この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

「がっこうぐらし!」4話 「We took each othe's hand」歌詞 &  「巡ヶ丘学院高校校歌」歌詞

4話はみーくん回でしたね。

「がっこうぐらし」 ただ生き伸びるだけでなく、絶望的な状況でも日常を構築する - この夜が明けるまであと百万の祈り

わかもの(くるみ)
ばかもの(ゆき)
きれもの(ゆうり)
よそもの(みき)。

制服みてわかってた人も多いと思いますが、この4人の中で、みーくんだけがよそものである、というのを示す回です。


原作から微妙に設定が変わってるので面白い。
もともとリアリティは度外視されてる作品なので、みーくんのショッピングモール生活は思い切ってバッサリカットされてます。
(原作ではもっと生存者が多くて一時的にコミュニティを形成していましたが、食料調達を担当していたリーダーが感染して崩壊、二人を除き全滅)


代わりに太郎丸の設定および描写は大幅に追加されていますね。

太郎丸は原作では○○○○○ので、みーくんは○○○○○を反映して避けられるわけですが、
アニメにおいては登場シーンから、みーくんを怖がってしまう理由まで別のものが用意されているわけですね。

原作においては5巻までのあいだは見どころが少ないみーくんに、アニメ中でも見せ場を作ることが目的でしょうか。


それにしても、「学園生活部規約」どこかに情報ないのかな。
実は単行本にも1条と2条しか載ってなくて3条以降、今回の「学園の外にでては行けません」規約は載ってないのだよね。
この規約は、学園側のマニュアルに予め用意されていた説もありますが、私は普通にりーさんが作ったと解釈してます。
なので、小出しにする必要ないと思うのに、資料集まで載ってる単行本にさえ全体を載せてくれてないんだよね……。

あとEDの「we took each other's hand」ですが、とりあえず適当に訳するとこんな感じ。
多分すぐに他のサイトからちゃんとした翻訳でると思うので速報版。

(ここに省略部分があるような気が?)
あなたが私の傍にいた時 
あの日から私は何かが欠けたような思いをしています
いつかこの終わらない夢から目覚ることができるならあなたとまた会いたい

わたしたちのあのささやかな日々が愛おしい
いろんな思い出があなたと共にあるの

私がこの夢から覚めた時、また私はあなたと一緒にいたい
覚えていて、手をつなぎ合っていたあの瞬間を
私があの時あなたを引き止めていたら、今でも一緒にいられたのに

When you are by my side
I never felt so complete from day
One day when I wake up from this never ending dream
I wanna see you again.

All of your warm tender days
So many memories with you now gone
I feel so lost without you here by my side
When I wake up from this sleep
I want be with you again

Remeber the moment
We took each other's hand
If I'd never let you go so far away
we'd still to be the same

これは映像にあるようにみーくんが、自分のもとを去って行ってしまった親友の圭を思いながら、彼女に対して抱く後悔を歌ったもの。
彼女はこの時の気持ちがあるゆえにゆきを受け入れられないし、それ以上に自分を許せない。
そんな彼女の気持がこれからどんな風にこの日常で変化していくのかはこの作品の一つのキモだと思うので描写を楽しみにしています。


でも、こうやって悔やむような事態が、原作6巻以降でまたリフレインしたら怖いなあ。
(※これは私の妄想ですが、この作品最終的な主人公はみーくんであり、この4人の中では最悪みーくんしか生き残らない可能性を恐れています。)

学園校歌

アニメ中ではここまでやる機会が無いでしょうが学園校歌について。

七つの丘に冠たるは
天に煌めく剣の聖
朽那の川に渦巻くは
九頭の大蛇の毒の息

七日七夜の争いに
天より降るは血の涙
大地に深く刻まれし
炎の跡こそ物恐ろし

七つの丘に日は巡り
今や聖はおらねども
我ら希なる聖の子
心に剣を捧げ持ち

勇気を胸にいざゆかん
巡ヶ丘の民いざゆかん

なにげにこの作品は、バックボーンの設定がかなり細かく設定されていて、
今回のパンデミックについても唐突に起きたものではなく、50年前にも、市民の半数が死ぬ災厄が起きたりしています。

そして、アンブレr…ではなくランダルコーポレーションの設定や巡ヶ丘学院そのものにも秘密が用意されている。
なんといってもゾンブレックs……ではなくゾンビ化を食い止める抗体まで開発済みなのです。

ここまで考えると「チャイルドプラネット」や「ドラゴンヘッド」の世界になっていくがはてさて…。