この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

「モブサイコ100」(前半) 

おすすめ度★★★★★
ついに完結、お疲れ様でした。この作品は、何がいいっていうのが自分でもよくわからないけどとにかく良いよね。強く印象に残ってるシーンについてコメントしていきたいと思います。

6巻 こんなに美しい「逃げてもいい」は初めて見た。

「牙」戦で、一旦、抱えていたものを他人に預けて楽になる展開。ここは本当にグッと来た。先の戦いで、圧倒的な強さを見せつつも、自分で自分の力を制御できないことに涙を流すモブの姿をみせておいてからのこの展開。

力を持つものは戦わなければいけない。その責任がモブの橋を崩していた。しかし、誰かがそっと手をのばすだけで、心の解決に繋がることが有る。人の言葉が与える影響は時折計り知れない。

「逃げてもいい」

その言葉を聞いた瞬間、モブの中でいびつに膨らみ爆発したエネルギーは行き先を変えていた。結果、一時的にモブのもつ全エネルギーが、霊幻に丸投げされた。実質逃げ果せたのである。晴れやかな気分で。心にあるのは唯一つ。それは師への感謝

今までこの手の話だと「いいひと。」駅伝編の「頑張らなくてもいいよ」が最高だったけどそれを上回る素晴らしさだったと思う。
私はこれだけブログで長文書いてますが、普段は言葉なんかほんと無力だって思って生きてます。でも、この漫画は、自分が投げ捨てそうになってる言葉の可能性や必要性を拾い上げ、力強く肯定してくれている。そういう意味で、シゲオだけでなく私にとっても6巻の内容は本当に救いになった。この巻は何回も読み直してます。

モブサイコ100 6 (裏少年サンデーコミックス)

ONE 小学館 2014-05-16
売り上げランキング : 47678
by ヨメレバ

当たり前だけど、「逃げてもいい」を結論とせずその後をきっちり描いているのがまた素晴らしいんだよね。

9巻 自分の力に自分で責任を持ち、方向性を決めるようになる

シゲオとは全然違うのだけれど、私は発達障害者として自分にとっての当たり前は他人にとって迷惑になる、自分が間違ってるのが当たり前って思いながらずっと生きてきた。だから度々自分で考えるのを放棄して、なにもかも人に決めてもらいたいって思っていた。自分で考えて決めて行動する勇気がなかった。
私が「要は勇気が」が嫌いなのは、図星だからなんですよね。
社会人になってからも、全部自分のやることを誰かが決めてくれれば楽だと思って、あまり自分で考えなかった。でも、そういうふうに生きてると、この作品のモブや最上みたいに都合よく扱われちゃうんだよね。それでなんども悔しい思いをして、ようやく目が冷めた。
それから自分で考えるようにしたけど、今までサボってたせいで、自分で考えるっていうのが本当にしんどかった。今でも、いろんなルールなどを補助としないと自分だけで考えることが出来ないし、やっぱり誰かに依存したほうがらくなんじゃないかなって今でもよく思う。

私自身がこんな感じだから、特に6巻で一度霊幻に丸投げして救われたシゲオが、その安心感にとどまろうとせず自分で考えて決めるというそのスタート地点にたったこの9巻は頑張れ!シゲオ頑張れって応援の気持ちを贈りたくなりました。そして、そんなシゲオの頑張りを見て自分も励まされました。

人は人とのかかわり合いで変わることができる。みんなのおかげで僕は変わった。一人で生きる僕より、少し強い僕になったんだ。僕が変われたなら、きっと誰でもそうなんだ。どんな人間でも変われる。だったら、価値のない人間なんていない。あんたの作った僕があんたに負けても、僕は違う。逃げないよ。

ああ、そうだった。僕は人を助けに来たんだった。
何一つ人の役に立たないと思ってたこの力で!人を生かすんだ!

短いエピソードで「考えないようにしていた自分の弱さや力と向き合う」「何も考えずに利用されている立場(枷を欠けてもらっていた)から自分の意思を持つ」を一気にこなしているのがすごい。

9巻 霊幻本当にいいキャラよなぁ……

モブサイコ100の前半は、霊幻というキャラクターが物語を動かしていると言っても過言ではない。モブはまだいろんなことに対して受け身なので、彼がぐいぐい引っ張っていかなくてはいけない。それでいて、モブは彼を乗り越えて独り立ちしていく。作品構成もそうなっているんだけど、とにかく霊幻が魅力的。

最初は圧倒的上から目線、「大人」として頼れる存在として振る舞っていたが、実際は彼こそが一番モブに惹かれていたというこの師弟関係、BLでもなかなかお目にかかれないくらい上質なものだと思うんだけど、こういうのをしれっとやってくるONE先生まじで恐ろしい。

「お前、知ってる?」
「何をですか?」
「俺の正体。ネットとか雑誌とかみてねーの?」
「そんなの知ってましたよ。最初から。
 僕の師匠の正体は……いいヤツだ

この部分は、是非BLとか好きな人の感想を聞いてみたいところ。まじですごくいい関係性だと思うん。