この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

2017-04-02から1日間の記事一覧

「女性のため」に女性を抑圧したり教育しようとする男たち

カルバニア物語10巻より。 中世の、しかも貴族の話だから別に今の話ではないのだけれど。 タンタロット公爵の一人娘エキューは父のあとを次いで公爵になることを強く望んでいた。しかし周りの親族は彼女の能力を認めつつも彼女が家をつぐことには強く反対す…

親という存在について

カルバニア物語3巻より。記事書いたら読み返してとまらなくなってしまった、、、 私たちは親が決めたいいなづけ同士だった。 しかし私は優しいプリシラをひと目で好きになって。 ずっと二人、一緒に生きていくんだと思っていた。だからプリシラがお前を身ご…

「カルバニア物語」まだ読んでない人が羨ましくなる作品

まわりみちをしても、まっすぐあるいても。 どんな道の傍にも、花は咲いている。 あなたが気づくのなら…… 中世的な世界観の中に若い女王「タニア」が統治するカルバニア王国という国がある。この国の公爵の一人娘「エキュー」を中心に展開される物語。トップ…