この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。当ブログでは記事を読まずにはてなスター頻繁につけに来る人はお断りです

【スポンサーリンク】

進撃の巨人スピンオフ作品まとめ

進撃の巨人関西版」が無料で配信されてますね。私は数ページ読んで読む気をなくしたのですが、ブコメを見ると野球における「巨人VS阪神ファン」みたいな元ネタがたくさん散りばめられている感じらしいので、そういうネタが分かる人には楽しめるようです。

【公開終了】進撃の巨人 関西弁版 1巻|講談社

とにかくこの作品公式でも二次創作が盛んというか、いろんな人がいじってネタにすることに寛容、むしろ積極的なのでどんどん派生作品が出てる印象あります。いじりやすそうだもんなぁ。
将来的には「ブラックジャックによろしく」みたいにオープンソース化するかもしれないなーとか思ってます。まぁリアルタイムで読んだ方がぜったい面白いと思うので結局単行本買って読んじゃってるんだけどね。


というわけで、派生作品について。他にどんなスピンオフが可能かなぁ。

ところで、4コマとかアンソロジーが少ないのが意外だった。しかもアンソロジーのターゲット、明らかに女性だよね。男性向けのギャグ4コマとかもっとあってもいい気がするんだけど。

ドラクエ4コマとかファイアーエムブレム4コマとか昔大好きだったなー。


本家

もうすぐ16巻が出ます。最近は人同士の戦いが多く微妙に物足りないのですがそろそろまた巨人が出てきそうな雰囲気ですね。

進撃!巨人中学校

あなたが舞台を中学校にしたギャグストーリーを作るとしたら「巨人」はどういう位置に配置してどう動かしますか?

意外といっては失礼かもしれないけど期待してたより面白かった。「鋼鉄のガールフレンド」とはちょっと趣が違う。
こういう作品の見所は「サブキャラクター」が輝く所。本編ではストーリーをすすめなければいけないのでどうしても主人公に近いところが目立つし、敵対する相手とかはあまり良い描かれ方をしない。でも、ストーリーが取り除かれると純粋にキャラ勝負になるので、意外なキャラが輝いたりする。敵だけど魅力的とか、味方だけど地味だったキャラのいろんな面が見れるは楽しいよね。 


寸劇の巨人


個人的にかなり好きです。巨人中学校は若干ストーリーに準拠する展開があるのですがこちらはよりそこから自由。よりキャラや関係性に特化しています。


Befor the Fall

小説版をコミカライズしたものだそうだけど小説版は未読です。立体機動装置誕生の頃の話。ぶっちゃけして単体のマンガとして読むとちょっと微妙な感じがする。もう少し頑張って欲しい。
巨人と戦う術すらなかった頃の話でさらに絶望感は強い。ただ、この頃から巨人にたいする情報収集がろくに進歩してないのはちょっと違和感感じる所。


悔いなき選択

リヴァイファン狙い撃ちの作品。リヴァイがやたらと美形に描かれているので違和感半端ないwww。 注意点としては本編できになるあの人との絡みとかは描かれないので、ストーリー理解の助けにはならない。(なっても困るけども)本当にファンの人がリヴァイ格好いい!って喜ぶための作品。

小説版

ミカサとアニのサイドストーリー。作者本人によるものではなくアニメの脚本担当の人による。上にも書いたけど「Befor the Dawn」も小説版あります。

非公式アンソロジー?「調査Hey!Dan!」など

表紙からしてすでにヤバいのが。こういうのって著作権大丈夫なんかな。
Amazon.co.jp: 進撃の巨人 アンソロジー: 本


4コマ・・・え、ないの?一冊も?

Amazonで検索しても見つからず。あんだけたくさんの4コマがネットにはあふれているというのに…。

進撃の巨人「4コマ以上の漫画」画像&ツイ-ト - NAVER まとめ

ネット4コマベストセレクションとかでもいいから作ればいいのにー。


その他

考察本とか空想科学読本とかアニメーションブックとか原画集とか。

進撃の巨人 「壁」の向こうの真実 (青春文庫)

進撃の巨人 OUTSIDE 攻 (KCデラックス 週刊少年マガジン)

こういうの全く読まないので分かんないです。