読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

メモ

激しい喜びはいらない…そのかわり、深い絶望もない…植物の心のような人生を…そんな平穏な生活


モテについていろんな言説があるけれど
必ず共通しているのは「まめな人」「持てる人」という点ではないかと思いました。

で。

何を持てるかっていうところで一番大事なのは結局「相手への興味・関心=リスペクト」だろうなと。そりゃまぁ当たり前で自分をリスペクトしてくれる人とか自分のファンに対しては極端に好きか極端に嫌いのどちらかになるだろうなと。


モテない人間ってこんな感じ

ttp://anond.hatelabo.jp/20160208010627
ttp://anond.hatelabo.jp/20160208024311
彼女はいたことはあるけど、長続きしなかった理由としてこのあたりの指摘完全に当てはまってるなーと思う。

オタにありがちな「基本的に自分の利益になる部分しか相手に興味が無い」感じ。
最初は相手がどんな事が好きかとか、もっと彼女自身に興味もってあげた方が良いと思う。

友達付き合いレベルでは自分の気持ち再優先でも許されるかもだけど
恋愛的な付き合いだと、自分の気持ちよりも、相手の事を慮る事も大切

そういう意味で、私はもう恋愛ほんと無理っぽいなーと思う。

他人の話に反応するのも自分がもともと関心がある話題だけだ。相手が合わせてくれる限りにおいて他人と会話はできるがそうでなくなった瞬間極端に口数が少なくなったり、自分の殻にこもってしまう。

ほんとうに薄い薄い、形式的な恋愛を経験しかしてないからだろうけれど一人の例外を除いて異性の他人とつきあっていて楽しいと思ったことはないしその例外についてだって、恋愛的な楽しさというよりはオタク的仲間的な楽しさだったし。セッ○○に関しては今までしてて気持ち良いと思ったことがない。

よく三十路くらいまで童貞だったやつが風俗言って童貞捨てた話で大したことなかった、気持ちよくなかったとか感想を漏らしているのはああいう非モテ男子は基本的な人間としての感度が死んでるから。生きながらにして死んでるゾンビだよ、世界に色が見えない哲学的ゾンビだ。

まぁ仰るとおりなんだろうなと。

とにかく、楽しいと思うことよりうんざりすることのほうが多かった。相手の求める気遣いを全然クリアできない。とにかく細かいことに逐一リアクションや感謝を求められるのだけれど正直億劫で仕方ない。リアルでなくとも、twitterでさえ間に合わない。周りの人はいろんなノリに合わせて楽しんでいるのに、自分だけが面倒で脱落してしまうことにすごく罪悪感を感じてしまって居心地が悪くなる。でも頑張っても楽くないものは楽しくない。当然相手はがっかりしたり落胆する。しかし彼女は決してその場では文句を言わずにニコニコしていて、後で彼女の知り合いの女の子を経由して不満を聞かされたりするみたいなことがしばしば。 


もうね。なんでそこまで他人に興味持たなきゃいけないのか、とこちらは思ってしまう。「割にあわない」と思ってる時点でもう完全にダメ。


しかし、そういうわけではないのだと彼女には何度も言われた。


あなたは難しく考えすぎだと。そのテーマそのものに興味を持とうとかそういう難しいことは要求してない。私もあなたの趣味や考えに逐一興味を持っているわけじゃないしそんなことを言われたらしんどい。そうではなくて、ただ「一緒にいる時は、今この場に一緒にいることが楽しいという気分や雰囲気を共有して欲しい」「一緒にいる時くらいは目の前にいる私のことを一番優先に考えてほしい」「気持ちをわかってもらえたら嬉しいけど、分からないならわからないなりに気にして欲しい」彼女が求めてるのはそういう些細な事なのだと。で「なぜそういうことが出来ないのか、どうして一緒に行っているのに途中で心ここにあらずになってしまうのか、それが私にはわからない」みたいなことを言われた。


こういう話も、理屈ではわかるんだけれど、本当によくわからない。何度といって「気をつける」「今度から頑張ってみる」と言っては言ったとおりに出来なくて「やるって言ったのに」「口からでまかせばかり」とか言われてサヨウナラ、みたいなことになりましたとさ。


でも本当に他の人や女性にとっては簡単でアタリマエのことが私には本当に全然出来ないし、どうやったらできるようになるかもわからないので諦め気味になってた頃にergとか始めちゃって完全にTHE ENDです。


これらは全部いいわけです。要するに経験不足の上、少ない経験から学ぶことを拒否すると私みたいになりますよってお話です。



「ひとでなしでも人として落ちこぼれでも」恋愛はともかくセ○○○はできるって提唱したのが恋愛工学なのかもね(しらんけど)

ttp://anond.hatelabo.jp/20160213164946

モテに関していうと、この「正解」ってのを決め打ちで定義してその正解が通用しない相手は捨てていくって方法が恋愛工学的な物だと思うんで実はああいった「彼女が欲しい」「セックスがしたい」ってだけの
  
>ま、ヲタにとってリアルな彼女というのは、
>レア物のフィギュアをゲットするくらいの感覚でしかないのよ
って層と親和性高い気がしてる

ただ、それって「他人がわからない」を「人でなし」に変化させるだけな気がする

私も読んだこと無いけど、恋愛工学って多分そういう話なんだと思う。
これにハマる人は、もう恋愛というか「まともな人付き合い」に希望をいだいてないし自分のことを人としてまともだとは思ってないはずだ。ただ、それでも恋愛に興味ないけどセッ○○はしたい。自分というものを根本的に否定・改造することなく目的を達成したい、というニーズがあってそれに対してドンピシャにハマってしまってる構造なのだろう。だから、恋愛工学についていくら「こんなもん恋愛でもなんでもない」「人として最低だ下衆だ」といってもますます勢いづけるだけだろう。

もともと、恋愛を犠牲にして頑張ってきた人間たちが、それでも「恋愛してないやつは人として劣る」みたいな風潮によって劣等感をこじらせた結果の受け皿が恋愛工学なのだから、これを本当に滅ぼしたかったら「そこまでして恋愛する必要ないよね」って空気に変わらないかぎり、いつまでたってもああいうのは増えるでしょ。そりゃそうだよ。 私だって今は全く興味なけれど「彼女なし男」「セ○○○レス男」を社会落伍者や性的マイノリティみたいに断罪する空気が強まったら恋愛工学でもなんでも使うかもしれない。



ただでさえ、今安定したアイデンティティの供給源枯渇してきてて、コミュニケーション能力くらいしか支えがなくて「友達」や「恋愛」を救いにしたい気持ちはわかるんだけど、それがないやつを叩いたって、カウンターとして恋愛工学みたいなのが出てくるだけ。雑に「オタク」叩きをすれば「見当はずれなアンチフェミニズム」が湧いてくるだけ。「サラリーマン」であることにアイデンティティを求めすぎて無職を叩けば叩くほど、弾圧されたやつらから「ノマド礼賛」や「ブログ飯」礼賛が増えるだけ。世の中はそういうバランスがあるんでしょうね。
これからの時代、人は何に救済を求めるのか? | ニュース屋さん@日本株式投資



今のところは、私はせめてちょっとでもNGを減らして世の中に迷惑かけない生き方ができたらそれでいいです。

少ない経験値から正解を探すので本当に無理ゲーになる。
飯食い行こうっても選択肢にファミレスしかない状態、
もう、本当に映画のタクシードライバーですわw  
でも、そんな人達にいきなり無数に存在する「正解」を覚えさせるのは多分無理だけど
割りと確実な「NG」を教えることはまぁ出来る

せめてこのNGってのを避けて行動していければ
人付き合いに関しては、多少なりとも生きやすくなるんじゃないかな?

f:id:tyoshiki:20160221164151j:plain


私と似たような感覚に陥ってそうな恋愛ゼロ歳児が、無理やり「恋愛」の感覚をこじ開けられていくみたいな展開をよく描く桂明日香の作品が好きです。自分にはよくわからんけど、やっぱり恋愛素晴らしいって思いながら楽しんでる人を見るとすごいなーって尊敬の眼差しになる。

コレにかぎらず恋愛マンガは結構好き。 マンガってやっぱり自分に無いものを楽しむものだよね。

広告を非表示にする