この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

「聲の形」1巻 改めて「いじめっ子」をストレートに描いたところが衝撃的だった

「ちょっといい話」としてのイジメ (4ページ目):日経ビジネスオンライン

[ttp://togetter.com/li/558574:title]



まるっきり「武勇伝」の文脈である。ご本人に罪の意識は無い。 むしろ、「男の子なら、これぐらい元気があって当然だよね」と、共感を求める気分が横溢している。ごらんのとおり、「いじめ」は、加害者にとっては「武勇伝」であり「良き思い出」なのであって、多少は反省しているにしても「やんちゃなオレ少年の腕白脱線エピソード(テヘペロ)」ぐらいの路線から外に出ることは無い。

当然のことながら、いじめ告白を開陳している彼らは、「いじめた子供」である自分たちの方が「いじめられていた子供」である無名の脇役(誰だっけ? ぐらいにしか思っていない)より、はるかに優秀で、友だちが多くて、強くて、要領が良くて、魅力的であることを疑っていない。だから、いじめられたことは「恥」でも、いじめたことは「恥」だとは思っていない。むしろ、「勲章」ぐらいに思っている。だって、いじめる側に回っているってことは、スクールカースト上位者だったということの証明であって、すなわちそれは、社会的強者ってことだろ?……と、そういう意識の人たちが、教育行政にたずさわり、いじめ対策を考え、教育現場に口出しをしている


この話を見て、「聲の形」の読み切りが話題になった時のことを思い出した。
この作品は自分にとっては「いじめを行いながらいじめを問題と思っていない人間の心理」を正面から描いていた点が自分には衝撃的だった。


俺が一番知りたいことはどうすれば退屈でなくなるかだ。そして俺はその退屈に毎日わずかに勝利してきた

http://www.manganimedia.com/%E8%81%B2%E3%81%AE%E5%BD%A2/

将也は悟った。西宮硝子は俺のクラスに実害をもたらす邪魔者だと。そのことを西宮は気づいているのだろうか。自分が邪魔者であることをわからせてあげなければならないと、黒板にひどいことを書き綴った。それを見た硝子は怒るでもなく、にっこりと笑い、ありがとうとノートに書いてみせた。その反応を見た将也はますます硝子に興味が沸き、いじめはエスカレートしていった。どこまで彼女は我慢するのか。このまま続けたら西宮はどうなるのだろうか。西宮をいじめるとクラスは笑う。先生までも笑った。コレだ。コレが西宮の正しい使い方なんだと将也は思った。

硝子をいじめればいじめるほどクラスメートは笑ってくれる。何度も補聴器を奪っては破壊し、いじめたおした。なんという充実感。将也は満足感すら覚えていた。

自分にとっては「聲の形」ってのは1話がほとんどすべて。


2話以降は「取り返しの付かない罪を犯し、それを受け止めることになった人間は、その後どう生きることができるか」というお話だけどこれについては、「聲の形」を名作だと思うなら絶対に「聖☆高校生」も一緒に読んで欲しい。


前も挑戦したけど、この作品の感想はブログでは書けないわ。


いじめられていた人間が自分をいじめた人間に望むこと - この夜が明けるまであと百万の祈り
「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 ハンディキャップやコンプレックスをどのように自己表現に変えていくか - この夜が明けるまであと百万の祈り