この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです。 ※記事を読まずにはてなスターを押して回る行為はお断りしております。

【スポンサーリンク】

「タイムスリップ・オタガール」 30歳以上の、暗黒の中高時代を過ごしたオタクだけを狙い撃ちする怖いマンガ…と思いきや

評価★★(個人的評価★★★★)

この作品は「30歳のオタク女子が何回か死んだら13歳の頃に戻って学生生活をやり直すことになった」という話です。非常にわかりやすいコンセプトの作品ですね。

「オタク」の人間、特にいま30歳以上の人って、あまりキラキラした感じの学生生活を遅れている人はいなくて、どちらかと言うとジメジメしているというか、黒歴史的な過ごし方をしてる人も少なくないと思います。そういう人にとってもう一度学生生活をやり直す、ってのは必ずしもポジティブな意味を持つものではなく、むしろかなりしんどいものであり、そういう「黒歴史のオタク中高時代」を歩んだ人には刺さるはず。

絵はそんなに上手くない気がしますが、ところどころ個人的にグッとくるポイントが埋め込まれており、かなり好きです。





さて、若返って「黒歴史のオタク中高時代」を繰り返している主人公の振る舞いを読みながら、私が感じることは3つあります。

一回オタクになってしまったらもう時間を遡っても魂が汚染されていて戻れない。悲しいね……

f:id:tyoshiki:20171106224118j:plain

私は大学に入るまでオタク的なとは全く無縁であり、その頃は勉強に部活に真面目に取り組んでいたものだけれど、多分今私が若返っても、きっとその時代のオタク作品に触れようとするだろうし、オタク的なものを知らなかった自分がやっていたような生き方は出来ないだろうと思う。一度知ってしまったら、戻れない。「昔の頃に戻りたい」とか「昔は良かった」という気持ちは有るけれど、実際に戻ったりしたりとか、逆に異世界に転生しても、多分私はそう簡単に意識を切り替えられず引きずってまともに生きるのがかなりしんどいと思う。

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘I」[Kindle版]

香月美夜 TOブックス 2015-02-27
売り上げランキング : 4280
by ヨメレバ

大人としての視点を持って取り組むのであれば、中学生の頃に感じる「壁」は意外となんとかなるものもある

f:id:tyoshiki:20171106224922j:plain

この作品の主人公はもともと中学生の頃からコミュ障で、それが原因で人生がまったく思い通りにならず、どんどん諦めて負のスパイラルに落ち込んでいったのだけれど、オタクのダメ大人とはいえ30歳まで生きてから13歳に戻ってくると、たいていのことが「中学生のころ感じてたほどしんどくない」「その気になって自分から意見を表明してみれば、意外となんとかなることもある(もちろんどうにもならないことも多いけど)」ということに気づく。 

それによって「異世界転生もの」のように生き方が大きく変わるとかはないんだけれど、ちょっと一息つくくらいの余裕が出来上がったり、ちょっとだけ自分の思った通りに行動できたり、ちょっとだけ人と通じ合って嬉しい気持ちになるっていう描写がちょこちょこ出てくる。そして、この「一回目の人生と比べたらちょっとだけなんとかなった」というプラスがコツコツ積み重なっているのを主人公が感じてる。

異世界転生ものを馬鹿にする人多いけど、「一回死んで人生やり直さなきゃもう無理」とか「リセットしていいカード引けたらやる気出す」というものばかりじゃないんだぜ。

中学生の頃は本当に余裕がなくて、自分視点でしか考えられなくて、「これしかない」って思い詰めちゃって、それがうまくいかないと人生\(^o^)/オワタってなりがちだけど、もうちょっとだけ余裕を持って考えられるようにしたいよね。そして、大人の自分も、今の人生がアカンと思ったら、今からでもちょっとしたプラスを意識的にコツコツ詰んでいくのも一つの手かもしれない。「脱オタ」みたいな外科手術は命に関わるので、こういうやりかたもあるよってのが感じられていいよね。


子供の頃の交友関係って本当にすごく貴重なものだということ

f:id:tyoshiki:20171106224913j:plain

問題解決のときに大人の視点を持つことは大事だけれど、かといってあんまり俯瞰的にものごとをとらえすぎたり「アダルトチルドレン」みたいになったりしてもダメ。
やっぱり大人と比べて、先のことなんて考えず目の前のことに全力で取り組めるこの頃って、そのときにしかない輝きはあると思う。

私の中高生活は、客観的に振り返ってみれば暗黒だったようなきがするけれど、それでも全く楽しくなかったわけじゃないんだよなぁ……ってのを思い出してちょっとグッと来た。



だからなんなんだよって結論は無いのですが、こういうツボみたいなところを押してくれる描写が所々にあって、読んでてな飽きないです。 続きも楽しみ!

タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)[Kindle版]

佐々木陽子 ほるぷ出版 2017-01-15
売り上げランキング : 3789
by ヨメレバ