読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

ブログには「いろいろ考えた結果」じゃなくてその「いろいろ考えた部分」こそ書いてください

ちょっと息抜きにネタ記事。

ドラ・トーザンが指摘する、日本のロリコン文化 - ウートピ
という記事が話題になってますね。

それにしてもフィンランドの次はフランスブームっすか……

なぜフランス人は服を10着しか持たないのか? 本当の自分らしさをもたらす、小さなクローゼットのつくりかた - ログミー
も、この本1作品目がベストセラーになったから2作品目出すみたいですね。ホント好きやなー。


で。

日本人は自分に対しても他人に対しても、プレッシャーが強すぎますよね。もうちょっとエンジョイしてもいいし、一つの価値観に縛られないでほしい。「いい会社に入って、何歳までに結婚して、子供を作って、家を建てて……」というだけが人生じゃない。自分にあったライフスタイルを自由に選び、堂々と生きてほしい

結論はすごくまっとうだと思う。結論はまっとうなのだけれど……



お前はどこのハックルさんやねん……言ってることが「天才」すぎてわからん!

でも途中の論理展開が意味分かんないよー!

「女性が経済的に自立して、自分のライフスタイルを自由に選択できるようになったら、男性も楽になるはずなのに、何故かそれを許さない男性もいます。「女性は家庭に入るべきだ」みたいな。」
「それは、自分に自信のない男性が多いんじゃないかしら。経済力で支配したがる。それと、自立した強い女性が苦手なロリコン(笑)」

日本人夫婦にセックスレスが多いのは、一つの要因としてバーチャル文化が発達しすぎているのもあると思います。人とのコミュニケーションをあまりしていないから、本物の女性に対しての恐怖感があるのではないかしら

「フランス人は、40歳、50歳になっても恋愛を謳歌しているのに、日本で同じようなことをすると「年甲斐もなく」と言われてしまいます。年齢を重ねることを「劣化」と表現するのも失礼な話ですよね。」
「そこも日本は男性社会というか、ロリコン文化が根付いてるんじゃない? ヨーロッパでは40代の女性がすっごく魅力的だし人気がある。」

これみて岩崎夏海さんのこの記事思い出した。
「日本人の男は9割9分ロリコンなんですよ」と語る「もしドラ」作者の岩崎夏海、その徹底したミリオンセラーを狙うための秘訣とは? - GIGAZINE

いろいろ考えた結果、日本人の男は9割9分ロリコンなんですよ。だから13歳ぐらいの女の子が大好きなんですけど、それを言わないのは自粛の心が働くんでしょう。中学生だったらものすごい犯罪になるし、高校生でも犯罪になるんですけど、ストッパーが外れる時期があるんですよね。だから、17歳が鉄板だと分かったんで、17歳の女の子を主人公にした話にしようと思ったんです。


もうね。もしかして言ってることはすごく正しのかもしれないんですが、

これ正しいとか正しくないとかそれ以前の問題だから。

あなたたち、どんな意見を言ってもいいけど、頼むからその思考過程を私にもわかるように説明してください!!

「いろいろ考えた結果」じゃなくてその「いろいろ考えた」部分を教えて下さい。頼むから結論だけ言わんといてください。

というかそれ「とりあえずお前ロリコン言いたいだけやろ」みたいなことになってるカラぁ!!

どんだけ正しいこと言ってる「かもしれなく」ても、それだけだと賛同も反対も出来ないから!!

インプットとアウトプットの間にある論理が完全に吹っ飛んでるから!

論理飛躍しすぎてるから!天才の意見すぎるから!

読んでて語り手の人の思考をトレースできない文章って読むのキツイから!ストレスになるから!

なんてことを思いました。




で。

ついでにこれに関して

ブログ記事書く人は、できれば「お前はなぜこういう主張をしているのか」わかるようにしてほしいな、

なんてことを思うのです。





プロの話だったら、主張内容それ自体に独自性や新規性といった価値が有ったりします。

納得できなくてもとりあえずそういうものかと思って受け取ることも有ります。

でも、ブログの場合はそうじゃないことが多い気がします。どこかありきたりなものが多い。

つまり主張内容だけが目的だったら、しばらくしたらすぐ飽きてしまうと思うんです。

みなさんは、いろんな人のブログ読む時、どういう部分が一番気に入ってますか?

私は結論よりも思考過程が楽しいのだけれどみんなはそうでもないのかな?

一般人が書いた文章なんて結論部分だけ読んだって、そんな白眉なことなんてめったにかけるわけじゃないじゃない。

基本的に結論自体はありきたりなものに成ることが多いと思うんです。

結論自体に普通と違うことや価値を求めてるのだったら同じテーマでプロが書いてる本読めばいいじゃん。

それでもブログのなにが面白いかっていうと、

一般の人が、日常でぶち当たった問題にその人なりの経験や信念をもって

あーでもないこーでもないって格闘して何かしらのゴールとしての主張にたどり着くというその過程だと。

私は思うんですよ。

繰り返しますが「お前はなぜこういう主張をしているのか」わかるようにしてくれ、と。

ダラダラとした長文になっていようが読みにくかろうが誤字脱字が多かろうがそんなことはどうでもよい。

ただ、せめて納得させてくれ!

f:id:tyoshiki:20160218231522g:plain

そしたら賛成だったら賛成するし、反対だったらめっちゃ突っ込むから!

それがなくて突飛な主張だけされてたら、ブログの場合「…………なんで?」が気になるよ。やめてよ!




実際はみんな自由に書けばいいと思うし、私だって思考の過程なんて適当なんですが、なんとなく叫びたくなりました。

まる。