この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

10月期アニメ 1話時点で期待しているアニメ

①超期待
おそ松さん



②すごく期待
蒼穹のファフナーEXODUS 
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ



③期待
うたわれるもの偽りの仮面 
影鰐 -KAGEWANI-
ハッカドール 



④期待しすぎずに淡々と見る
コンクリート・レボルティオ
コメット・ルシファー
ルパン三世  
ヤング・ブラックジャック



以上です。1話の時点で語りまくるのもどうかと思うのでタイトルだけにします。


ーーーーーーーーーーーーー

これだけでは何なので前期アニメの総括。


★★★★(これはすごい)
監獄学園



★★★(他の人にもおすすめしたい)
アイドルマスターシンデレラガールズ
境界のRINNNE



★★☆(満足)
のんのんびよりりぴーと
それが声優
がっこうぐらし!



★★(普通に面白い)
CLASSROOM CRISIS
オーバーロード
プラズマイリヤtwei
WORKING!!!
城下町のダンデライオン
六花の勇者
シモネタという概念の存在しない退屈な世界
食戟のソーマ
青春と機関銃
干物妹うまるちゃん



★☆(面白い要素もあるが総体として不満)
ガッチャマンクラウズインサイト
GANGSTA
乱歩奇譚
GATE
GOD EATER
シンフォギアGX


Charlotte
この作品だけちょっと書きます。やはり全体を見た時に構成的にはダメダメだったと思います。よくまとまった秀作扱いにすることはさすがに無理。それでもなお、この作品は麻枝さん作品として見た時に、じつにらしいと思うし前作より前に進もうとした試みが感じられるしでなんだかんだいってやっぱり好きなんですよね。構成がダメなのは認めるとして、作品全否定するのはあまりにももったいないです。

そして約束とともに、輪廻の外れへ―『シャーロット』と麻枝准の「これから」 - 1k≒innocence

素晴らしいです。特に友坂兄の位置づけにハッとさせられました。前作「AB!」の時点で当時隆盛だった「ループ世界を否定し脱出しなければダメだ」という類型に対して独自の折り合いの付け方を提示したりしてましたが、この作品でもまたこういう視線が含まれていたのですね。(そう考えるとサラさんのその後にフォロー無くても当然かも知れない。彼女は物語中での2つの役割はちゃんと果たされている、と)
やっぱり要素要素は優れているという確信を持って、自分たちで再構成していきたいな、と思います。



★(特に観なくても良かったかも)
実は私は
デュラララ
ケイオスドラゴン
空戦魔導士候補生の教官