この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

杉田水脈さんの「新潮45記事」を精読しておられる方がいたので紹介

今日も記事の紹介だけ。

杉田水脈さんの「新潮45記事」を精読しておられる方がいたので紹介しておきます。改めて思いますが、杉田水脈さんの記事には「生産性」の話に限らず、全体的に支離滅裂な思考が目立つので、この方の記事を読みながら、「生産性」の部分にこだわらずこの人ちょっとおかしいっていう話をした方がいいと思います。


以下はおまけ。

杉田さんの論文(?)って、朝日批判というよりはもう陰謀論だよね

新潮45』本号は、「日本を不幸にする『朝日新聞』」と特集の銘を打っています。杉田論文もこの大枠に沿って語られることだということには、批判側も、擁護側も、前提しておいてください。

私今回紹介した精読記事を読む前に、杉田さんの書いた新潮45記事をぶっつけ本番で読んで感想を語るというツイキャスをやったんですよ。そしたら、確かに「朝日新聞が悪い」という話をしようとしてるんだなぁというのは強く伝わりました。

すごい雑に要約すると「LGBTの問題は政府の責任ではなく朝日の責任だ。だから政府は支援する必要がない」っていう陰謀論めいた思考を大真面目に語ってるんですよ。もうちょい具体的に書くとだいたいこんな感じです。*1

①LGBの問題は社会制度の問題じゃない。個人や家庭のもんだいだし、そもそも日本では大した悩みじゃない。
②社会問題じゃないのに朝日とか毎日が社会制度のせいにして騒ぐから、どいつもこいつも深刻な悩みでもないくせにLGBの権利を主張するようになった。朝日が悪い!
③俺(政府)は悪くねえ!私(安倍政権)は悪くねえ!朝日が悪い!だから安倍政権はLGBT(特にLGB)の支援をする必要がない!
④朝日の言うとおりにしていたら「まともな性別」の概念が崩れて日本はだめになってしまう。私は保守として朝日新聞の企みを許さない!

というわけで、語り口こそもうちょっとマイルドですが、真面目に読んでも「朝日を悪とすることでこの問題を理解しようとする陰謀論」であることは否定できないと思うんです。

立法府の人間なのに社会問題に対して「それは朝日のせいです」とか「それは制度ではどうにもなりません」って真顔で言う人が国会議員をやっている恐怖!どれだけレベルが低いんだ。
んで、杉田さんのWikipediaを見ると、もともと陰謀論大好き人間ということです。*2

この記事に問題がないと言っていた小川榮太郎さんを含め、日本ヤバすぎでしょ。

いろいろと支離滅裂な杉田さんの思考・発言

f:id:tyoshiki:20180728203453p:plain
f:id:tyoshiki:20180728203511p:plain

f:id:tyoshiki:20180728203528p:plain
f:id:tyoshiki:20180728203542p:plain

f:id:tyoshiki:20180728203608p:plain

詳しくは上記の記事を御覧ください。続きの記事も楽しみにしております。

※記事中の画像は支離滅裂な思考・発言している人ジェネレータを利用して作成しました。

*1:ちょっと乱暴な要約で、藁人形論法と言われかねませんが、実際こんな感じの文章です。藁人形論法だと指摘する人は、ここが違っている点があれば直しますから具体的に教えてください

*2:ちなみに、長谷川豊さんが落選したことでご存知かと思いますけど、いくら比例代表といっても得票があまりに低いと落選します。つまり、そこそこの人数がこの人に投票しちゃってるんですよね https://chu.benesse.co.jp/qat/3513_s.html