この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

私が昔「今日もやられやく」を見ていた理由、見なくなった理由

今となってはやらおんを見ようという気は全くしないし、見てる人の気持ちが知れない、とか、見てる奴はバカだ!と言う人の方にどちらかというとシンパシーを感じる。

ただ、今日もやられやくという名前でやってた頃はよく見ていた記憶がある。ゲーム関係のまとめサイトは当時も全く見た記憶がない。

やらおん!という名前に変わったことや、その発端となった騒動などは後から知ったので、その頃にはもう見なくなっていたけど、なんで見てたんだろうかとか、なんで見るのをやめたのだろうか、というのをちょっと振り返ってみる。

今日もやられやく、やらおん分裂真相解明 Wiki*


前にも書いたけど、私はアニメを1話からフルで見たのはAngelBeats(2010年)からだ。漫画は昔から大好きだったけど、当時録画装置が家になかった私に、アニメを見るのはハードルが高かった。

ニコニコ動画の影響もあり、けいおん!(2009年4月)あたりからちょくちょく漫画原作アニメをネットで見たりしてたけど、それ以前のアニメはリアルタイムでは見ていない。

私がけいおん!を知ったのは今日もやられやくがきっかけだ。つまり、2009年4月には見ていだと思う。AngelBeats!の売り上げ云々のあたりの頃は、もうその売り上げ以外の記事は読まなくなっていた記憶がある。


今から思えば、私が今日もやられやくを見ていた理由は、アニメに興味があるけど、自分では何がいいか何が悪いのか全然わからなかったからだと思う。

今日もやられやくを見ていた最大の理由は、アニメの見方が全然わからなかったことと、アニメを見なくても何となくアニメを見た気になれるからだ。

いままでアニメをろくにみたことのない私にとって、アニメを見るという行為自体、興味はあってもかなりハードルが高いものだった。

それまでは小説とかエロゲのレビューをやってた。10時間以上はざらにかかるゲームを黙々とプレイし、完結してから全体について語るのが標準。途中段階で投げ出して作品に評価下すようなやつは発言権が与えられない世界だった。

また、今から考えたらまだましだが、当時の時点ですでに一期あたりの作品数はそこそこ多かった。どんなアニメがあるのかも知らない。どういう風に楽しめばいいかもピンとこない。まずとっかかりが得られない、そんな感じだった。

これに対して、今から考えたら完全にアウトなんだけど、当時の今日もやられやくは、主要なシーンのアニメの画面の切り抜きベタベタ貼って、それについて多くの人がコメントしている記事がメインのサイトだった。


情けない話だが、これはどういう風にアニメみたらいいのかわからない自分にはありがたかった。とりあえずタイトルだけで(他人にとって)このアニメの●話は面白い面白くない、というのがわかった気になれたし、自分一人で見るよりも彼らの解説語りを読んでる方が面白かった。


※ちなみに当時は、今日もやられやく以外にもたくさん似たようなアニメ実況まとめブログがあった。私は今日もやられやくよりも、名前忘れたけど水色の背景でキャプチャバシバシ使いまくってるサイトの方が好きだった。

「そういうものがない時代」からアニメを見ていた人にとっては全く理解できないだろうが、私は今日もやられやくのお陰で、アニメそのものを見ないで、アニメ作品に触れ、アニメを見るという行為への恐れやめんどくささを乗り越えることができたと思ってる。



ご存知の通り、今日もやられやくにあるコメントは、知識はあるけどふざけたコメントが多い。作品そのものを真摯に見てる人は少なくて、特定の目立ったシーンを見てその場のノリや勢いで騒げればオッケー。すごくゆるいし、刹那的だ。

小説と比べたらキャラも背景も音楽もあるけど、それでもあくまで文章が主体のノベルゲームに対し、アニメはとにかく瞬間瞬間にいろんなものが詰まっているし、を楽しめればいいし、それについて語ってもいい、別に適当でもいいし、作品の途中でもつまんなかったらクソとか言ってもいい。そんなわけでものすごく自由な感じがした。


比較することに意味はないし、今でもどちらも楽しんでる方が多いのは知ってるけど、私はなんだかいままでやってたエロゲレビューが急に苦行に思えてきたのを覚えている。そういえば私がエロゲやらなくなったのはちょうどバルドスカイが出た頃だ。(2009年前半)

(イメージ画像、ジブリールドロップアウト


そんなわけで、今となっては悪の巣窟でしかないし、当時だってダメだったと思うけど、私は今日もやられやくの影響と麻枝の影響でアニメ見るようになったのであった。

ただ、アニメを見てない頃は、アニメの見方がわからない頃はめちゃくちゃ面白いと思っていた今日もやられやくだけど、実際に自分でアニメを見始めて、語る相手ができてくると、まとめサイト通して見たつもりになるのと実際に見ることの違いがよくわかったし、私は実際に見て自分で思ったことを語る方が楽しいと感じるようになり、あっという間に今日もやられやく、などのまとめサイトは見なくなってしまった、、、のだけどこのあたりの話は多分誰も興味ないと思うのでカット。



、、、うん。今から思うと、自分のアニメへの入り方ダメダメじゃね?


もっと別の入り方してたら全然違ってたと思うけど、ほかにどんなふうに入る道があったのかなあ。。。私はこんな入り方したよ、って人がいたら教えてくださると私が喜びます。