この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

ちょっと待って、それ本当にZOZOの話をしてるの?

まだ身体の調子悪いので軽めに書きますが。

note.mu
確かに、ネットやってるすべての人は「ファクトフルネス」という本、ちゃんと読まないといけないかもしれないです。もちろん、私も。




というのも、自分の記事も全然だめなので人のこと言えないのだけれど、今日ホッテントリに上がってたZOZOの記事がなんかもういろいろとヤバイ。

まず最初に思ったのはこの人と同じ感想。

この内容で財務諸表の数字が一切出てきてないんだが、正気か?

筆者の人はあくまで藤田なにがしさんがそう言っているという考えを紹介しているだけで、
筆者自身はZOZOについてこうだとは断言してないっていうのかもしれないけれど。
いやいや、途中から明らかに藤田さんの前提に乗っかって話してるよね。



で、はてなブックマークの人たち、それに対するつっこみが極端に低いどころかそのまんま受け入れてるよね。
なんだか「検証されてない前提の伝言ゲーム」みたいになっててなんだか心がざわつく感じがしました。



「ZOZO」の名前を使って、みんなが勝手に「ぼくのかんがえたZOZOっぽいもの」について好き勝手なことを言ってるだけ。
ja.wikipedia.org



こんなんでまともな意見が出てくるかというと、
それこそチンパンジーに書かせた文章がベストセラー小説になるかどうかみたいな話になっちゃうと思う。




そもそも「ZOZOの利益=非正規雇用からの搾取」VS「私財のバラ撒きは自由」という対立軸の設置も意味がよく分からない。
正規雇用から搾取せず十分な給料を払ってる企業があったとしてそういう企業は私財のばらまきをしないの?

こういうことを全然全く考えてないようにしか読めないんですよ。




何をどうしたらこういう文章が生成されるのかその理路がよく理解できない。
認可保育園の記事の時は、あれも結論ありきといえばありきだったけれど、それでもデータ調べて書いたりしてたじゃないですか。なんでこんなことになってるんだ。 よくわからない。





別に、完璧に記事書けとかいう話じゃなくて、記事すごくぎこちないよね?
そのぎこちなさを無視して、全面的に記事に賛同してる人が多いのがすごく気持ち悪いんですよ。
この人たちは本当に私と同じ記事読んでるのか?って思ってしまう。




この記事についてるはてなブックマークの反応見てると、ハンス・ロスリングの講演のセリフがもろに当てはまると思う。

f:id:tyoshiki:20190111203442j:plain
問題なのは無知ではなく先入観なのです
ハンス・ロスリング 最高の統計を披露 | TED Talk



ちなみに、冒頭の「ファクトフルネス」の記事を読んでる人は冷静なブックマークが多かったです。
fut573.com



逆に言うと、それ以外の人って、まだ徳力さんの記事事読んでない。読んだほうがいいと思いますよ。


私は結構「何を言ってるかより誰が言ってるか」を重視するほうですが、はてブの人はいくら何でも「誰が言ってるか」だけで考えすぎ。もうちょっと何を言ってるかを自分で考えよう。




いきなり本読むのきついからまず動画から始めよう。

www.ted.com

イケハヤさんの脱社畜サロンでボヤ騒ぎが起きてる件の簡易まとめ

①~③を把握されていない人がいるようなので一応まとめておきます。

togetter.com

①正田圭さんが運営されているthe pediaというメディアの記事がひどすぎると話題に。
②正田圭さんという存在に対する疑問が湧き上がる。
③正田圭さんが参加している脱社畜サロンに注目が集まる。
④えらいてんちょうさんが正田圭さんのM&A経歴がウソなのではないかと告発するnoteが出る。
山本一郎さんが反応し、この正田という人はイケハヤさんから出資を受けているズブズブの関係であることなどを指摘。
⑥イケダハヤトさんがすぐに山本一郎さんをブロック。
山本一郎氏その後も正田圭についてチクチクと攻撃。山田真哉さんや幻冬舎の箕輪さん、その他正田さんをメディアで持ち上げた人などをリストアップ。
⑧関係者として名指しされたさおだけ公認会計士山田真哉さんが登場して火消しを行うもソレじゃない感。


togetter.com
⓽一方えらいてんちょうさんと正田圭さんが深夜にバトルを行っていた

という構成です。

さらにサロン生の中にも疑義を呈する人が出てきましたが、イケダハヤトさんはこうした当たり前の疑義を呈する人をクレーマー扱いし、ブロックして回っています。

このイケハヤさんの対応を見て田端さんやふろむださん、サウザーさんなどが出てきてイケハヤの態度をたしなめるも、引くに引けなくなったイケハヤさんは全て突っぱねてしまったようです。

なんかポエムみたいなものを書いてごまかそうとしているようですね。信者さんはこんなんでもイケハヤを信じるしかないのであと1・2ヶ月は持つんじゃないでしょうか?合宿実施できたらすごいメンタルやなって思います





つまりいまさら信頼度もクソもないイケダハヤトさん(もう完全にポジションが3段階くらい劣化した川島さんみたいになってしまいましたね)が、脱社畜という看板に集うような人たちをだまくらかして小銭を稼いでるだけならスルーしてもらえたかもしれないのに、

正田さんという人が、明らかにサロンのレベルに不釣り合いな経歴を引き下げて登場し、挙句その肩書の割に、自分の運営するメディアではプロから見たらあまりにも無知な記事を垂れ流していた(書いたのは別の人ですが)せいで、本当のプロの人たちに見つかってしまった。


やりすぎてしまったんですね。


その結果、怖い人がやってきて、オウ、お前どこのシマのもんじゃ? うちらの界隈で正田なんちゅうやつは聞いたことないぞゴルァ。 儂らのモンモンに泥塗るようなマネをしてたとしたら、どうなるかわかっとるんじゃろうな?

という激詰め案件が発生しているようです。現時点で少なくとも3ケタ億の案件の実績があるというのはウソであった。情弱相手だと思って設定を盛っていたというのは確実だとえらいてんちょうさんは断定しているそうです。詳しくは上のまとめを見てください。
私はもちろん正田さんが本物である可能性は存在すると信じていますが、他の人たちの印象は良くないようです。



正田さんはいろんなエンジェル投資家からお金を引っ張ってきてい実績があるたみたいです。イケハヤさんも出資してるとスクショを張ってる人もいます。でも、イケハヤさんと絡んだのが良くなかったかもしれませんね。イケハヤさんやはあちゅうさんの商売に引っかかるような人は何やっても信じてくれそうなので、そんなに大げさなプロフィールは必要なかった。逆に、正田さんが本物なら、こんなショボくてネームバリューが落ちる商売に首を突っこんだあげく、講義の内容の目録がしょぼすぎたことなどから、いままでの輝かしい実績の看板も嘘なんじゃないかと疑われることになってしまったと考えられます。

もし正田さんが本物で、お金に困ってないならこんなリスクのあることする必要もメリットもないはずなのに、なんでイケハヤなんかと組んでしまったんでしょうか、、、確かに正田さんの運営されてる会社は結構な赤字ですが、まさかサロンで金稼がないと行けないほど困ってるはずもないわけですし、私は正田さんが本物である可能性の存在を信じてるので正田さんが今回のような行動をされた理由がさっぱりわかりません。


それはそうと、仮想通貨バブルの絶頂以降、その勢いに陰りが見られるイケダハヤトさんですが、炎上系YouTuberとしてラファエルさんとのコラボして利回り3ケタ億%の案件を紹介してくれることをお待ちしております。