この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

男女「お互いに」話し合って、性役割から解放されるといいですね。

https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2018/05/17/special1775

読みました。内容としては、

1:子供が生まれてから父の自覚がなかなか芽生えませんでした。
2:なので、子育ての手伝いもあまりやりませんでした。なにしていいかもわからなかったし。
3:でも、しばらくして子供が可愛いと思えるようになってからは頑張ってます。
4:男って、女性と違って親の自覚芽生えるの遅いものだから許してね。気長に待っててね。自覚が芽生えたら頑張るからね。

という、なんだか「新人パパのトリセツ」みたいなことが書いてます。



これについては、女性からは当然のこと、男性からも「一緒にするな」と怒りの声が。

そりゃまぁ。この記事だけ読んだら、怒るでしょう。夫さんには「手伝えない事情が無い」のに「何もしてない」ように見えるから。それでいて「仕方ないよね。男だもんね」って世の男性まで巻きこんで開き直っているように見えるんだからクズにしか見えない。イラスト描きさんってストーリーを伝えるのも仕事だと思うので、この人大丈夫なのかな……とちょっと心配になりました。



ただ、好意的に解釈すると、当然だけど夫さんは何もしてなかったわけじゃないでしょう。子供の将来のために何をするべきかと考えた時に「子供の世話」より「仕事」頑張ろうってなってたんではないでしょうか。そうして、「なんとなく他のことにかまけて、子供の世話は女性の役割であって自分の役割ではないと感じてしまっていた、ということへの反省を伝えたかった」のではないでしょうか。 つまり「子供のために何もしない」という話じゃなく「無意識の内にある役割意識」のようなものの話ということです。





こう考えることによってようやく、「一般的な男性は父親の自覚がー」みたいな話ではなく、各家庭の夫婦で話し合うべき問題になりますよね。

この記事では「男性が女性に性役割を押し付ける側面」だけが露骨に見えています。「子供の世話は女の仕事だ。ついでに夫も大きな子供みたいなもんだから家事全般に責任持ってちゃんと世話をしろ」というものですね。だから女性が時代錯誤だと反発するのは当たり前でしょう。ただ、夫婦の関係においては、「女性が男性に性役割を押し付ける側面」も当然あります。要するに「仕事頑張って、出世して、家計を一人で支えろ。家族のために休むことは許されない」みたいなやつですね。女性側がこちらを強く要求しているのであれば、前者の要求は必ずしも不当とは言えません。


この議論において両者は切り離すことはできないでしょう。夫さんの父親の自覚が強く、子育てに積極的に関わりたいと思っている人でも、妻さんが「仕事優先」というのであれば、物理的に困難なケースも有るでしょう。それでも妻さんが必要以上に夫さんに子育てを求めるなら、妻さんが頭おかしいです。二兎を追う者は一兎をも得ずな結果になるでしょう。逆に、二人で話し合って「子供が生まれたら仕事よりも子供を優先しよう」と決めていて、それでも夫が子育てに積極的に参加しないのであればそれは夫さんが問題です。


つまり、「気持ちの問題」以前に「事前の話しあい」「夫婦間における優先順位・計画性」の問題ではないでしょうか。子育てのように、非常に重要で、子供が生まれるまで事前に長い準備期間があるなら、当然いろいろ話はしているでしょう。そういった話し合いの結果、ある程度役割分担や計画が決まっていて「その予定」に対して気持ちが追いつかないという話ならわかるし、そもそも話をしていなかったのであれば「夫さんだけじゃなく妻さんもいい加減」ってことになるかなと。


上の記事、全然そういう話が出てこないですよね。夫さんも問題だけど「この人達子供が生まれるまでにどういう話になっていたの?」ってのがよくわからんのですよね。妻さんがお仕事されてるかどうかもわからない。なんとなくですが、夫さんが「イラストレーター」で、自宅で仕事していて、家事を手伝う約束になっていたのかなと推測することしかできない。


「あまりにも情報不足」すぎる。ただ夫さんが家事を1年ちかくほとんど何もやらず、そのことについて妻さんが苛立ち、そのいらだちが理解できなかった、ということだけが書かれている。



なんだこれは。編集は何をやってたんだ。夫さんより妻さんより、編集が一番ダメじゃないの?夫さんが叩かれろと思ってこういう記事にしたの?



というのが私のこの記事への感想です。

なんというかもう、「男は女に子育てや家事を押し付けるな」の話ばかりよく問題にして取り上げる記事多くて辟易してます。性役割の縛りってお互いにあって、そこから解放されたいなら、お互いにそれを自覚した上でよくよく話し合わないとダメだよね。優先順位をちゃんと決める必要あるよね。男はもちろん女性に無自覚に子育て押し付けていい時代じゃなくなってるのを理解すべきだし、女の人も男の人にもっとコミットさせたいなら、はっきりと「仕事より子供のほうが大事だよ」って優先順位を示してあげようね、かなと思ってます。




んで、こういう描き手さんか編集家どっちが悪いのかわかりませんが杜撰な記事を読んで、夫さんを叩く気持ちもわかりますが、夫婦の優先順位とかもわかってない以上、それは私達が安易に判断できる問題ではないのではないかしら。まあ文章から漂う書き手の雰囲気からして、99%ダメだとは思いますけど。自分の家庭を思い浮かべながら他人の家庭に口出ししても多分いいこと無いというかそれ完全にマウンティングになりそう。



とにかく、既存の性役割の関係から解放されたいというのであれば、先例を頼りにできないのだから、夫婦のコミュニケーションがなにより頼りに成るわけですよね。ネットでいくら「理念としてこうあるべき」と語ろうが、それを実行する際のパートナーは、いいね!をくれるだけのネットだけのつながりの人たちではなく配偶者の方だし、親戚や職場の人たちとのつながりが生命線なんだろなと。そう考えたらコミュ障の人間が結婚して幸せになるのってほとんど無理ゲーじゃないですかねこれ……。



私は結婚しないと思うので、みんな頑張って!(無責任な煽り)