この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

今更だけど「白ハゲマンガ」という言葉をはじめて知った

いまさらだけど「白ハゲ漫画」という名前を初めて知った

はてなブックマーク - ムカつく漫画を教えてください

twitterで書かれている説教系の漫画全て

特に読む必要のない自分語り(ここは読み飛ばしてもらって大丈夫です)

私は10年以上前、「NTR(寝取られ)」という言葉や概念を知らなかった。

そのため、この言葉を知っている人からすれば「はいはいNTRNTR」で済むような作品を見て「なんだこれは、なんで作者はこんなことをするのだ。ひどいじゃないか」と無駄に混乱し、混乱したまま長文でその感想を批判的に書きなぐったことがある。


親切な人がいて、私に「いい言葉を教えてあげましょう。こういうのは寝取られというのです。そういうジャンルがあるのです。そういうのが好きな人がいるのです。善し悪しではなく、タイプの違いなのです」ということを教えてくれた。


それ以降、NTRという属性の存在を認知し「私はそんなに好きじゃないけど、それは好みのタイプの違いなんだ」と認識することで、同系統の作品を悪く思うこともなくなった。

こういう言葉を誰かが生み出していなければ、あるいは私がこの言葉を知らなければ、今でも雑な印象批判をNTR作品に対して行っていたかもしれない。


ここで大事なことは「期待値を自分の内部でコントロールすること」の重要性だ。ネットで人気の表現でいえば「not for me」の精神だ。

面白くない作品は面白くないと言わず「not for me」と言うべき - Togetter

加えて、なぜnot for meなのかを添えてもらえると選ぶ人・勧める人・作る人にとってすごく価値のある情報になるね。

日本人の大多数は本気で「絵にうまい下手はない」「絵が上手下手に見えるのは自分が好きか嫌いかだけ」とか言い出しちゃうくらい「自分の感情が絶対」だという宗教に洗脳されてるから、この考え方を理解できない

「She's not for me」彼女のことは好き?嫌い? | KOTANGLISH | 日本ワーキングホリデー協会

はっきりと意図を伝えるのであれば、「She is not my type (彼女はタイプじゃないんだ)」「I’m no match for her (自分じゃ釣り合わないよ)」などストレートな言い方をした方がいいかもしれませんね

「not for me」だけだと角が立つので、あわせてなぜ自分には合わないのかを簡潔に説明・理解できる「NTR」のようなワードがあると、個人的にはとてもはかどる。

もちろん「not for me」と理解していようがそれとはそれで自分がむかついたら批判していくのは全く変わらないのだけれど、こういう概念を持っていることで、怒る価値すらないが自分の中でうまく処理できなくてモヤモヤしていたものを「not for me」として処理できる効率は間違いなく上がるだろうと考えている。



と、くっそ長い前置きを書いた後で、ここからが本題です

f:id:tyoshiki:20171110220349j:plain
(©蜷津直「センチレンタル少女」)

続きを読む