この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

「不良がいいことをするとめっちゃ良い人扱いされる」展開にめっちゃ腹が立っている

こっちはわかる。そりゃそうだ。今回被害にあって、ゼロかと思ってたところを救済されたのだからそりゃ嬉しいだろうし感謝もするだろう。それをバカにするのは良くない。


だけど、こっちの発言は似ているようでいてぜんぜん違う。

こちらは「言い過ぎ」だし、こういうこというやつは危険だと私の中でアラーム鳴りまくってる。





確かに被害者に対しては「良かったね」とは思う。 だが、それとコインチェックに問題があったことは全然別の問題だ。

そもそも、もし本当にそれだけの利益が出ているのであれば、ディスカウントじゃなくてちゃんと騒動前の金額で返金すべきってことになる。
弁済能力によって、コインチェックの対応の是非や評価は変る。


この単価の検証はどうなってんのか。それを気にしないのは、単に響って人がNEMをコインチェックで買ってなかったから、でしかないよね。


満点の解答かどうか判断出来ないというか、資金があるのであれば確実にありえない価格設定に疑問が持たれる状況で、そういう視点をすべて封じようとするのって、ただの「自分が仮想通貨買ってるからコレ以上の混乱は困る」っていうだけのポジショントークでしか無い。あとづけてドヤ顔をしてるのはこの響って言う人の方だし、この人の言うことをきいて「コインチェックへの追求をやめ、思考停止する」のが、果たして被害者に対してベストか?違うだろ……。

「ゼロかもしれない」という可能性を匂わせ、緊張しっぱなしだった人にとって、最低限の安心を与え、そこで満足させて黙らせるってそれはやっちゃ駄目だと思うぞ。弱い人間だったらそりゃ喜んでそこで休もうとするだろうし、実際被害者側であればそこで休んでもいいと思う。でも、損してない人がこうやって、自分の都合だけで企業の不祥事を「いい話」にして文句をいうのを封じる展開って、批判してるやつと逆方向で、被害者の不利益を生み出すし、こちらのほうが気分は良いかもしれないが不利益は大きいだろう。



「人を騙そうとする人」は、化けの皮が剥がれるその直前までは誰よりも良い人だ。

私は、こういう「優しい言葉であろうが、厳しい言葉であろうがこちらの思考を放棄させようとしてくる人間」が一番怖いから絶対に信用しない。
そうじゃなくて「優しい言葉であろうが、厳しい言葉であろうがこちらの思考を尊重したり思考に刺激を与えてくれる人、思考を休ませない人」のほうを信頼する。




「後でいいやん」みたいなこと言うやつよく居るけど、後で言った時に対応するわけ無いだろ。

なんかこういう「自分が被害を受けてない時は一見寛容な振る舞いをする人」ぶってる人間って一番嫌い。一番信用できない。



「寛容」であることと「批判しないこと」を同一視させるというか、「寛容」を「批判的な見方」と対立させようとするのは明らかな間違いだと私は思ってる。
私は「ちゃんと批判をするからこそ寛容」にもなれるし、「批判を封じるからこそ、ゼロかイチ思考になる」と思っているから、こういう言い分って虫酸が走る。
ヨッピーさんの時もそれでめちゃくちゃブチ切れたわけだけれど、こういうこと言っておきながらサラッと「問題の検証はスべきだよね」とかいい出す。

全然主張が一貫して無いじゃん。
問題の検証をしようとする人に「黙れ」「後にしろ」と言っておいて、「俺達の見えないところで問題は解決しておけよ」ってどんなクソ上司だよ。