この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです

【スポンサーリンク】

「十二人の死にたい子どもたち」映画化はちょっと楽しみ

「十二人の死にたい子どもたち」映画化するんですね。
杉咲花、新田真剣佑、北村匠海ら12人集結『十二人の死にたい子どもたち』 - 映画・映像ニュース : CINRA.NET

以前私もマンガ版の感想を書きましたが、これは映画版も見に行きたいと思います。

別に私は自殺したいとは思いませんが、作中の1人が述べていた心境にかなり近い状態ではあります。

ここへ来たのはね。贅沢がしたかったんだよ。考えることができるうちに自分の意思で決める、というね。

最近投資の話ばかりしてますが、なんでかというと単純にマンガを全く読んでないからそれしか語ることがないのです。
2ヶ月前からうつ気味で、一向に回復の兆しがなく、本どころかマンガすら1日1冊も読めなくなってます。
正確に言えば、読もうと思えば読めるんですが、全然楽しいと感じなくてむしろ苦痛です。
そもそも腰を据えて何を考えるかということができないし感情の制御もできなくなっている。なんか適当なコメントにもいちいち心がささくれ立つ。
こういう状態の自分に対して非常に自己嫌悪が湧く。
投資においてもYHからの損失が800万を越えており、なんの成果も得られなかったどころか自己嫌悪しかない。
仕事も株も休んで1年間ゴロゴロしていたほうがはるかに生産性があったとか、考えると虚無感しか湧いてこない。



ブログ更新自体は日記みたいなものだからいいとして、
ネットを見たり投資情報を見るのはやめたほうがいいかもしれないとは思ってるんですがなかなかそうスパッと切り替えもできず。

今ってとにかく日本全体が正念場なところあって、
アップルショックの深刻さ、あるいは日銀によるユニーファミマ買い上げで無理やり支えてる日経平均の危うさに
どうやって蹴りがつくのか楽しみではあるんですよね……悩ましいところ。