この夜が明けるまであと百万の祈り

私が元気づけられた出来事や作品についてのメモ。最近TED聴き始めました

【スポンサーリンク】

「はじめてのギャル」

はじめてのギャル」というマンガを読んで、あー「オタクしか読まなさそうな作品だなぁ」って思った。

全く現実的ではないけれど、だからこそこういうのってなんか時々読みたくなってしまうよね。

私と同じような人がいるかはわからないけれど、そういう人が好きそうな作品を振り返ってみた。



個人的評価★3

姉ログ 12 (少年サンデーコミックス)

田口 ケンジ 小学館 2016-06-17
売り上げランキング : 97221
by ヨメレバ

この作品はひたすら「自分の弟は姉が大好きなヘンタイである」という勘違いをしているお姉さんが勝手に弟の欲望を想像しては空回りな行動を繰り返すというシンプルな構造なのだけれど、よくここまで続いているなと作者の引き出しの多さに驚いてしまう。当たりハズレの回の落差が激しいけど面白いときはめちゃくちゃ面白い。 どこから読んでも楽しめるので興味があったらマガジンを立ち読みしてみては。



個人的評価★3

ゲーマーズ! (2) (角川コミックス・エース)

高橋つばさ KADOKAWA 2017-06-26
売り上げランキング : 5502
by ヨメレバ

ゲーム部とかはあんまり関係なくて、みんながみんな、好きな人がいるけど「自分が好きな人は○○さんがすきなのでは」と勘違いしてアンジャッシュネタを積み重ねていく感じが面白い。一人だけ冷静に外からそれを見ている人物がいたのだけれど、結局その人物もまたアンジャッシュコントの流れに巻き込まれていく……というピタゴラスイッチ感が楽しいけど、これどこか一人が勘違いに気づいたらすぐに話しが終わってしまうので、どうやって維持するのかちょっとたのしみにしてるところある。




個人的評価★3

現実(リアル)の彼女(ヒロイン)はいりません!(1) (ヤングガンガンコミックス)

田尾典丈,三雲ジョースクウェア・エニックス 2017-06-13
売り上げランキング : 8974
by ヨメレバ

原作はラノベ。オタクが不良少女に告白されて、不良少女怖いって断ったらその女の子が主人公好みの格好をして迫ってくるように成る……という感じでスタート地点だけ見たらオタクの願望むき出しで気持ち悪!って感じの作品なのだけれど、この作品は女の子側の心情がメイン。 なんで主人公のこと好きなの?みたいな部分が分かってくると面白くなってくる。 んで、主人公も単に受け身というわけではなく、女の子のアタックを受けてちゃんと変わってくるのでそういう相互作用が有るという意味では面白い。



個人的評価★3

姉なるもの2 (電撃コミックスNEXT)

飯田 ぽち。 KADOKAWA 2017-08-25
売り上げランキング : 593
by ヨメレバ
一昨日「相続力の向こう側」という記事で、どうせ死ぬなら、残った金は散財して最後くらい華やかなものにしませう、という話を読みました。散り際はきれいに終わらせることが美徳とされるこの国では難しいことでしょうが一理あるとは思います。この作品は、親が死んでしまい、将来への希望を失ってしまった男の子が悪魔と契約して「短い間だけでいいから家族と幸せに過ごしたい」という願望を叶えようとするもの。 まぁ実際は悪魔のお姉さんに気に入られてしまって命を取られること無く美人の姉と一緒に幸せな日常を暮らす、みたいになってますが。 どっかでどんでん返しがあると面白いなあとおもってみています。





個人的評価★2

天野めぐみはスキだらけ! 7 (少年サンデーコミックス)

ねこぐち 小学館 2017-07-18
売り上げランキング : 3116
by ヨメレバ

この漫画のいいところは、主人公とヒロインだけの関係じゃなくて、周りが結構しっかり存在するってこと。ヒロインのめぐみが魅力的な存在であることをくどくどと説明するんじゃなくちゃんと周りの反応でわかるように描いてくれてるのは面白い。この作品はエロというよりフェチみたいな感じだし、作品的にもほんわかしてるので女性の人でも楽しめると思う。





個人的評価★2

渡くんの××が崩壊寸前(4) (ヤンマガKCスペシャル)

鳴見 なる 講談社 2017-07-06
売り上げランキング : 6325
by ヨメレバ

「渡くんの☓☓が崩壊寸前」 私の好みの「めんどくさい主人公」パターン - この夜が明けるまであと百万の祈り
ラーメン大好き小泉さん」の作者さんの作品。以前に一度取り上げたこともありますが、すごい献身的に女の子が寄ってくるんだけれど、主人公には抱えている問題が大きすぎてそういうのを受け入れる余裕がない、という感じの作品。「俺修羅」と似たような感じです。 無理に恋愛する必要はないと思うんですが・・・・・。



個人的評価★2

はじめてのギャル (1) (カドカワコミックス・エース)

植野メグル KADOKAWA/角川書店 2016-05-24
売り上げランキング : 4570
by ヨメレバ

ひょんな誤りでギャルに告白してしまったら、面白がったギャルがOKしてくれて、からかわれながらも交際することになり……という展開。正直なところマンガとしてそれほどうまいともおもわないし、主人公の妄想癖がキモち悪かったりとマイナス点多いんだけれどぼんやり読んでたらだんだんつきあってるギャルの女の子が可愛く見えてくるのでついつい読み続けてしまう。

ちなみにこういう作品もありますが、さすがにタイトルからしてアレなので読んでません。

僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件(3) (角川コミックス・エース)

松本ナミル KADOKAWA 2017-03-25
売り上げランキング : 9666
by ヨメレバ






個人的評価★3→★なし

鬼灯さん家のアネキ(+妹) (5) (カドカワコミックス・エースエクストラ)

五十嵐 藍 KADOKAWA/角川書店 2016-04-04
売り上げランキング : 100316
by ヨメレバ

一度取り上げたことがある作品。
「鬼灯さんちのアネキ+妹」 ただしいテコ入れキャラの形 - この夜が明けるまであと百万の祈り
この作品大好きだったんだけどな……。

鬼灯さん家のアネキ 全4巻完結セット

五十嵐 藍 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-05-30
売り上げランキング : 73752
by ヨメレバ

アネキまでは完成度高いのでこちらをオススメ。




個人的評価★5

からかい上手の高木さん 6 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)

山本 崇一朗 小学館 2017-08-10
売り上げランキング : 37
by ヨメレバ

高木さんがとにかくかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい! 主人公も男の子だけどかわいいんだよなぁ……。
辛い時にこの作品読んでると、癒されるどころか逆に死にたみがますのでうつの時に読むのは控えたほうが良いと思う。いやこれは真剣にいってます。