この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです。 ※記事を読まずにはてなスターを押して回る行為はお断りしております。

【スポンサーリンク】

「1984年」感想準備メモ2  「ビッグブラザー」の動機はどのタイプ?

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50851023

善とはなんと退屈にして貧相で、そして悪とはなんと華麗にして豊穣なのだろう。だとしたら、豊穣を善とするのは、悪を善と取り違えていることになりはしないか。

http://bukupe.com/summary/3569

「世界征服を目指す人とは、現状を否定する人のことです。人に優しく、環境に優しく、良識と教養ある世界を目指すことにより、悪の栄える世界を目指しましょう。今現在の幸福と平和にノーを言うこと。新しい幸福と平和を世界に宣言すること。これが新時代の、世界征服への合言葉なのです」

「1984年」のビッグブラザーはどの支配者タイプ?

「その方法はわかる。しかしその理由がわからぬ」と?君も党が"如何"にして権力を維持しているかよく理解しているはずだ。しからば、われわれが"なぜ"権力にしがみついているのか説明してくれないかね? われわれの動機は一体なんだろう? われわれはなぜ権力を望むのだろうか。さあ、言ってみたまえ!

さて、1984年は、分類としてはどこに当てはまるか一緒に考えて欲しい。


http://bukupe.com/summary/1794
http://bukupe.com/summary/433

世界支配の目的

(1)人類絶滅/宇宙戦艦ヤマトガミラス人がこのタイプ。自分が移住するため邪魔者を滅ぼす。

(2)金がほしい/ヤッターマンのドクロベエなど。この場合、人類が絶滅したら貢ぐ人がいなくなるので困る。征服者の多数派。

(3)支配されそうだから逆に支配する/ガンダムジオン公国。この場合必ずしも征服者が悪とは限らない。

(4)悪を広める/ドラゴンボールのピッコロ大魔王が代表例。悪の浸透を至上の喜びとする。

(5)意味不明/北斗の拳サウザー。子供に過酷な労働を強いて喜ぶ。大人を働かせる方が能率的なんだが。


支配者のタイプ

①魔王:正しい価値観で全てを支配したい。
②独裁者:責任感が強く、働き者
③王様:自分が大好きで、贅沢が大好き
④黒幕:人目に触れず、悪の魅力に溺れたい

世界征服の手順

①目的設定
②人材確保
資金の調達と設備投資
④作戦と武装
⑤部下の管理と粛清
⑥世界征服・その後

世界征服には魅力がないというか利点が少ない。
それでもなぜやろうとするのか。

そういう悪の秘密結社の動機というのはとてもおもしろい。



「悪の秘密結社」のほうが魅力的な作品あったら教えて下さい。

「ダイミダラー」のペンギン帝国は超ホワイト企業だよね。


「ズヴィズダー」もアットホーム。


まおゆうも「悪の秘密結社」の話として読むほうが好き。 
あれを正義の、王道の物語としてよむのは御免こうむる。昔書いた私のまとめ。
http://bukupe.com/summary/3571


ガンパレード・マーチの芝村一族もまごうことなく悪だけれど「勇者」の味方だしね。


1984年のビッグブラザーも、「欲望に忠実に」「自重は悪」というのを徹底しただけなのかもしれない。
http://hash.hateblo.jp/entry/20090417/1239986783




余談だけれど、善悪とおなじように、ホントと嘘についても結構この定義が好き。

http://b.hatena.ne.jp/entry/ameblo.jp/petronius/entry-10012159430.html

本質を偽るのではなく、本質を飾る。これこそが正しいウソのつきかただ。ウソにこそ誠実さと戦略が不可欠だ