この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

「青春しょんぼりクラブ」はいいぞ

やっかいな恋しかできないやつには、
冷静な他人がそばにいてくれるのはいいもんだよ。
おざなりななぐさめや、ひとりぼっちでする後悔よりずっといい。

響け!ユーフォニアム」2期も相変わらず面白いですねー。
その魅力の一つにキャラクターデザインがあると思いますが、
そのキャラデザをやっている「アサダニッキ」さんのマンガがこちらの「青春しょんぼりクラブ」です。


この作品は個人的には自分が今まで読んできた少女漫画でベスト5に入るくらい好きです。
ブログでほかの人に紹介せずに身内だけで(・∀・)ニヤニヤ楽しんでいたい作品だったので
一期の時は紹介するの我慢してたんですが、急にしゃべりたい欲が我慢できなくなった……


あんまり内容は紹介しません。表紙見ただけでピンと来る人に読んでほしい。

私この人のキャラデザすごい好きなんですよね。女の子をかわいく描くという点では今トップクラスじゃないかなと個人的には思ってます。この作品の主人公である「にまちゃん」とユーフォの大場久美子は雰囲気が似てますが髪型にてるし、こっちの「にまちゃん」もポニーテールするんですよねー。ほんとかわいい。





お話としては不器用な恋愛をやってる人たちの互助会みたいなやつです。この互助会の雰囲気が、またものすごい好きなんですよねー。
「山田くんと7人の魔女」の前半とか「恋愛ラボ」が好きな人ならこの作品も楽しめると思うし同系統の作品で比較してもこの作品がいちばん雰囲気が好みです。


キラキラした綺麗なものを見て心癒されたい人にオススメ

私、あんまり他人の恋愛ものとかあんまり興味ない人間ですが、

この作品はとにかくみんな恋愛に対して(なかなか報われないけど)切実でまっすぐです。

私でも読んでいて「あー他人事だけどこういう青春っていいな」って素直に思えるような作品なんです。

恋愛がうまくいく直前って、
一番その人が一生懸命になってる瞬間でしょう?
私はたぶん、いつもその引力に巻き込まれちゃうんです
だから、好きになった時点で失恋なのかも。
でも、好きになったのを後悔はしたくないんです。

「恋愛」そのものって、なんか口にするの抵抗ありません?

具体的に好きな人の話ならともかく、恋愛そのものに真剣っていうのってなんかすごいこっぱずかしい。

あと、やっぱり自分も学生時代あれこれと恋愛したけどうまくいかなかったのでついつい斜に構えちゃうんですよね。

でも、この作品に出てくる彼女たち見てたら

もどかしいししんどいけど、それでも前向きに取り組んでる姿がなんかすごいキラキラしてるなーって素直に思う。

みんな「人のいいところ」ばっかり見てるし、自分も卑下したりしない。

そんな作品の空気が、絵の雰囲気とマッチしててうまくいけなけど「綺麗」な感じがするんですよ。



いや、リアルの恋愛はこういうもんじゃないよ?って言う人いるかもしれないしそんなん嫌というほどわかってるけど、

私はこういうキラキラしたものが見たいんじゃー!!!! 

というわけで、私はほんとにこの作品見てたらすごい癒されます。




ユーフォのような部活モノでも、こういうちょっと主流から外れたところでも、

何かについてみんなと一緒に一生懸命、それでいて前向きに取り組んでる姿を見るのってやっぱりすごく心の栄養になる。

なんというか、仕事でもこのくらい目の前のことにまっすぐ取り組めたらなぁ……(T T)



「球場ラバーズ」 戦うべき「敵」のことを知り、仲間の存在を知れば、少しは生きる力が湧いてくるかも - この夜が明けるまであと百万の祈り
「球場ラバーズ」って作品を思い出しました。





アサダニッキさん、最近は「星上くんはどうかしている」でプチプレイクきてる感じありますね。これからますます人気になっていくと思うので、今のうちから読んでおくといいよ!