この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。当ブログでは記事を読まずにはてなスター頻繁につけに来る人はお断りです

【スポンサーリンク】

✩✩

「誰でもないところからの眺め」  おそるべきノマド(遊動民)ウイルス

個人的にはかなりぐっと来ました。 『誰でもないところからの眺め』特設サイト - いがらしみきお/太田出版いがらしみきおさんの作品。東日本大震災から数年後(2014年5月)の宮城県を舞台にしたフィクションです。「アイ(i)」「かむろば村へ」などを…

「やさしいセカイのつくりかた」  モラトリアムという苦しい期間の生き延び方

「子供の頃はこの世の不条理にさえ何か理由があって、大人になればなんだって理解できるようになるって信じてた。だからはやく大人になりたかった。けど、大人になった今でも理解できないことは増えていく一方だ。だからオマエも急いで大人になる必要なんて…

「イムリ」「アンゴルモア ~元寇合戦記~」など10月に読んだマンガ

シリーズ物の続巻などは除きます。新規に読んだ作品、読み始めた作品などを記録します。 今月はどの作品も面白かったです。

「QUO VADIS」  めちゃくちゃおもしろい

人間はすでに命の木に手をつけた。怒った神が我々をどうするかは計り知ることはできないがたったひとつ確実なことは、我々人類は、かえるべき楽園を永久に失ったということだ。 QUO VADIS~クオ・ヴァディス~ (16) (バーズコミックス)posted with ヨメレバ佐…

「コウノドリ」3巻  自然分娩にこだわる女性の話が良かった

助産院はサービス業です。医療行為は行えないの。お産が順調でなくなった場合は、私達では適切な処置ができなくなる。私はあなたのベストな出産を支援するためにできる限りのことをするけれど、医療の介入が必要だと判断したら躊躇なく提携先の病院の協力を…

「ヴィンランド・サガ」 アルネイズの問い

「人が自殺しないためのメカニズム」なんて機能しようがない。あまりに強い絶望。 長く苦しい旅だった。 でも、その苦しみももうすぐ終わる。みんな死んだわ。私の大切な人はみんな。 これ以上生きて、何になるの? なぜ生きなければいけないの? 苦しいばか…

「俺の答えがお前の答えとは限らないぞ。お前の答えはお前が自分で見つけろ」

他人の意見を必死になって否定せずにおれない時がたまーにある。なんかそういう時って、自分が似たような問題を抱えてて、 自分は違う答えを持っているというか、違う答えが欲しい時なのかもしれないね。特に、自分が何かを現実の壁に敗れて諦めてしまってる…

「アニメがお仕事!」 アニメって本当にお仕事ですか?

この作品私の中では「好きすぎる」部類に入り、名言オンパレードなので語りだすときりがないのだけれどできるかぎり簡潔に。 アニメーターになったよ。夢がかなったよ。 誰かに見せるために絵を描いているよ。 誰か…誰かって? 私を知っている人からは笑われ…

「凡庸な悪」あるいは「透明な存在」について

己のささやかなプライドを大事にする。それさえできれば、結構人生に満足できると思う。今はまだ全然できてない。

「papa told me」 20巻

記事の書き方がわからなくなってしまったのだけれど、これ以上間を開けるともうブログそのものの更新ができなくなってしまいそうなので今日のところは過去のマンガメモ引っ張りだして無理やり更新。

「ワールドトリガー」

最初の2巻分くらいはまだおもしろくなかったです。ですが3巻からやたら面白くなってきてすっかりハマってしまいました。今期アニメでは「蒼穹のファフナーEXODUS」がめっちゃ面白いと思っているのですが、その作品と並んで今かなりオススメしたい作品。

Under the Rose 8巻

ひきつづきUnder the Roseの話。8巻まで読み終わった後、いろいろと気になって最初から2周してしまいました。すごく面白かったです。すでにご存知かもしれませんが(私が知ってることは何でもご存知なのではないか、というイメージが有る)うみねこが大好…

気持よく自由を楽しむための「めんどうくさい」だってあると思う

完全に自由であるよりも、ある程度制約があって、それを乗り越えよう。そのための手段は自由だ、って言われたほうが 私はより自由を感じるし、楽しめることが多いです。 自由を楽しむためには、「目的」や「手段」において、なんらか縛りプレイがあった方が…

「ネムルバカ」

前から「駄サイクル」の元ネタだということは知ってたけど読んだの初めて。 外天楼は好きだけど、それ町があわなかったのよね…。 でもこの作品は面白かった、好き。

”ありのままの私” を受け入れられるのは自己肯定がLV3になってから

自尊感情と自己肯定感に関するメモ。

「じゅういちぶんのいち」18話  御手洗 恭輔

この作品、アニメ化するときは、これを第一話に持ってきてほしいな。

「俺のつらさは体験した人でないとわからない」への処方箋  「スキエンティア」

確かにそうかもしれない。 よしわかった、「理解しよう」「理解できる」という思いあがりはやめる。 じゃあ、その上で、お前がどうして欲しいのか、どうしたいのか、 他人に対して理解ではなく、何を求めるのか、それを言ってくれ。 それを叶えられるかどう…

鉄風

なんだこれ素晴らしすぎる。 コンプレックスものや復讐劇としては「累」のほうが視覚的かつストーリー要素が強く読ませる作品だと思うし深層心理だの人間の狂気がどうだの、という話だと「KNIGHTMARE MAKER」の方がわかりやすいし、総合格闘技者ものとしても…

「球場ラバーズ」  戦うべき「敵」のことを知り、仲間の存在を知れば、少しは生きる力が湧いてくるかも

球場ラバーズ2巻読んだ。野球そのものというよりは野球ファンの物語。もしかしたら野球ファンから見たら、野球以外の話って野暮なのかもしれないですが 私は野球全く興味ない人なので、野球ファンの話も楽しんで読めました。私は「バクマン」より「重版出来…

高杉さん家のおべんとう

子供に「何で勉強するの?」と聞かれたら、どう答えますか? | シンプルライフなぜ勉強した方がよいのか - 指揮者だって人間だ子供の「何で勉強するの?」に答えるのは、本当に難しい。 - いつか電池がきれるまで とりあえず自分の考えは別に書くとして、 本…