この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」感想

先の記事ではややネガティブよりの作品紹介になってしまったので、本作品は自分が好きな「なろう」作品を紹介します。

タイトルからにじみ出る俺TUEEE感が強いですし、実際そういう要素は多分にありますが、私としてはこういう作品だと思って読んでます。

このアニメは女の子の可愛さをお楽しみ頂くため邪魔にならない程度の差し障りのない会話をお楽しみいただくアニメです(じょしらく

そう、まずなにより女の子がかわいい漫画。

そしてこの目的において「納都花丸」さんがコミカライズ担当というのはもうそれだけで私にとって勝利が約束されているようなものです。

サムネを見て、女の子かわいいなと思ったらとりあえず読んでみてください。

コミックアーススターの「なろう原作」のコミカライズはレベルが高い

コミックアーススターの「なろう原作」のコミカライズは安心して読めるのでとても好きです。

私は「なろう原作」コミカライズものをそこそこ読んでますが、コミックアーススターさんが手がけている作品は安定して質が高く安心感が強いです。今のところ「私、能力値は平均値でって言ったよね!」という作品以外は外れなしです。

(原作者さんには失礼だけど)この出版社が版権を獲得している「なろう系」は、原作がなろうにおいてものすごい人気作、というわけじゃないと思うんですよ。にも関わらず、作品にあった実力のある漫画家さんをつけて、ちゃんと面白くしようと工夫してくれているのがわかる。

こういうの、本当にうれしいです。ぜひ皆さんもコミックアーススターのレベルを「なろう原作」のベンチマークとして認識してもらいたい。

納都花丸」さんはもっと評価されるべき

それにしても納都花丸さんとは!

私は納都花丸さんの絵がめっちゃ好きです。かわいいけどきっちりシリアスなところはシリアスにできる、メリハリが利いた絵柄。さらに、ストーリーも長編をしっかり作り込む実力がある方で、「蒼海訣戰」「蒼海訣戰・改」は未完結ながら★3~4レベルの傑作だと思っています*1そんなわけでもっと評価されてほしい作家さんです。

そんな納都花丸さんがコミカライズしているというだけでもう自分の中でポイントめっちゃ高いです。



と前置きが長くなってしまいましたが作品についても簡単にご紹介。

きわめてシンプルに「チート」を描いた作品でテンポがよい

成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが?本当に最強なら、戦いにすらならない! 全ての敵が即死する、超お気楽異世界召喚コメディ!

いきなり異世界に召還されました。召還された世界は弱肉強食なのでサツバツとした世界。世知辛く、嫌な人間も多く、敵もめちゃくちゃ強いです。でも主人公の能力が「絶対に効く即死攻撃」なのでどんな敵でも一発で倒せるのでサクサク倒しながら冒険していきます。

多くの作品が、似たような能力をちょっとだけ説明を変えることで使いまわしながら、差別化と洗練をはかっています。そういう動きは、作り手としては名作が生まれる土壌としてとても価値があると思うのですが、読む側としては「似たようなのが多くてどれ読んだらいいんや・・・」ってちょっと悩ましいですよね。

その点この作品はきわめてシンプルであり、そしてわかりやすくやり過ぎなくらいに振り切れているのがよい。好き嫌いははっきりわかれるでしょうが、最初の壁を乗り越えてしまえばあとは好きな人しか残らない。


なろう名物サイコパスにしかみえない主人公問題について

なろう作品の俺ツエーものは、よく強さを描写するのと引き換えに、主人公が倫理観や良心を欠いた存在として浮き上がってしまう問題があります。作者が意図してる訳ではないのですが、サイコパスにしかみえなくなってしまうのです。

異世界はスマートフォンとともに」のトーヤくんのアニメでのサイコパスぶりは一部の好事家がよくネタにしてましたね。

この点についてちゃんと世界観と絡めて説明を入れてるのが「魔法科高校の劣等生」だとするならば、こちらは「うるせー、そんな細かいこと知るか」と説明完全放棄しています。というか「はい。この主人公はサイコパスです。俺ツエーを描きたいから仕方ないね」と割りきってる。なろうの俺ツエーものにありがちなやばいところが完全にむき出しになっています。

しかし、中途半端にごまかそうとするから違和感があるのであって、そういうもんだと開き直ってしまえば、読者も納得せざるを得ない。納得できなければ即座に読むのをやめればいい。そういうところは無料で読めるWeb媒体ならではでしょうか。


非常にメタ的な作品でもあるなと思います。

本作品の「どれだけ相手が強かろうが絶対に相手を死なせる」という最強の矛別作品ですが「どんな攻撃でも絶対に守る」能力を持つ「マサツグさま」とぜひ対決させてみたい所。


この作品はかわいいヒロインを守りながら旅をするところがメイン

「いやいやそんな設定なんて興味ないよ」「チートってだけで読む気なくすわ・・・」と敬遠しがちな人。気持ちはわかるけどちょっと待って!

もちろん、この設定だけだとすぐ飽きてしまいます。そもそも「ワンパンマン」と違っていちど攻撃を向けたら「殺してしまう」というのは、1発ネタならともかく物語的にはかなりネック。軽はずみにどんどん人を殺すのはまずいですよね。この点、主人公は感情が希薄であり、不要な殺生はしないものの、必要とあれば他人を殺すことに全然躊躇しない性格なので非常に危険です。

でもこの作品のメインはそこじゃない。主人公をこの能力を使って無双するのはあくまでおまけ。メインは、話の冒頭でペアを組むことになった「普通の女の子」を守りながら旅をする、という部分にあります。


この女の子がトニカクカワイイです。


メインヒロインの女の子に魅力が無かったらあまり価値が無い作品ですが、この女の子はかわいいのです。主人公と違って喜怒哀楽がわかりやすく、脅威にはおびえ、悪に憤り、困った人は助けようするなどメリハリがきいていてみていて楽しい。彼女が主人公をリードしながら話を引っ張っていきます。二人の関係性については、イメージとして「氷菓」のほーたろーくんとえるたそを思い浮かべてくれたら良いと思います。このかわいい女の子を、さらに「納都花丸」が最大限かわいく描いているので、これはもうすばらしいとしか言いようがないわけですよ。わかりますか?(ここオタク特有のすごい早口)



というわけで、表紙を見て、女の子かわいいなーと思ったらとりあえず読むべし読むべし。「女の子のかわいさがメイン」とは言ったけど、ストーリーも結構良くできてて面白いですよ。

もちろん理想を言えばきりは無いです。「マグダラで眠れ」みたいな作品と比べたら見劣りはしますが、でも全てにおいて劣っているわけではなく、「女の子のかわいさを楽しむ」という目的においては、この作品のとにかくシンプルでテンポが良いという点は大きな武器になります。


ぜひ読んでみてください。

*1:媒体が休刊したため途中で連載終了してしまったのが本当に残念です。どこかで連載再開は無理でしょうか・・・?