この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

「政宗くんのリベンジ」 

特別にオススメの何かがあるわけじゃないのですが、なんとなく好きな作品デス。

恋は、難しい。
でも私、物語はハッピーエンドが好き。
幸せに終わるって、信じてる。

8巻まで読みました。この作品は一言で言うと、「ニセコイ」をよりオタク側に寄せた作品という感じ。

「幼いころの秘密」を巡ってすれ違いを繰り返す主人公とヒロインを軸としながら、ヒロイン以外にもかわいい女の子がわらわらと寄ってきてしっちゃかめっちゃか、というあたりの構図はよく似ていると感じます。

私は「ニセコイ」は、メインヒロインの千棘さんの魅力がよくわからなかったことと、主人公の性格が好きになれなかったため、途中で読むのやめてしまったので結末がどうなったかは知りません。

それと比べると、この作品は主人公は明確な動機を持って動いているし、メインヒロインも、最初は全然魅力がないのですが(ポンコツチョロイン、量産型ツンデレ、暴食キャラなど属性をあれこれ載せて、しかもあまり有効に機能していない)、主人公との関係が良化することで、本来の魅力的な側面を出してくるので素直に好感できるようになります。

本当に正面からアキ様と向き合ったら、嫌いになんて、なれないでしょう?

この二人の関係が素直に見ていて好ましいため、無理に「幼いころの秘密」を引っ張ることもなく、テンポよく話が進むのも良いですね。

子供の頃の真相(ネタバレ注意)

まぁ、一巻の時点ですぐ分かってしまう程度の話なので、ネタバレというほどの話ではありませんが一応イチ画面ほど下に書いておきます。


政宗くんのリベンジ (8) 特装版 (IDコミックス REXコミックス)

Tiv 一迅社 2017-01-27
売り上げランキング : 346
by ヨメレバ























・政宗に「豚足」と言ったのはアキではなく吉乃

・政宗はそれにショックを受けて二度とアキに近寄らなくなってしまり、それから復讐を誓って努力することになった。

・アキはちょうどそのタイミングでアキの両親が離婚することになり、政宗を心の支えにしていたのに、いきなり政宗から拒絶されたことで裏切られたと感じ、トラウマで男嫌いになってしまった。

・吉乃が政宗を騙したのは、政宗に対する嫉妬で、再会後に吉乃が政宗に協力したのはその罪滅ぼし。

大嫌いから始まった気持ちを、ここで断ち切らせて