この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

「ゆるキャン△」の原作買いました、あと「FateEXTRA CCC」クリアしました。

ゆるキャン△」については週末に読んでアニメと合わせて感想書ければいいなーと思ってます。それはそうと昨日書いた記事の感想ブクマでいろいろ作品を紹介されてしまった。(嬉しいけど!すごく嬉しいけど!)どれも読みたくなってしまい、でも時間が全然無いので困っている……。

ゆるキャン△ (6) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

あfろ 芳文社 2018-03-12
売り上げランキング : 8183
by ヨメレバ

と、いいつつちびちびやってた「FateEXTRA CCC」がようやく一人目のCCCエンドに到達しました。この作品も終わり方美しいと思います。

この作品は本番extraに対する、ホロウアタラクシア的な位置付けのはずなのですが、extraの場合、本編よりこっちの方が圧倒的に良いです。
前作FateEXTRAの薄さや残念さ*1は、あくまでこの作品の為の前振りだったんですねと勝手に納得してしまうレベル。このCCCまでプレイして初めてEXTRAという作品をやったことになると思います。


まぁFGOのせいでラスボスの正体を知っていたので、その点では白紙の状態から楽しんだ人より楽しみ方は薄くなってしまってるでしょうが、それでも十分面白かったです。

まずキャラゲーとしての格が★1から★4~★5くらいまで一気に上がったよね。とにかくFateEXTRAと違い、どのキャラクターも非常に魅力的になっていて驚きました。特に前作は「トーナメントバトルの敵」ということで、ユリウスやレオを除いては当て馬感が強くただのカカシのようにすら見えるほどキャラが薄く感じられた男キャラが、サブキャラクター一人ひとりまでしっかりしている。臥藤門司もいいけど、慎二くん好きやわー。それを受けて、主人公であるザビーズも、FGO主人公であるグダーズに負けず劣らずの「完全無欠の主人公ぶり」を発揮しており、両者の相乗効果によって、大変もりあがりました。
ヒロインの可愛さもいうに及ばず。FGOだとメルトリリス無双だったけど、こちらだとBBちゃんがとにかくかわいかった。ラスボスのあの人も、アンデルセンとの憎まれ口の掛け合いがとてもグッドでした。なるほど、だからFGOでやたらアンデルセンファンが多いのね……ようやくわかりました。


ストーリー本筋についても王道の王道を往く展開で満足度が大幅に高まっています。

まず対立していたはずの主人公チームとBBちゃんたちだけど、最後の最後で「実は……」ってなる展開は、BASARAみたいな王道で非常に素晴らしかったです。やはり菌糸類先生におかれましては、誰かを倒して生き残るという「ぼくらの」方式よりも、不利なところから周りの人間の支えを受けながら這い上がる方式の方が好みなのでしょうか。私も好みなので全く問題ありませんが、現在のFGO第二部の先が少し不安になりますね!
演出面においても「シークレットガーデン(他人の隠している心を暴きたてる)」システムや「恋と愛と現実」の三つ巴関係をガチガチにストーリーに絡めてくるなど、ギャグ要素で多少中和されているとは言え、視覚要素を抜きにしてもちょっと「精神的にエロすぎ」であり、おっさんとしてはちょっと刺激が強かったです。

とにかくfateシリーズはアガペー(神視点での愛。アルトリア王、アインツベルン、切嗣、言峰綺礼、エインズワース、トワイス・ピースマン、ゲーティアなどがいろんな形で示してくる)に、エロス(個人的・低俗な愛。目の前の人間が何より大事)が勝るという展開になるのはお約束ですが、別にエロはいらんやろw



……なんというか終わったばかりで頭ぐちゃぐちゃしてるくせにあれもこれもしゃべりたい状態になっておりますが、まだ1キャラしかクリアしてないので、またダラダラと潜りたいと思います。EXTELLAとかも本当はやりたいけどキリがないから自重しなければ。

すごいな。Amazonだと中古が完全に売り切れておる。たまたまブックオフで買えてよかったっす。カネに困ったら売ろう(マテ)

*1:ラスボスのマスターのサーヴァントは出落ちでくっそ笑ったけど

個人的に終わり方がめちゃくちゃ好きなマンガ5つ

漫画と「広げた風呂敷が畳めない」という話~たとえば浦沢直樹を中心に。 - Togetter

と言うのを読んだので、まとめ中に挙げられているマスターキートンとかハガレンはもちろんすごいけど、それに負けずとも劣らず私がこの作品の終わり方すごいぞ!と思ってる作品を紹介。

適当に思いついたら追加していきます。当然この辺りの作品は私の中でほとんど★5作品です。


とりあえず五作品。

うしおととら

白面の者がめちゃくちゃ好きなんだよなあ。過去記事も書いてます。
「うしおととら」 みなさんにとって印象に残ってるラスボスって誰ですか? - この夜が明けるまであと百万の祈り
敵だから倒すと言う発想では絶対に勝てない相手。自分が子供の頃には難しかった。ネットで喧嘩してるやつに全員これ読ませたい。

うしおととら 完全版 20 (少年サンデーコミックススペシャル)

藤田 和日郎 小学館 2016-12-16
売り上げランキング : 105848
by ヨメレバ

エビアンワンダーReact

まどか☆マギカの数年以上前にこの領域に行き着いてたというのはもっと評価されるべきだと思うんだよなあ。どちらの作品の脚本も見事だと思うけど、まどかはある種ほむらという反則を使っている。だからこそ可能な物語だが、こちらの作品は、そういう反則技は使えない。だから悪魔も納得せざるを得ない道を見出す。この対比が面白い。

というか作者のおがきちかさんの現在の作品である「Landreall」はこの作品を読んだ後に読み始めると本当にめちゃくちゃ面白いからお願いだから読んで。学生騎士団のところまできたらマジでやめられないと思うの。

エビアンワンダーコンプリート (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

おがき ちか 一迅社 2014-10-25
売り上げランキング : 100393
by ヨメレバ

Landreaall30巻 30巻にしてはじめて「ランドリオール」の言葉の意味が! - この夜が明けるまであと百万の祈り

チキタ★GUGU

ものすごく可愛い絵と裏腹に恐ろしく残酷な世界を描いている。途中に心温まるエピソードや友情も描かれるが、そのあとで明かされる真実は恐ろしく残酷なものだ。同情すべき過去があろうが、とある人物に残されるのは苦しみながらの死だけである。しかし、そんな作品なのに、読んだあとに人を愛おしく思える終わり方になっている。鍵っ子には悪いけど個人的にはAIRよりも好きなくらい好き。
チキタは2014年に新装版が最近出たそうです。新規描き下ろしもあるそうなのでまた買おうかな、、、

チキタ★GUGU8巻 - この夜が明けるまであと百万の祈り

TONOさんの作品はどれも好き。とりあえずカルバニア物語は読まずに死ぬのもったいないレベルなのでみなさんも読みましょう。
「カルバニア物語」まだ読んでない人が羨ましくなる作品 - この夜が明けるまであと百万の祈り


ヴァンパイア十字界

ネタバレ厳禁すぎてとにかく読めとしか言えない。原作者は「スパイラル」や「絶園のテンペスト」「虚構推理」などで知られるミステリー作家の城平京さん。そんな作者が手がけたファンタジー作品ということで、二重にも三重にもトラップが仕掛けられている。最後の真実を知ったら多くの人は驚くと思う。

ちょっとだけミスリーディングも兼ねたネタバレをすると、いっときの出会いが全てを変えるお話。幽☆遊☆白書で、魔界最強だった浦飯幽助の親が、とある女に惚れてしまってから一切人を食わなくなって餓死すると言う話があるよね。あれがグッとくる人にはこの作品はさらにすごい展開くるので是非読んでみて。

誰にも理解されず、誰からも恨まれ、死を願われ、何十年もの間苦しみに耐えながら、それでもしぶとく生き続ける男が何を考えていたのか。絵があまり上手くないので最初の方だるいと思うけど、最後の真実が明らかになった時、涙をこらえることができなかった。
余談だけどブリジットがめちゃくちゃ可愛い。

ヴァンパイア十字界 9巻 (デジタル版ガンガンコミックス)[Kindle版]

城平京,木村有里 スクウェア・エニックス 2013-12-06
売り上げランキング : 94325
by ヨメレバ

「虚構推理」5巻 - この夜が明けるまであと百万の祈り

コミック版 秒速5センチメートル

先に記事を書いてあったのでこちらをご覧ください。

これについては、好き嫌いが分かれるところだと思います。私の好みを伝える上でわかりやすいかなと思います。


追加1 貧乏神が!

作品そのものの評価がものすごく高いわけではないのだけれど、終わり方の盛り上がり方がほんと好きで好きでしょうがない。
私、この作品の主人公である桜子がめちゃくちゃ好きで、この子が最後に幸せこらえきれずに全力疾走してる姿が見れて大満足です。

追加2 僕だけがいない街

アニメ素晴らしかったですね。でもアニメだけの人は原作も是非読んで欲しい。両方見ることでより楽しめる作品です。この作品に関しては原作厨と言われてもいい。

僕だけがいない街」という言葉の意味が微妙に違うのですが、私は犯人について掘り下げてる原作がものすごく好きなんですよね。アニメでは描かれない恋愛を越えるレベルの結びつきに悶絶します。下記記事は犯人のネタバレあるから未読の人は注意ね。

追加3 「紫色のクオリア」コミック版

あえてコミック版推しです。コミック版は原作からちょっとだけ先に進んだ描きおろしが有るため。これがまたとても良い。
短い作品ですが、他の作品よりも遥かにスケールがデカいところまで話を広げます(宇宙レベル、万物理論レベル)それでいて、終着点はとても身近なところに畳み込まれます。「お話を美しく畳む」と言う意味ではこの作品はかなりポイント高いのではないでしょうか。


おまけ ランス10

マンガちゃうやんけ、なのだけどやっぱりこれは紹介しておきたいので。

完結したファイブスター物語。この作品が終わるまでは死にたくないと本気で思ってた作品。29年かかったとは言えまさか本当に終わるとは思わなかったし、終わり方は期待を余裕で超えてくれた。えろすけの評価はあのシュタインズゲートYU-NOを上回っているのはもっと知られていいと思うンゴ。

この作品は20年以上前に年表(鬼畜王ランス)が出来上がっていた。この年表で示された世界の壁はあまりにも強大で、ランスと言えどもこの時は妥協的な終わり方しかできなかった。正史においても同じような歴史をなぞるしかないんかなあと思ってた。
しかし、ランスがきっかけで目覚めたキャラクターたちが自律的に戦い、ランスも鬼畜王ランスを越える活躍と無茶苦茶な行動をやりまくった結果、当初の想像を大きく上回る地点に到達した。

完結するまでは本当に色々あった。シリーズ全部で10作品だが、7で非常に高い評価を受けたものの、8や9での評価は芳しくなく、ファンも不安を抱えたまま最終作を迎えた。10も最初のあたりは文句を言う人が多かった。しかし最後の最後で全てをひっくり返し、多くのプレイヤーをうならせたその終わり方は最高でした。

この作品の終わり方を見ていると、エンタメに、綺麗に風呂敷を畳むこともすごいけど、必ずしもそれは必要ない。とにかく最高の終わり方を見せてくれればそれだけでいいと断言できる。