この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

コメダ珈琲の上場は「ファンドEXIT」の「のれんマシマシ上場ゴール」の危険があるので優待目当てで安易に買わないほうがいいかも

コメダ珈琲の優待チケットほしいなーと思って調べてたんですが、これは素人にはお勧めできない……。「よーしパパ優待とっちゃうぞー」って安易に飛びつくと後悔する危険がありますので気を付けて。

実質PERは低く見積もっても35倍 &ストックオプションの割合も大きい


目論見書を読むと、IFRS基準になっているため、のれんの償却がなされていません。日本基準で計算された過去のPLを見ると20億円ほど償却していたので、今期も日本基準で開示されていれば20億円ほど、押し下げられている可能性はありますね。ざっくり、当期純利益が40%割り引かれた場合は、41億円×60%で、EPS56円程度となります。そうすると、売出価格1,960円から考慮するとPER35倍と、うーん、、、と悩む水準まで上がってしまいますね。

連結包括利益計算書に対する調整を確認してみました。やはりのれんの影響が大きいですね。BS見ると571億円の資産のうち、383億円がのれんです。直営店が少ない分BSは非常に身軽ですが、そうすると尚更383億円ののれんは巨額にみえます。

ストックオプションについても、少し多いイメージです。新株予約権に関する未行使潜在株式数は、合計2,523,900株であり、発行済株式総数43,800,000株の5.76%に相当する株数

研究開発などとちがって、飲食店ののれんはいつかは償却しないといけないでしょう。
上場して売り抜けたらドカッと償却くるでドカッと。


というわけで、普通に目論見書読んだだけでもおすすめ度はかなり低いです。




コメダののれんがでかすぎると話題に











LBO企業はPERで評価してはだめ、絶対!



えーとね。たぶん知名度高いし、最初は人気化すると思います。でも、上げが止まった後は悲惨なことになるんじゃないかなあ。

「何言ってんのかわかんねえよ。のれんとかLBOってなんだよ!」という人は、ゆとりずむの人がそのうち解説してくれるだろうからそれを待っててください。

とにかく私がいいたいことは、ここで書いてることがわからん、という人は、コメダ珈琲に優待目当てで飛びつくと、へたしたら永久に買値もどらなくなって、すごい高い珈琲のむことになりかねないので気を付けてください、ということです。





ちなみにもうコメダは全国区なので、名古屋行くときはコメダ以外の喫茶店を試すとよいかもしれないですね。

「続」のほうがおすすめです!


この本もおすすめ。