない。クラシックスの記事は有害なゴミだと思ってて、世間様にご迷惑かける前にサイトの閉鎖できてよかったね、と考えてる。そこは相容れないところ。しっきーが「悪いと思ってない」ように、私は「悪い」と思っている。こちらも書いてる人の内面を考慮せず「形式的に」否定していくだけである。

その上で、私はしっきーのことは「仕組みを考える」という面でとてもすごい人だと思ってる。しっきー自身は自分のことをやたら過小評価してるような気がするけれど、将来的には、こういうしょうもないことやってたことなんて笑い話になるような、何か格好良いことをやって、私を大いに見下してやって欲しいところだ。



以上です。
私は他人様のこと偉そうに言えるような上等な人間じゃないけど、今回のしっきーの記事について安易に甘やかすコメントしてる人たちにすげームカついたので書いた。逆にしっきーがブクマで殴られてたら多分擁護したと思う。不自然な偏りは擁護であれ叩きであれ気持ち悪い。

Landreaall30巻 30巻にしてはじめて「ランドリオール」の言葉の意味が!

評価★★★★★(個人的評価★★★★★)

中世ファンタジーを題材にしたマンガ作品の中では最高クラスに面白いなと思ってます。

3巻まではあくまでイントロでありあまり盛り上がらず、さらにファンタジー特有の約束事や特殊な用語・概念などを理解する必要があるため、本気で面白くなるまで結構辛い作品ですが、ちゃんと読んでいくとべらぼうに面白くなります。

オススメマンガまとめでたくさん作品を挙げているのにこの作品に触れてないマンガ読みは基本的に信用出来ないと言ってもいい(横暴)


この作品はめちゃくちゃ登場人物が多く、群像劇的に「歴史」を描いているので語るのが難しいですが、すげえ大雑把に言うと「自由人」であり「傭兵の息子」として生きてきた主人公が、恋や友情を通じて「騎士」となり、そして「王」となっていくであろう物語です。グイン・サーガ」のような大河ドラマが好きな人にはもうたまらなく面白いです。


この作品の舞台は王とそれに忠誠を尽くす騎士によって成り立つ「アトルニア」という国家。この国の中心を為す騎士像はとても魅力的です。また、魔法(天恵)も呪いもある世界であり、世界観が実に細部までそして広くまで設定されています。てんこ盛り。


「アトルニア」では、上で述べたように王が絶対であり、それに騎士が忠誠を誓うという強固な関係で出来上がっていました。しかし前王が狂い、それによって国が荒廃したため、騎士階層によるクーデターが起きて王は斃れます。その後しばらくのあいだ王位不在となり、一時的に議会制を敷きながら次期王位を選ぼうとする間、極めて不安定な状態になっていました。狂王によって王という存在の絶対性がゆらぎ、王と騎士の間の関係性も崩れ、そんななか、国体はどうあるべきか、王とは何か、騎士は何を持って騎士たるのか、そういうことが問われます。


私は以前からブログで、歴史にはそんなに詳しくないけど、百年戦争名誉革命フランス革命など、ピンポイントで好きな歴史があると言ってきましたがまさにそのあたりのドラマの要素が凝縮されている感じです。歴史の境目、つまり「革命」の時代を主人公が渡り歩き、大人たちや学友たちに囲まれながら、上のような流れを体験していくわけですね。


緻密に設計された中世ヨーロッパ風のファンタジー世界で、歴史を踏まえた上で描かれている「大河ドラマ」。こんなん、絶対面白くないはずがないやん? 


この作品、読むのに必要なカロリーは高めです。一回さらっと読んだだけでわかるようなお手軽作品では無いと思います。 お手軽なマンガを求めてる人向きではなく、読み始めるときは心してよむ必要があります。それでも、ある程度読み進めていくと、10巻くらいからは面白くてよむの止まらなくなるはずです。



私のブログ読者さんなら絶対に後悔しないと思うので、頼むから読んでみてほしい。kindle unlimited登録者なら4巻まで無料で読めます

Landreaall: 5【イラスト特典付】 (ZERO-SUMコミックス)[Kindle版]

おがき ちか 一迅社 2012-12-07
売り上げランキング : 58258
by ヨメレバ



という話はもう今更なのですが。(この作品を好きそうな人は、すでにこの作品に行き着いてとっくに読んでるはず)



30巻になって大きな節目を迎えたので、この作品好きな人と分かち合いたい。


長く苦しかった「クレッサール」編がようやく終了!ついに革命は終わり「ランドリオール」が開始する

長かったクレッサール編が29巻で一区切りをつけ、「騎士と王女の恋」の物語もいよいよ終わり。本当に面白かった。 もうホントに語りたいことがやまほどあるよこの作品。



そして、ついに「ランドリオール」が始まります。

あとルニア建国より421年。我、ランドロット候ファオランが即位し、格例にもとづき、暦に玉号を定める。人の力で国が癒され、再興かなったことをたたえ、さらなる繁栄へ継ぐ意を込め、
ここに、ランドリオール元年を宣言する

そうなんです。

この作品、今まで作品内で「ランドリオール」って言葉が出てきたことがない。30巻にしてはじめてこの単語が登場しました。感慨深いなぁ……。


ランドリオールについてはもっともっとガッツリ語りたいよおおおおおアビャアアアアア!!!

サイゼリヤいろいろ食べてみる。皆さんのおすすめ一位は「イタリアンプリン」でした

久々にサイゼリアに来たのでおすすめメニューをゆるく募集したらいろいろ教えてもらったので忘れない内に色々食べてみようというだけの記事。
今のところ4回分くらいストックが有るのでまた週一くらいのペースで……イクゾー!


まず一回目ですが、一番オススメが多かったのは「イタリアンプリン」でした。とにかくこれだけは絶対食えという声が多かったです。元店員の人からもイタリアンプリンオススメとのお墨付きいただいたので食べてきました。


ちなみにコーヒーゼリーは普通に食べてもおいしいですが、「ドリンクバーでのコーヒーフレッシュ5こくらいもらってきていっきにかけるのだ。美味。アイスをフレッシュで溶かして、それにゼリーからめる感じで。」との指示があったので試してみたらこれがまた美味しかったです。サイゼリヤ好きな人は、とにかく自分なりの食べ方を開発してる人が多いのか、とにかく話が面白いですね。


みんな、他にもオススメのメニューがあれば教えて欲しいンゴ! おすすめしていただいたものは絶対に食べに行きます。

その他オススメいただいたもの。

(1)ボトルの赤イイゾ!

(2)・エスカルゴも値段を考えるとすげぇ美味かった。
   ・エスカルゴとフォカッチャの組み合わせは サイゼのみの基本コース

(3)ソーセージと辛味チキンが定番やぞ。

(4)生ハム(プロシュートはガチで美味い

(5)私はいつもマッシュルームスープ、トマトとモツァレラチーズ、ガーリックバゲットかフォカッチャ、プロシュートですね。


など。このあたりは次回試してみたいと思います。

ただ主食系の「パスタ」とか「肉」系のオススメがないねん……。

オススメ記事みたいなのは検索したらたくさん有るけど、できれば上のコーヒーゼリーみたいな感じで「その人ならではの楽しみ方」みたいなのを教えてもらって、その人に「これ食べました。美味しかった!ありがとう!」ってやり取りがやりたいです(^o^)  他にもぜひぜひ教えてくれると嬉しいです。




なんとワインは原価そのままで一切料金上乗せされてないらしい!! ワインは外食業じゃなく小売業だったのか……。

他にもこんな意見が。

・ワイン持ち帰りもできるのでマグナムおみやげに持って帰るヨロシ。これ小売価格そのものなので。
 ワインに関しては他の店が2倍3倍とってるなか、サイゼリヤは言うならば原価でだしとるのだ。

 輸入元が完全子会社のアダツアーズ。そこが同価格でネットで同じ商品打ってる。HPで確認してみ。
  オスコロッソ1500ml | ADDA SELECT SHOP

 輸入量が多分半端ないので恐らく仕入れ値換算だと20〜40%位は利益出てると思うけれど、そこらの居酒屋は太刀打ちできん。
 全店舗用のワイン直で輸入して直販もしてる以上ドメーヌ的にも最上顧客と思われ。


他にも


・生ハム輸入量も日本一。生ハム全体の二割が日本に輸入される。んでそのうちの5割がサイゼリヤやで。


などの声もあり、サイゼリアまじぱねえっす!! 


こういうサイゼリアすげえみたいなエピソードも面白そうだからぜひ聞いてみたいです。




余談。実は私は「優待でメシたべる」のが大好き人間です。 
メシネタに依存するとブログ終わっちゃう気がするので、どうせなら延々とメシネタだけ投稿するありふれたブログやってみようかな。まぁ私はこんな感じでメシだけじゃなくてこういうなんちゃってビジネス的な話するのが好きで、オフ会とかではよくそういう話してるんですが、そういうの需要ありますでしょうか。

「マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド」はADHDを理解する入門書として最強

この本、以前誰かに紹介してもらって買ったあと忘れてたんですが……存在を忘れていました。思い出して読んでみたらとても良かったです。

マンガだから読みやすいというのもありますが、それよりもほんの内容として

ADHDよりもADHDによって生じる「不安」や「適応しづらさ」に注目しているのが良い。

ADHDそのものは治りませんが、あくまで問題はこの「生活しづらさ」にあるとして、この「対応方法」についてしっかり書いているのが良い。

③特に「ADHDコミュニケーション術」の章にある「決定的瞬間」を意識することや「スピードダウン」など、しっかり実用的な話が多い。


ADHDにかぎらず、普通にコミュニケーションが苦手な人や、日々の生活で「生きにくい」と感じてるところがある人なら必ず参考になります。

マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド[Kindle版]

福西勇夫,福西朱美 法研 2016-08-01
売り上げランキング : 5589
by ヨメレバ

発達障害の人は、絶対に何か入門書を読んだほうがいい。 そして、この本はそういう本として最適です

他の記事でも書きましたが、はてなブログにおける発達障害系の記事は、発達障害者の人たちが個人の体験を感情豊かに書いていることが多いです。

これはたとえばAmebaブログなどと比較すると一目瞭然で違います。

はてなで書かれるのは「発達障害とはなにか」という話ではなく「私と発達障害」「私の発達障害」なんですよね。私もそうです。

こういうのはもちろん大事なのですが、自分が体験したこと、自分が感じたことを絶対視しすぎているひとはどうしても偏りや知識の誤りとかが結構あるように思う。

そういう記事を断片的に読んでると、やっぱり考え方が偏ってくるように思います。

フェミニズム」やが、せっかく素晴らしい取り組みだったのにそういう「俯瞰的な視点を持たない人たち」「自己体験絶対主義な人たち」によってどうしようもなく荒廃してしまったのを見ていると、やっぱり入門レベルでいいから、ある程度一通り発達障害について知識を持って、その上で自分を語るようにしてほしいなと思うのです。


そういう意味でこの本は問題点の整理の部分はマンガになっていてわかりやすく、何度も読み返しやすい。

単に「発達障害はこんなに大変」ではなく、「発達障害者なりにこうしよう」という前向きな姿勢で書かれているのも良い。

やっぱりわかりやすくて、気分が軽くなるようでないとなかなか読みたくならないですよね。 そういう意味でこの本はとてもおすすめです。



「オススメです」だけだと私はしょっちゅう言ってるので(どれも本心から言ってますが)どのくらい凄いのかわかりにくいですよね。

なので、この本に関しては何回かにわけて特にこういうところがいいよ!ってのを紹介していこうかなと思います。



お子さんをお持ちの方にはこちらの本をおすすめします。 この本も記事で説明しているとおりとても良い本です。

高いので、まず一度図書館で内容をチェックしてみて、気に入ったら家族で共有してみる、というような使い方が良いと思います。

コミケを特別視していい時期はもう終わった

「解決策」といっても、がいろいろありますよね。

参加者目線にこだわると、教育的解決しか思いつかない、それしか言い出せない空気が有るけれど

他の選択肢がコミケにも適用されるということを想定したほうがいいんじゃないかなと思ったりしています。

続きを読む