読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

問題なのは「にわか」状態じゃなくて「イナゴ」行為だと私は思う

ネット作法

古いツイートだけど回ってきたので簡単に思ったことを書いてみる。

「にわか」って言葉を巡る議論よくあるけど、本当に「言葉の使い方」の問題として気になる。で、この人のツイートすげえ気に入らない。私は「お前らも全員最初はにわかだっただろ」は全く間違ってないと思う。それに対する反論になってない。『流行ってる時だけファンみたいな顔してそれ以降一切興味を持つ事が無さそうな上、度を超えて騒ぐせいでファン全体に迷惑をかける人』が問題であることには同意できても、その対象に「にわかは死ね」という言葉を使うのが適当であることの説明になってない。

にわかとは (ニワカとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

流行などによりその分野・作品について興味を持ったため、該当分野に対する知識がまだ乏しいだけの段階。
純粋にその分野に対してあまり詳しくないだけの様。

「にわか」はこのくらいの用法にとどめておいたほうが良いと思うし、そもそも「煽り用語」として定着してしまったならもうその言葉を使わずに「新参」って言葉にしたほうがいいくらいだと思う。言葉に毒が混じった時点で、その言葉使うやつは毒だろう。自虐表現以外で「にわか」って言葉多用する人はサブカルクソ野郎、くらいに私は認識する。


「にわか」という言葉は誤解を招きやすいのだから、使ってもいいけれど使うならそれ相応の覚悟は必要

わざわざ誤解を招きかねない表現を使ってた上で「自分はこういう意味で使ってたんだから察しろ」とか「俺はこういう意味で使ってるから今度からお前らもそのつもりでいろよ」って言うの、石ころを指して花を呼べとかいうのと同じくらい変だと思う。もしどうしても、わざわざ、そういうことがやりたいなら毎回その前置きは説明してからやってほしい。

「私の真意はこうだったのに誤解されてる」っていう真意システムの使い手いるけど。その言い分全く意味ないから。「少なくとも、その言葉を聞いた過半数の人間に対しては誤解を招かない表現をつかう」努力は必要でしょう。

はてな用語「真意システム」「要点システム」「動機システム」 - この夜が明けるまであと百万の祈り

そういう意味で「にわか」って言葉を他人に使いたがるって時点で私の中でその人の評価下がる。


「にわか」は本来ただの状態。確かに問題行動の原因にはなりうるが、問題にするのは「イナゴ」行為に絞るべき

『流行ってる時だけファンみたいな顔してそれ以降一切興味を持つ事が無さそうな上、度を超えて騒ぐせいでファン全体に迷惑をかける人』を指すならそれにわかより「イナゴ」って言葉を使ったほうが正確ではないだろうか。しかも、問題なのは「状態」じゃなくて「行為」だと思うし、にわか「状態」のやつを攻撃するやつこそが最悪なイナゴ「行為」だと思っている。

いちいち「イナゴ」の説明はしないからこれでも読んで。

イナゴサークル/ 175/ 同人用語の基礎知識

イナゴ投資家を狩る - 消費せず働きもしない未来を歩む遊民の独白

要するに、需給状況を悪化させたり、その場の魅力を下げる「行為」が問題だってことに焦点を絞るべき。そういう行為さえなければ、にわかだろうがミーハーだろうが問題ないというか、むしろそういう人たちの存在なしには成り立たないんじゃないことはみんなわかってるはずだ。

問題について語るなら、問題でないものとの線引は明確にスべきで、そこを曖昧にして気に入らない奴はなんでも「にわか」って枠に押し込めようみたいな雑なのは好きじゃない。それでは気に入らないやつは全部kanoseのせいだとか本物川一派のせいだといったことにして現実から目をそらすアレとかわらん。




何がいいたいかというと、とにかく「にわか」をバカにするのは言葉の使い方も問題で間違いだからやめろ、ということです。

「えせ」やら「にわか」をすぐにバカにしようとする人たちの行為こそが、場の雰囲気を悪くして寿命を縮める「イナゴ」行為なんだということを自覚してくださいってことです。ただの「にわか」に対しては魅力を伝える努力しろ。「イナゴ」行為をしてないやつまで攻撃すんな。というかお前のその語りも「にわか」だから。「にわか」が「にわか」を馬鹿にするという目くそ鼻くそみたいな地獄やめろ。

ネット民の過半数が陥る”俯瞰中毒”の症状とは? - トゥギャッチ

わたしも含めて「にわか」じゃない人なんてそんなにいないんだから、「にわか」それ自体には寛容になれ。そうしないとマジでその場は死ぬって。だからほんとうにやめてくださいしんでしまいます。


ちなみにはてなとは、そういう「イナゴ」行為をやっている人がいると、どこからともなくネットイナゴが集まってさらに単体のイナゴを食い荒らしていくというイナゴ食物連鎖が楽しめるサービスです。 

はてなネットイナゴの大群による被害によく遭遇する人は、その人自身が「イナゴ」行為をしている可能性が非常に高いです。たとえにわかであっても、知識が足りなくて認識が間違っていたとしても、誰かを批判したり否定したりしようとせずに、良いと思うことをやってる人がイナゴを呼び寄せるという例は少ないです。そういう例よりも圧倒的に「イナゴ」行為をやってる人が多いです。

「炎上」って言葉がメジャーだけれど、実際はイナゴの共食いみたいなところあるからもっとおぞましいと思う。

はてな村奇譚27 - orangestarの日記