この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

てんくるさんの「とある魔術の禁書目録」MADが素晴らしすぎるので禁書ファンはもっと見て!

実は新約に入ってから「その幻想をぶち殺す!(通称そげぶ)」というセリフが発動したのは10巻が初めてなんですよね(挨拶)


Key作品の頃からMADを見るのが好きな人のたわごとですが。


禁書目録って何がそんなに面白いの?って思う人は、アニメではなくMADを観てもらったほうが絶対にいいと思う。アニメが悪いと言ってるわけじゃないのだけれど、禁書の原作はアニメ化すると「どうでもいい」部分がすごく長くて冗長に見えてしまうから。最初から懐疑的な人はそれを見てこの作品はつまらないと思ってしまうみたい。


その点、MADは、読者の「ここが好き」って部分が凝縮されている。映画版の予告編みたいな感じで濃い部分だけを楽しめる。自分で読むだけでは気づかなかった、「他の人が感じた良さ」みたいなのにも気づけることが有る。ニコニコ動画で見ればさらに「こういうところも良かった!」っていうコメントも混じっていて、みんなが思う良いところがたくさん見れる。

最初はそういうところを見てから原作を読むのもいいと思う。

例えば「文学少女シリーズ」なんかは、MADを見て一目惚れしてしまい、外伝含めて全巻読んでしまったけれど、MADがなければ絶対に読むことはなかったと思う。

サクラノ詩」もPluviaさんのMADのおかげで本来リーチしそうにない層にも広まったんじゃないかなーと思ったり。


原作を読んだ人間からしても、その作品を振り返ったり思いを吐き出したりする場所になるし、何より同じようにその作品を好きな人の存在を確かめられる貴重な場であって、MADによってその作品の寿命が伸びてるってのもあると思う。

特に禁書目録については、これだけ売れているにもかかわらずすでにわたしのリアル知り合いはみんな途中で脱落してしまったため、本当にニコニコのMADという場がないと、他にこの作品を読んでる存在そのものが観測できず(twitterではラノベクラスタは一切フォローしてない)読むのをやめてたと思う。 MAD文化には感謝しかないです。

多分MAD好きな人からしたら何を当たり前の話を……って話しかしてませんが、私も同じ気持ちだよってことが言いたかったので。

んで

前置きが長くなりましたが今回紹介したいのはてんくるさんのMAD。

私は個人的に、新約禁書目録については10巻までは「10巻はめっちゃ良かったけどそれ以外はそこまで好きじゃない(加群と病理の対決とかところどころは好きだけどいまいち自分の中では盛り上がらなかったよ)」派です。

でも、この人のMAD作品見てたらどの巻も素晴らしい作品だったようにみえてくる。そういうことがあるからMADは面白い。

10巻は本当に素晴らしくて、それまでの禁書目録の総集編みたいになってるんですよね。
こういうのがたまにあるから禁書目録ファンはやめられないわけで。
新約10巻のMADは他にも5つくらいあって、どれも素晴らしい出来なので是非見てください。

正直冥土返し編が全然好みに合わずめちゃくちゃテンション落ちてしまい、そのあと全然ブログでも語らなくなってしまったのだけれど、ここまできたら、最後までおいかけていきたいなと思います。

新約 とある魔術の禁書目録(21) (電撃文庫)

鎌池 和馬 KADOKAWA 2018-10-10
売り上げランキング : 19
by ヨメレバ

最新刊はメチャクチャ熱かったです。 
グレムリン編ですら「それすでにfateのセイバールートだろ」と言われてしまうようなところありましたが、
アレイスター・クロウリーが前面に出てきてからはいよいよクライマックス感ある。


MADの糸を伝って、みんなもここまでおいで~。
https://www.nicovideo.jp/search/%E6%96%B0%E7%B4%84%20%E7%A6%81%E6%9B%B8%E8%89%AF%E4%BD%9CMAD?ref=watch_html5