この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

マンガ

「父さんな、デスゲーム運営で食ってるんだ」

なんか最近長い文章ばっかり書いてるのでちょっと息抜き。私はデスゲームものの漫画がなぜか好きなので、その手のものはとりあえず手を出すのですがこの作品はそういうものを期待すると肩透かしを食らいます。てっきり「金田一少年 犯人の事件簿」みたいなノ…

「北斎のむすめ」 葛飾応為ブーム来てるね!

評価★(個人的評価★★)今年になってから最近FGOにレアクラスフォーリナーとして「葛飾北斎」が登場しました。もちろん私はガチャ引けてません(涙 名状しがたいタコのような姿になってしまった葛飾北斎と、彼の娘であり助手でもあった葛飾応為ことお栄から成…

「先生と僕」 ヘタリア的な雰囲気で夏目漱石とその周りの人間を描いてる傑作

評価★★★★★(個人的評価★★★★★) 文句なしにオススメ。というよりみんなも読め!「この作品読めてよかった!作者さんありがとう!」って気持ちになる作品って年に数作しか無いけど、私にとってこの作品はまさにその1つです。少なくとも私はこの作品もっと早く…

「ミスミソウ」完全版 まともに読もうとするとヘンテコな話

この作品には「精神破壊(メンチサイド)ホラー」と銘打たれている。メンチサイドの意味は 長い質問、薬、拷問などを用いてとして、人の価格と信条を徐々にむしばんで、破壊して、急進的に異なる考えを誘導する組織的努力。 要するに、この作品の舞台は、春花…

「トリニティセブン」 どんだけこの作者は奈須きのこが好きなんだよ

評価★(個人的評価★★★)アニメでやっていたのは9巻までであり、その部分までは「7つの大罪」をベースとしたお色気っ学園モノ物語って感じだった。なのであまりそれっぽい要素は感じなかったけど(「魔法」と「魔術」の話くらいとか幾つかはあったけど)、10…

「将来的に死んでくれ」 タイトルは不穏だけどギャグ✕百合

評価★(個人的評価★★★★)最近twitterで神絵師さんへのリプ用画像としてよく見かけるこれとかこれ。……見かけるよね? この元ネタとして読んでみたらめっちゃ面白かった。 いやもうこういうの大好き。他人にオススメできるかというと人を選ぶとしか言い様がな…

BTOOOM!25巻 マンガで結末を「分岐」させるとは面白い

評価★★(個人的評価★★) デスゲームもののマンガの中でも最長クラスの連載であったBTOOOM!。最初はつまらない作品だと思っていたし、今でもキャラクターとかの魅力はあんまりない作品だと思ってますが 「元ゲームデザイナー」の作者の本領とうべきか、途中…

「異世界法廷」 賭けグルイの作者さんの異世界モノ

評価★(個人的評価★★)「賭けグルイ」の作者である河本ほむらさんは、話をコンパクトにまとめるのが非常に上手な方だと思います。 「賭けグルイ」も、1つのエピソード「敵の紹介→ゲームの紹介→ゲームの駆け引き→決着」までをきっちり1冊に収まるように形を…

賭けグルイ9巻 「不公平感」をコントロールする「公共財ゲーム」がおもしろい

賭けグルイのゲームは、シンプルなルールでも「お金を賭けることで」とてもおもしろくなるというものが多いけれどこのゲームはその最たる例だと思う。「公共財ゲーム」自体は、この漫画オリジナルではなく、「囚人ゲーム」と並んで有名な実験である。しかし…

7SEEDS外伝  レイプされかかかった花と未遂犯の安居の関係の後始末

駆け足で終わった7SEEDS最終巻の後日譚。これが真の最終話ですね。ファンの人なら当然ここまで読んで終わりとなるでしょう。逆に言うと、これで完全に「7SEEDS」は終わりとのこと。 あああああああイヤアあああああああ終わらないでええええええええ。7SEEDS…

「Re:Creators」 この(作品観た)後無茶苦茶「スマガ」を思い出した

評価★★★★(個人的評価★★)「作品世界」内にあるラノベやアニメキャラが、現世に出現して、「作中内作品世界」における能力を持ったままバトルロワイヤルをする、というお話。「作品世界」中に一人だけ、確固とした作品のバックグラウンドを持たない創作キャ…

「小林よしのり 堕落論」は久々に面白かった。 というか「ザ・オーディエンス」がめっちゃ観たい!

小林よしのりというと、以前はやたらと戦時中の兵隊さんを美化・賛美して語るのが鼻につく人だったが、さすがに百田尚樹の出現を経てそういう一面的なものの見方しか出来ないネトウヨ的な語りには辟易したのか、 現在では「保守」として、百田尚樹さんや、安…

シリアルキラーともサイコパスとも違う「イノセントデビル」

評価★★ 人を殺すことに罪悪感を抱かない「イノセントデビル」と、犯罪心理学者の幼女のコンビが、いろんな「殺人者」と対峙していくというお話。すごい無粋な説明をすると、ブラックラグーンにいた「双子の殺し屋」みたいなヤツが主人公です。基本的には他者…

「寿命を買い取ってもらった。一年につき一万円で」は「夢かもしんない」と合わせて読んで!

ミヤギかわいいよミヤギ。以上。寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 3 (ジャンプコミックス)田口 囁一 集英社 2017-12-04 売り上げランキング : 13403AmazonKindle by ヨメレバこの作品が面白いと思った人は、「夢かもしんない」を読んでみて…

「マブラヴオルタネイティヴ」完結!お疲れ様でした!

12巻以降はつらい展開が続くため、完結したら読もうと思ったら、去年完結してたということを知って今更ながら全巻通して読みました。 原作チームのキャラ原画担当者が直接コミカライズしたということもあり、最初から最後まで非常に完成度の高いコミカライズ…

「町田くんの世界」 恋愛と家族愛、女の子が求めているのはどっち?

僕はたくさん家族がいて幸せです。家の中にも外にも。 ◯◯も、僕の心のなかでは家族です。一人じゃないですよ。 父さんが思うに。相手を想像して、研究し続けていれば。 ずっと、なかよくしていられるんじゃないかな。 評価★★★(個人的評価★★★★) いいひと。 …

「子供を殺してくださいという親たち」 「最貧困女子」とあわせて読みたい「最難の精神病患者」たちの姿

私の仕事は「決断」を提供することです。息子と心中するとか、私しかいないとかそんな「決断」はまともじゃない。お母さんがまずスべきことは、あの医者に見切りをつけることです。そして、Tくんとお母さんの命を助けてくれる別の医者を探す。それが私の今の…

「精神科ナースになったわけ」 

相手の話を聞いてあげること、まずはそこから始めよう、と。 が精神病患者からみた精神病棟だとすると、今度はナースさん側から見た精神病棟の話です。(ただしこちらは実話ではありません)精神科ナースになったわけ (コミックエッセイの森)水谷緑 イースト…

「かなたかける」 中学生編からが本当に素晴らしい

小学生編評価★★ 中学生編評価★★★★★類似作品 ちはやふる ★★★★★ 三月のライオン ★★★★★ 奈緒子 ★★★ あさひなぐ ★★★ トップページの記事で、オールタイム・ベスト2位に「いいひと。」を載せてるくらいには高橋しん先生の作品が好きです。*1 駅伝マンガ で、この…

「王様の仕立て屋~サルトリア・ナポレターナ~」13巻あるいはコロプラ訴訟についての話

私はいままでにブログで300以上のマンガ作品について適当に独り言を書いていますが、そんなわたしが今連載中のマンガの中では現在一番好きな作品なにって聞かれたらこの「王様の仕立て屋」になります。 おすすめマンガランキングであまり見かけないのであま…

「オーク探偵オーロック」  シュレディンガーの切り裂きジャック

作品評価★(個人的評価★)fateシリーズ、特にFGOが好きな人には是非読んでもらいたい作品。舞台は1888年のロンドン。その世界でシャーロック・ホームズ(なぜかオーク姿)と、U.N.Owenの探偵コンビが、切り裂きジャックと戦うというオールスターもの。 バネ…

「響」「僕たちは勉強ができない」

「天才」を描くというテーマ作品自体は好きなのでどちらも注目はしていたのだけれど、どうもこの両作品はそういうものではないらしい。 少なくとも「天才」を真面目に描くつもりはなくて、あくまでそれは「設定上の道具・ファッション」でしかないことは間違…

デスゲームものマンガまとめ

めちゃくちゃたくさんあるので忘れてる作品もあると思うけど、思い出せる範囲で。 あと、お前それデスゲームじゃねえだろうが、ギャンブルゲームだろうが、ってのも有ると思うので、ギャンブル要素が強いものとそうでないもので分けます。 ギャンブル系ゲー…

「王国ゲェム」 デスゲームものの中でも最悪クラスの出来。これはひどい

私はデスゲーム系のマンガ読むのがもはや趣味になっていますね。どの作品読んでもだいたい文句ばっかり言ってますが、なんだかんだいいながらだいぶ読んでる。好きなんだろうなぁ……紹介してないけど、あっさり打ち切られてしまった「堕イドル」とかは結構好…

「辺獄のシュヴェスタ」6巻(完)

作品評価★★(個人的評価★★★★★)類似作品 ベルセルク ★★★★★ 風の谷のナウシカ ★★★★★ 狂死郎2030 ★★★★★ グリザイアの楽園 ★★★ 約束のネバーランド ★★★作品を構造的に見ると「ベルセルクにおいて、グリフィスという存在をきちんと描ききること無くガッツが倒し…

「彼方のアストラ」感想  4巻からの怒涛の伏線回収が素晴らしかった

今年もマンガは読んでいきますが、基本的には「作品紹介」はせず純粋に感想だけ書いていくことにします。 想定読者は「すでにこの作品を読んだ人」または「途中までは読んだ人」です。 みんなのお陰で僕は自分になれた。僕はオリジナルとして生きたい。みん…

 スピンオフ「明智警部の事件簿」「高遠少年の事件簿」

明智さんが警部のころのエピソード。 この当時は「相棒」のようなパートナーがいた(露骨に意識してるよね)が 警視になる際にそのパートナーとは離別することになり、 それから誰も信じずソロで活動するようになった経緯が描かれています。 金田一少年本編…

「金田一少年の事件簿」全話まとめて振り返り シーズン5(EP43~EP47)

とりあえず最新話まで追いついたぞおりゃー。 来年1月23日から新連載開始するから、なんとかちゃんと追いついた状態で読み始められる。というわけでとりあえず全エピソードをチェックしたので、 新年開けたら、自分の中での上位10エピソードランキング…

「金田一少年の事件簿」全話まとめて振り返り シーズン5(EP38~EP42)

とにかく年内に読み終わるのじゃー。 エピソード名 犯人 動機 生死 高遠の関与 EP38 雪鬼伝説殺人事件 月見里光(20) 恋人の復讐 生存 ✕ EP39 亡霊校舎の殺人 遠間もえぎ(19) 先生の復讐 生存 ◯ EP40 狐火流し殺人事件 神小路陸 家族の復讐 生存 ✕ 学生明智健…

Under the Rose春の讃歌 10巻

評価★★★★(個人的評価★★★★★) 最後のページ見て、思わず涙が出てしまいました…… 彼女はいろいろとひどいことをしたけれど、やはり可愛そうな女性で、とても悲しい。過去の本作品について書いた感想記事へのアクセスが急に増えてたからチェックしてみたら、1…