この夜が明けるまであと百万の祈り

とあるマンガ好きの備忘録です。私が元気づけられた出来事や作品について少しでも共有できたら嬉しいです。 ※記事を読まずにはてなスターを押して回る行為はお断りしております。

【スポンサーリンク】

「たとえ灰になっても」 ギャンブル×デスゲーム×美少女×エログロ×サスペンス

個人的評価★

なんでもかんでもウケる要素を詰め込めばいいってもんじゃねえぞ!と言いたくなるけどあまりに節操がなさすぎて逆に面白いです。
なによりどの要素も、計算高さで入れているというよりは、なんとなくですが「作者の好み」(作者の前作は「ぱんつぁープリンセス」)をぶち込んでこうなった、という感じがするのできらいではないです。というか結構好き

ギャンブル系✕デスゲームマンガは個人的に結構好き

私は自分でギャンブルをやると勝てない人間であることを自覚していますが、一方でゲームは大好きであり、こういうギャンブルマンガというジャンルは当然大好物です。とにかく面白いレベルの高い駆け引きというのはそれだけで十分ドラマになる。自分でそういうゲームができたらもっと楽しいのでしょうが、読んでるだけでも楽しいです。

類似作品
★★★★★嘘喰い
★★★★ LIARGAME
★★★  賭けグルイ
★★   GAMBLE FISH
★★   煉獄デッドロール
★    エンバンメイズ

(ちょっと違うけど)
★★★  友達ゲーム
★★   出会って五秒でバトル


ちなみに「ギャンブル×デスゲームもの」についてですが、小説家になろうの「異世界転生もの」並みに導入はテンプレート化されており、最初はインパクトを与えて読者をつかむ展開が作りやすい一方で、差別化することが難しかったり、マンネリ化したりしやすいという印象が強いです。

また、なんでもありのゲーム的世界観や、話を盛り上げるためにとりあえずエログロを出しすぎるせいで倫理観などが破壊されるせいで、途中は盛り上がっても綺麗に物語をたたむことが難しかったりします。物語が本当にきれいに終わったなと思うのは本当に「LIAR GAME」くらいしかないんじゃないかな……。(賭けグルイは綺麗に終わりそうなので結構期待してます)


いろんなカロリー高い要素が詰め込まれまくってておなかいっぱいです

そんな中この作品の差別化要素ですが……なんというか「ギャンブル」「デスゲーム」それぞれ単体でもキャッチーさが売りになるわけですが、さらにウケそうな要素を自重せずに全部ぶち込んだ感じです。

「登場人物は、本人の現世の姿での異なり、すべて美少女のアバターである」という時点で
なんでやねん、というツッコミを入れたくなりますが、これは主催者の趣味です!

クロエルが主催する命と金を賭けたデスゲーム。

クロエルの「自らが望むモノのために命を懸けることはできるか」の問いかけに対し「できる」と答えた者が強制参加させられる。プレイヤーはクロエルからチケットを受け取った後、クロエルが仕組んだ事故によって一度死亡し、辺獄にて仮初の肉体(プレイヤーの本来の年齢・性別にかかわらず、全員が10代後半の少女の姿)を与えられた状態で復活する
勝者は元の姿で蘇生し、ゲェムで稼いだ金額を持って現世へ帰還することができるが、敗者やクロエルの不興を買った者はゲェムオーバーとなり残酷な死が与えられる。予選→本戦(準々決勝→準決勝→決勝)の流れで進行していき、最終的に現世へ生還できるプレイヤーは2人のみ

それだけに飽き足らず、やたらと女の子がひどい目にあい泣き叫ぶ展開が続きます。
こういうのを「リョナ」と言いますが、リョナ展開が多い。

f:id:tyoshiki:20171014104813j:plain

・「猟奇的なものをおかずにしたオナニー」(猟奇でオナニー)すること又は
・「全年齢のゲームで抜いてる俺らって猟奇的=異常だよな」(猟奇的な俺らのオナニー)
を、2ちゃんねるのゲーム系スレッドにてさらに短縮されることで作られた単語

所謂、サディズムの一種。主にフィクション又は妄想の女性が痛めつけられる描写(悲鳴等を含む)を見て読み手側や視聴者側が興奮する現象を指す。

他にもこのゲームでは、本名を知られると即死亡する、というルールがあります。演出としては面白いのですが、純粋にギャンブルを楽しむということを考えるとちょっと邪魔なルールですね。

この世界では「自分の本名を他のプレイヤーに知られてはならない」という絶対のルールが存在し、知られてしまうと、名は体を表すということで、クロエルから与えられた仮初の肉体を失い、死亡時の元の姿に戻されて死亡する

他にも羞恥プレイがあったり、お兄ちゃん大好き妹がいたり、いろいろと作者の好みやフェチ的な要素が詰め込まれてまくってて、こちらとしてはすでにおなか一杯なのにさらに詰め込まれるような感じでいい加減にしろや、きっつー!ってなりますね(笑)ギャンブル要素もしっかり描いているものの、それ以上に、美少女いじめを楽しんでる感じがする……。



というわけで、基本的に「ゲテモノ」の部類に入るのですが、、、うまく言えないけどこの作品結構好きです。やるならこのくらい徹底的にやれってことかも。
しかし、こうして見ると、「ワールドトリガー」のトリオン体や、「煉獄デッドロール」のシステムは本当に完成度高いな……。



関連記事

「賭けグルイ」 煽り全一決定戦 - この夜が明けるまであと百万の祈り
「エンバンメイズ」5巻 いかに相手の心を折るかに特化したギャンブルマンガ - この夜が明けるまであと百万の祈り
「煉獄デッドロール」 - この夜が明けるまであと百万の祈り
「嘘喰い」43巻 卍決戦&エア・ポーカー同時決着 - この夜が明けるまであと百万の祈り