この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

マンガ

自分が好きなマンガ作品リスト(2009~2014)

私の人生トップ3はこの3作品です。この3つを自分の中で超える作品と出会いたいなと思っていろいろなマンガ読んでます。1位 星の時計のRiddle2位 いいひと。3位 PAPA TOLD ME星の時計のLiddell (1)posted with ヨメレバ内田 善美 集英社 1985-09 Amazon…

「オフィス北極星」7巻 日本人の孤独

「俺に、彼の考えていたことを正確に君たちアメリカ人に説明できるくらいなら、こんな事件そのものが起こりはしなかったさ」

「オフィス北極星」 リスクコンサルタントが主人公の話

文化コードの違いによっては男の女性に対する振る舞いは犯罪にすらなるという話 - この夜が明けるまであと百万の祈り でも触れましたが、この作品は私の中では★5(自分の価値観に影響があるレベル)ですごいお気に入りです。「勇午」の作者が原作なので、「…

竜騎士07原作のですゲーム「恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせが来る頃に」

<評価 ★2 分量が少ないので今後に期待> タイトルだけ見るとアレですが、原作者は竜騎士07です。そして表紙を見ればわかるように、ダークな雰囲気の作品です。恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に(1) (シリウスコミックス)[Kindle版]竜騎士07…

掟上今日子の備忘録 5巻

<評価★2 眺めてるだけで幸せになれる> この漫画は女の子のかわいさをお楽しみいただくため 邪魔にならない程度のさし障りのない会話をお楽しみいただく漫画です(じょしらく) この作品、ドラマ化してたそうで、ええ、もう女優さんの魅力がこの上なく活か…

「虚構推理」5巻 

<評価★4.5~5。強くおすすめ>この作品読みながら、もしかしたらと思って「うみねこ 虚構推理」で検索したら、やっぱり私と同じことを考えている人が多かったですね。この作品が、「うみねこがなく頃に」を洗練させた幻想バトルを描いている作品、という印…

「君死ニタマフ事ナカレ」4巻

<評価★1 現時点ではあまりおすすめしませんが私は継続して読みます>私が好きな作品「クロノクルセイド」「ワールドエンブリオ」の森山さんの新作であり、かつ今回は原作をヨコオタロウさんが担当。 『ドラッグオンドラグーン』シリーズ、『NieR』シリーズ…

「星野、目をつぶって」5巻

<評価 主観では★5、客観的にも★4つけたい。オススメ!> 「星野、目をつぶって」面白かったので5巻まで読みました。 加納ってキャラの扱いどうするつもりやんやろ、、、ポジション的にはここが主人公の根源、fateにおけるセイバーみたいなポジなので、そ…

「星野、目をつぶって」感想

なにこの作品めっちゃ好きなんですが。しかもこれサンデーじゃなくてマガジン連載なの? サンデーなにやってんの? ああでも、マガジンだからこそいいのかもしれない。この作品もベイビイステップよろしく、長く続く作品になってほしい。 いきなり他の作品名…

「お前ら全員めんどくさい!」 5巻

<評価★2~3 個人的にすごい好き> 学校の先生をやってる主人公がなぜかめっちゃ可愛い女の子の生徒にモテモテ、というとてもシンプルなハーレムものです。「亜人ちゃんは語りたい」のように上手なエクスキューズがあるわけではないので、オタク以外には受…

かむろば村へ(ジヌよさらば)

<評価★4 テーマに興味がある人は必読>非正規雇用者のサイレント革命(原案) - ニャート読みました。これ読んでて「ヤマギシズム」を想起する人が多いようですが、私は「かむろば村へ」と「花咲き山」を思い出しました。 上の記事は別に資本主義や貨幣を…

「バイオレンスアクション」「デイドリーム・ネイション」

※10点満点で個人的な好みと、他の人へのおすすめ度をつけます。 ※一記事につき5作品になるまで追記します。 ①「バイオレンス・アクション」 (個人評価7点。他人へのおすすめ度6点。続きはすごく読みたい)殺し屋の少女が主人公の物語。バイオレンスア…

「クロックワーク・プラネット」

アニメ1話の評判は悪いですが、実はfateファンにオススメの作品。主人公は機械オタク。機械のことが好きすぎて、周りからは馬鹿にされているけれどそんなことが全く目に入らないほどにのめり込んでいる。ある日空から降ってきた棺の中に眠る機械じかけの少…

「早乙女選手、ひたかくす」

今でもマンガはコンスタントに読んでいたりするのだけれど、一作品ごとに2000字~3000字で感想を書こうとするとなかなか手がまわらないので、今後はとにかくメモ程度でもいいから記録をつけていくようにできればなーと思ってます。 というわけでサク…

ゆらぎ荘の幽奈さん カラー版1巻

漫画のカラー化に魅力を感じますか やまなしなひび-Diary SIDE- 基本的にはカラーより白黒のほうが好きだと思います。以前ためしに、私が好きな「ジョジョの奇妙な冒険」や「脳噛ネウロ」のカラー版をよんでみたことがありましたが、「絶対に白黒のほうが…

「ガンダム鉄血のオルフェンズ」と「乙女戦争」

「乙女戦争」は、「フス戦争」で滅びたフス教徒たちが主人公の物語なのだけれど、オルフェンズ見終わった後に乙女戦争を読むと、まさに今後フス教徒のメンバーがたどる道筋がしのばれて今からとても悲しい気持ちになりますね(´・ω・`) 【鉄血のオルフェンズ…

「カルバニア物語」まだ読んでない人が羨ましくなる作品

まわりみちをしても、まっすぐあるいても。 どんな道の傍にも、花は咲いている。 あなたが気づくのなら…… 中世的な世界観の中に若い女王「タニア」が統治するカルバニア王国という国がある。この国の公爵の一人娘「エキュー」を中心に展開される物語。トップ…

「憂国のモリアーティ」

理想のために人を殺せる? あのモリアーティ教授を理想主義者として描く。それでも決して「正義」としてではなく「悪」として描く、というところが良いですね。 イギリス貴族社会は悪い文明 まぁこの時代のイギリス貴族ほど悪者として描きやすいものは珍しい…

チキタ★GUGU6巻  バイエのこと

この作品に登場する人物のうち、人殺しでありながら、ラー・ラム・デラルやクリップや、ニッケルのことは理解できる。そして好きにもなれる。そういう風に描かれている。そういう作品ではあるけれど、その中で、一人だけ理解を拒み、かつすきになれないキャ…

チキタ★GUGU8巻

けものフレンズ11話のラストシーン見てたら、かばんちゃんの姿とチキタ★GUGUのニッケルが被ってみえて涙が出てしまった。

「とある科学の一方通行」 しばき隊は「悪党の風上にも置けないクソ」なのだろうか

「DA=Disciplinary Action。アンチスキル内の互助組織みたいね。 と、まぁ建前はそうだけど実際は秘密結社……しかも相当たちが悪い」「悪党の風上にも置けないクソだってことはよく知ってる」 「そう、彼らは彼らの言う正義の実現のためには手段を選ばない。…

「チキタ★GUGU」5巻 善良な大量殺戮者ペトラス皇帝

私はこのブログのトップページに自分の好きなマンガを★5~★1で評価付していますが、このマンガは★5のマンガです。すべての人にオススメしたいくらい好きな作品ですが、好きすぎて一から十まで全部語りたいという気持ちがあり、未だに紹介できてません。★…

「無能なナナ」 るーすぼーいのお家芸「どんでん返し」が炸裂する

18禁ゲーをやっている人なら「るーすぼーい」はご存じの方が多いと思います。「車輪の国」シリーズや「G線上の魔王」「ぼくの一人戦争」など、独特の世界観描写と叙述トリックを用いたどんでん返しで人気が高いシナリオライターさんです。実はラノベも出して…

「いつか私は、君を裏切る」 日常の謎ミステリ☓クレイジーサイコレズ

人は簡単に人を裏切りますよ。自分の為ならね 作品でやっていることは「氷菓」や「ビブリア古書店」よろしく日常の謎ミステリものです。しかし、この作品を独自のもの足らしめているフレーバーの部分がかなり濃い。合わない人には致命的に合わないでしょうが…

「マンガ世界の歴史がわかる本シリーズ」が個人的に結構お気に入り

森友学園と発達障害の話から抜け出て本来の路線(マンガ感想など)に戻ろうかなと思います。最近は中世~近世ヨーロッパの歴史あれこれ読むのが楽しいなとおもってます。シェイクスピアの百年戦争近辺の物語とか「境界線上のホライゾン」とかを読み始めて、…

「ママ友がこわい」「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」

一つ前の記事で「保育園に子供を通わせる保護者の心の闇がこわい」みたいな話をしましたがそれに関連して。ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望 (コミックエッセイ)[Kindle版]野原 広子 KADOKAWA / メディアファクトリー 2015-08-28 売り上げラン…

「文句のつけようのないラブコメ」 女の子さえ可愛ければ文句なんて無いよね?

この漫画は女の子の可愛さをお楽しみ頂くため邪魔にならない程度の差し障りのない会話をお楽しみいただく漫画です (「じょしらく」) という名言があります。言われてみたら、男の読者がラブコメを楽しむのに、女の子がかわいい(と思えること)以上に必要…

安彦良和版「ジャンヌ」が素晴らしかった

ココ最近「百年戦争」に関するマンガや新書を読んでいるというお話は前にしましたが百年戦争(1339~1453)について描いているマンガ - この夜が明けるまであと百万の祈りその関連で「ジャンヌ・ダルク」関連のマンガや本もいろいろと読んでるところですが、…

男女論がこじれると相手をけなすために西野カナが持ち出されやすい風潮

http://anond.hatelabo.jp/20170218002240 「出かけるのが気に食わなかった?」「(出かけたことで夫を)ないがしろにされてるようで嫌だった?」「仕事疲れてるの?」と聞いても、「そんなこと聞きたいんじゃない!」と言う。「一体何を言ってほしいの?」…

百年戦争(1339~1453)について描いているマンガ

最近読んだマンガ「乙女戦争」がとても面白かったです。結末を知っていると切なくなりますが、それでも続きが気になって仕方がない。このマンガをきっかけに、14~15世紀のヨーロッパにに興味が出てきたので同時代について触れているマンガをいろいろ探…

「政宗くんのリベンジ」 

特別にオススメの何かがあるわけじゃないのですが、なんとなく好きな作品デス。 恋は、難しい。 でも私、物語はハッピーエンドが好き。 幸せに終わるって、信じてる。

「幼女戦記」  様々な魅力があるけれど「いいひと。」を思い起こさせるようなコメディ部分が一番好き

アニメ4話まで見ましたが、かなりバッサリとエピソードをカットしてきていますね。当然意図的なものでしょう。アニメは割り切って見せるものを絞ってきたな、という印象です。アニメの「幼女戦記」は、主人公であるターニャにカメラを寄せることで、戦争の…

「金の国 水の国」 いがみ合っていた「国家」が素敵な結婚をする美しいおとぎ話

2016年度の「このマンガがすごい 女性一位」作品です。なので、すでに多くの人が読んでいるとは思いますし、すでに多くのところでオススメされているとは思いますが、本当に素晴らしい作品でした。私もこれは是非読むべき!とオススメしたいです。 スト…

「モテない女は罪である」感想  コーラの原液みたいな男の甘ったるい願望

「Bバージン」の作者山田玲司による、恋愛指南本「のような形をした何か」。この作者さんのことを知っている人にはいちいち言うまでもないとは思いますが、絶対に、女性は、最終話以外でこの本に書いてることを素直に信じてはいけません(笑)ここで男が女に…

「これは●●ではない。オルタナ・ファクトだ」のパワーワード感やばい

大拡散中のデマ「メディアがトリミングして(トランプ大統領就任式の)観客がガラガラだと報道」に注意 - NAVER まとめという騒動から飛び出してきたこのパワーワード。これは間違いなく流行る(確信)トランプ大統領報道官が初会見で嘘→大統領顧問「嘘じゃ…

「ど根性ガエルの娘」感想  果たされなかった作者の願望の物語

一度メモ的に感想は書いたのですが、以下の2記事を読んで刺激を受けたので 1巻2巻を読んだ上で、自分はこういう風に受け取ったよという感想というか妄想を書いてみます。 ちなみにマンガ版は現在読めるWeb連載版に加えて、番外編という形での書き足しが多…

「ド根性カエルの娘」書き散らしメモ

こんなん感想書くの無理だから、とにかく思いついたことをメモしておきます。 憎むとは 待つことだ きりきりと音のするまで 待ちつくすことだ (石原吉郎) 望郷と海 (ちくま学芸文庫)[Kindle版]石原吉郎 筑摩書房 2013-11-08 売り上げランキング : 78284Kind…

元首相・池田勇人が主人公の作品「疾風の勇人」がすごく面白い

奴らが命がけで守ろうとしとる金じゃけ。こっちも命がけで取りに行くしかなかろうが。 わしらは四の五の言わんで金を集めるしか無いんじゃ 1月は「キングダム」をずっと読んでるので他の漫画にほとんど手を付けられていませんが、その中でオススメマンガは…

2016年後半に読んだマンガ振り返り 特にお気に入りな10作品紹介

とにかく自分にとって2016年後半は「嘘喰い」がすごすぎた。 文句なしに面白いので他の人にも是非読んで欲しいと思うマンガ10作品 1位:嘘喰い 卍決戦~エア・ポーカー編嘘喰い 43 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)[Kindle版]迫稔雄 集英社 2016-09-16 …

「グッド・ナイト・ワールド」 ネットに関する3つの姿勢

登場人物がクズしかおらず、クズであればあるほど強くなるという独特のルールを持った世界観でのサバイバルを描いた漫画「世界鬼」。その世界鬼を描いた岡部閨さんの新作。 http://tyoshiki.hatenadiary.com/entry/2014/09/02/194742 17話まで読みました。 …

「桐生先生は恋愛がわからない」 セクシャル・マイノリティから恋愛を眺めてみると…

ちょうどこんな記事があったので 「恋愛結婚が当たり前」だった時代の終焉と、これから - シロクマの屑籠 憧れの対象だった恋愛結婚は、いつしか当然のテンプレートとなり、ある種の強迫性を帯びてきた。「好きな者同士が、自由に伴侶を選びあう」はずの恋愛…

「初恋ゾンビ」は「神のみぞ知るセカイ」の後継者になれるか?

導入がやたら丁寧なマンガ。設定がものすごく凝ってて、6話までひたすら設定の説明。そのせいか、この物語で何がやりたいのかよくわからなかったけど、ようやく把握。 俺の低燃費生活を取り戻すために、 これからは、周りの男どもの初恋成就に協力していこ…

市場クロガネは稼ぎたい13巻(完)  あなたは「君たちは稼げる。輝ける」というメッセージを素直に信じられますか?

あなたはこのメッセージを見て頷けるか?それとも綺麗事だと思うか? この作品でクロガネが最後に発した選挙メッセージは以下のとおりである。 みんな誰かに評価されると同時に誰かを評価してきただろう。 だが、評価する対象は他人とは限らない。 「俺では…

久々に強くお勧めしたいマンガ「ib インスタントバレット」

自分を好きになりたかった。 世界がどうなろうと本当はどうでもいい。 こんな小さな苦しみが、私にとってのすべて この漫画、読む人は選ぶと思いますが、最近読んだ中では頭一つ抜けて面白かった!このPV見てちょっと気になるなと思った人は、ぜひ読んでみ…

傷だらけの悪魔  親にキラキラネームを名付けられた子供はどう考えているか

校内でのいじめを描いた作品。以前も一度紹介しています。 「いじめはなくせると思いますか?」 ムリダナ(・×・) と思ってしまうマンガ「傷だらけの悪魔」 - この夜が明けるまであと百万の祈り最近はテーマが「親にキラキラネームを名付けられた子供の話」にな…

「3×3eyes 幻獣の森の遭難者」   自分は世界と何を「交換」するのかを考える

人間の幸せってのは基本的に「交換」なんだよ。物理的にしろ精神的にしろ、交換による化学反応で幸福感が生まれるんだ。宇宙飛行士の資質もそれさ。どんな状況でも「交換」できるやつさ。つまり、もらうだけじゃつまらないのさ。我々は与えることにも喜びを…

「3×3 eyes」  この作品で描かれていた「聖なる力」って今こそ大事な考え方かもね

俺は、俺たちが決して甘いだなんて思ってない。 これが人間の聖なる力なんだって信じてる娘がいて…… 俺は……そいつの期待を裏切りたくないだけなんだ 家を整理してたらすんごい懐かしいものが出てきたのでついつい読んでしまった……。当時オタクとかと全く無縁…

「ギフト プラスマイナス」  <1人で1つの命>というものさしで見る視点

必要のない命なんてない なんで自分で自分を傷つけるんだろう。命は大事にしないといけないのに。彼女も、あたしならきっと「大切に」してあげたのに 一般的には素晴らしいとされる言葉。ただしこの作品おけるこの言葉は「どんな命でも生きるべきだ」という…

ゼイチョー!~納税課第三収納係~  「公務員なめんなよっ」なマンガをもっとたくさん読みたい

私たちは敵じゃない! 頼ってください 私たちに仕事をさせてください。私たちは、そのためにいるんです!制度などを知らないと控除を受けられないのはこちらの努力不足と私は考えています。なんでも相談してくださいね。 ゼイチョー! ~納税課第三収納係~…

「斉木楠雄のψ難」「かぐや様は告らせたい」  「他人の恋愛」でいちばん(・∀・)ニヤニヤできる部分を味わえる作品

恋愛頭脳戦。それはお互いの尊厳をかけた魂の決闘である。 断じて……断じて「告白が恥ずかしくてできない」とか「フラれたらどうしよう」などとしょうもない理由で行われているわけではないことをご理解いただきたい (・∀・)ニヤニヤ (・∀・)ニヤニヤ (・∀・)ニヤ…